ROAD OF HOBBY IN FC2

本業はYAHOOの方ではありますが、こちらでも似たようなそうでないような事を書いていきます。 FC2に関してはひよっ子なので、宜しくお願いします〆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「夢を継ぐ者」

バルキリーに連れ去られそうになった瞬平をなんとか救出したウィザード。その隙にヴァルキリーには逃げられてw

料亭からの注文もなくなり、「きぼう」饅頭の注文もウソとなった今、「松木庵」は閉店するしか…

あっちの計算だとここで絶望する筋書なんでしょうね。



松木は潔く店を閉店することを宣言、ヴァルキリーに狙われ外出を禁止された自らに代わって材料を処分するよう命じる。

まもなく松木は絶望しファントムが生まれるはず…なのだが、ミサはなかなか絶望しない松木に不審を抱く。ほかに心の支えがあるのでは?と。


助手として晴人から信頼されていないと感じた瞬平は、すっかり落ち込み、思わず凜子に愚痴をこぼしてしまう。

「僕なんか、いてもいなくても一緒なんです」いや、いない方が良いです。


凜子は、自分は晴人を支えたいと思っていると言い、晴人から頼ってもらえるように、と励ます。

松木が外出したいという。仕方なく晴人とコヨミが護衛につき、松木と出かけると、そこは松木が親しくする大きな和菓子屋だった。

「松木庵」を畳んだあと、弟子の徹也を働かせてやってほしい、と頭を下げる松木。

「松木庵」に執着していない松木は、弟子の徹也が「松木庵」の味を忘れず成長することを夢見ていた。

だから店がつぶれても絶望しなかったんですね。良い話だなーw

そんな3人の会話をミサに聞かれてしまった。コヨミが歩き去っていくミサを発見。

おお、キタ…キター!


晴人はウィザードに変身、ミサもメデューサに変身し、2人は初めて激突する。

メデューサの蛇を使った攻撃に苦戦するウィザードだが、メデューサは新たな目的を達成するために素早く立ち去っていく。


メデューサ強いよメデューサ!ここが今日一番のポイント。


凜子の言葉に刺激を受けた瞬平は、料亭へ一人乗り込んでいくと、なんとか「松木庵」との取引を再開して欲しいと土下座をする。

ごめん、うざいw

店の男たちにあっさりと外へと連れ出される瞬平。その瞬平から「晴人が今の自分の希望、その晴人の助けになりたい」という思いを聞かされた徹也は、一人「松木庵」に戻ると菓子を作り始める。

徹也は一人で「きぼう」饅頭を完成。帰って来た松木に試食してもらい「店に出しても恥ずかしくない」と言い「きぼう」を持って松木が再就職を頼んできた和菓子屋に行くよう指示する。

「この饅頭がお前の履歴書だ」

親方かっこいいぜ、今日のは何だかんだ俺好みなエピソードだったw


「俺が親方の希望になります!」

そんなやりとりを見ていた晴人は、改めて瞬平の夢を継いだのは自分だったと認識する。

そこへ桐谷が現れるとヴァルキリーに変身。「きぼう」を持って逃げる徹也を追っていく。

晴人もウィザードに変身し、なんとか追いつくと饅頭と徹也を守りながらバルキリーと渡り合う。

しかし、「きぼう」がウィザードの手を離れ、なんと池の中へ…と思った瞬間、瞬平がダイビング。なんとか最後の1個を守り抜く。


今日一番の見せ場なんじゃないでしょうか。

瞬平の活躍をほめるウィザード。喜ぶ瞬平は「きぼう」を手に徹也と店へ。

セ、セーフ…。

ウィザードがハリケーンドラゴンに変身し、スペシャルリングで空中戦に。 ハリケーンスタイルを上回る飛行能力を有すらしい。


飛べるのに、羽。オサレだな、本当にオサレだな。



ヴァルキリーを翻弄し、最後は「サンダー」の指輪を使い、ヴァルキリーを撃破。

風なのか雷なのかはっきりしてくれw


まあ、かっこいいから良いか~。

にしてもバルキリーざまぁ、一番許せないファントムですよ。

「松木庵」は閉店となったが、徹也の再就職は決まった。徹也は「きぼう」饅頭が一人で作れたのも、松木の気持ちがわかったのも瞬平のおかげ、と感謝するのだが、瞬平は何がなんだかわからない。



ただ晴人から「助手として頼りにしている」という言葉を聞いて大感激。


瞬平の喜びの声が、新たな旅立ちを祝福するように青く澄んだ空にこだました。





以上第13話でした。

エピソード自体は良い


職人魂を感じる良いエピソードでした、親方ァ、泣けるでぇ…。

どういう落とし方をするのか気になったけど、結局閉店するのは虚し過ぎるぜ…結局「美味!」ってのは殆ど理解されずに終わったw

ただ、徹也の次の行先は決まったし親方的には安心なのかな。

今回初めて「何故その時点で絶望しないんだよw」っていう視聴者の疑問に対してメデューサが答え言ってくれたのは良かった!

メデューサ様ナイスですwwww

しかもその流れから親方の希望は徹也ってのも分かったし、下手に商業的な事で絶望されるよりかは良かったのではと。

それに関連して職人魂に結び付けてr区っていう王道エピソードも展開されてて個人的には好きなエピソードとなりました。

ただその代わり前後編両方で瞬平がウザい。

今回は土下座とか。あれはダメでしょう、追い出されて当然w

まぁ、饅頭キャッチとかあったし、一応これからも見せ場はあるんでしょうかね。


バトルは何とメデューサと初交戦。つえぇぇぇぇ……!ただ、具体的に何が強いかとか分からん、ただ単に「物理的に強い」ってだけでw

「ディフェンド2枚張りでもダメ」とか「縛り付ける」とか、分かりやすい強さではあったんですがw


とりあえず大きなお友達はメデューサ様の縛りつける攻撃に萌えましょう。




クライマックスでは遂にハリケーンドラゴンが本領発揮。

通常怪人に、しかも人質取られたとはいえ一回逃走されてるからあまり強い感じが…。

ドラゴンの翼が生えて飛ぶとかオサレ(何回でも言いますともw

そして風の力を使い雷でトドメ。かっこいいけど、統一すればry

とりあえず大好きなライダー候補になりそうな事は決定!

ナイト、カリス以降だな、こんなに惚れたの。

風ライダーは無条件でかっこいい。




今回は瞬平以外は良い感じのエピソードだったかなぁ…。




あ、ツイッター始める予定なんでよろしくですw



それでは!
スポンサーサイト
  1. 2012/12/02(日) 19:59:02|
  2. 仮面ライダーウィザード感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「希望の和菓子」

エヴァンゲリヲンQ見てきました!


本日友人4人と見てきましたよ。

趣味のものって出来るだけ1人で見たいんですけど、まさかエヴァを見たがる人がこんなにいるとは思わんかった(何

野球部で見に行ったりしてる人とかいたりして、空前のエヴァブームのところだったので、一緒に行こうぜ!と。

衝撃の連続でビビりました、終始ダークネスで感情移入が追い付かないw

ただ、ダレることはないので視聴続行できる感じ。

何よりミサトさんがかっこいい。43歳(汗

あんなかっこいいのに未だに干物女なんでしょうかミサトさんは(笑

エヴァはウルトラマンシリーズを基軸としたSF観点が魅力的で、それ故に大好きなアニメなんですけど、今回は仮面ライダーやガンダムのような戦争モノにして個人的主義に成り下がってしまっているので、やっぱ賛否両論凄そうだなぁ…。

エヴァはやはりウルトラマンのSF観点をなぞらなきゃダメだと再認識。







さて、映画見に行く前にウィザード見てから行ったので、本日のウィザードです。





国安から託されたリングを加工してハリケーンドラゴンの指輪完成。ああ、やっぱこういう展開になるのね…。

今回はもう一つ新たな指輪も。


晴人もパワーアップしたし瞬平もパワーアップしないととの事で街に同行。

男を振った女性、泣いている子供、宣伝してるタコのキグルミ…などなど、様々な人物に声をかけるも∀空回り。

ガチでうぜぇ!

空回りとかそういうレベルじゃないぞこれは…。ファントムより極悪かもしれぬ。


頭を冷やせと忠告する晴人。そりゃそうだわ…。

とぼとぼと歩く瞬平。すると高校時代の先輩・徹也に遭遇。徹也は一人前の職人になるのが夢で、現在は「松木庵」という和菓子店で見習いの仕事をしているらしい。

味はプロ並との事だがやはり和菓子という事で売り上げは芳しくないらしい。



メデューサとフェニックスは新たなファントム・バルキリーに指令を。バルキリーって聞くとマクロスをですねry

常連客の料亭へ饅頭を届けに行く途中でバルキリーに襲われる徹也。饅頭は勿論台無し…。

晴人が駆け付け戦うも「ノルマは果たした」と逃げるバルキリー。


料亭へ向かい饅頭が台無しになった事を謝罪する徹也と親方、晴人と瞬平が揃って誤りに行くも契約破棄と。

確かに怪物騒ぎを信じるわけないけど、何か嫌観臭いよなぁこの人w




売り上げは料亭に依存していたらしく、どうもこの店を畳むしかない事を知った晴人と瞬平。

ここで奮闘する瞬平。頼むから何もしないでくれよぉ…。

すると遂にカモを見つけて。和菓子部門担当の桐谷。彼は自分の会社でこの饅頭を紹介して松木庵を大ヒットさせたいとか。

その為1日500個喰わせろとwwwwしかし悪い話じゃないとのことで朝までに饅頭500個を製作する事に。

饅頭の名前は「きぼう」で、遂に完成し会社へ届けることに。



しかしいざ会社に届けに行ってもそんな注文は無いと。ああ、やっぱりね…。


やはり桐谷はバルキリー。そして親方の方がゲート。ここまでは予想通り。

実はゲスト本ニン以外がゲートってのは初めてかw

晴人が駆け付けグール払い。

コピー使うけど、同じ動きしか…。



ビュー!ビュー!ビュービュービュー!

そして遂にハリケーンドラゴン誕生。

2番目はハリケーンなのねw

ガタキリバみたいな逆手持がカッコイイ。



すると瞬平が「僕にも出来る事は…」と言い出し。やめろお前出しゃばるなry


案の定人質になって足を引っ張る羽目に。





以上第12話でした。


来てほしくない瞬平メイン回が来てしまった(汗


肝心のストーリーは悪くないだけに全てが台無しにされた気分。

別に瞬平が悪いわけでは無く、瞬平の長所を描こうとしない脚本家が悪い、これに尽きます。

今回瞬平がした行動全てが裏目に出る始末で。



冒頭のゲート疑い→鬱陶しい&民間人に迷惑

売り上げ促進→ファントムを釣ってしまう

役に立とうと動く→人質になる



脚本家とPはキャラクターを何だと…。これじゃあ流石に瞬平役の戸塚君が可哀想過ぎます…。

凛子の役割を何か一つでも削って瞬平に譲ればまだ活躍出きるのに。たとえば晴人への連絡係とか。

「いてもいなくてもおんなじ」…確かに。というよりいない方がストーリー円滑に進むんじゃ…。

脚を引っ張る事以外に何もしないキャラをこれ以上出す必要がありますかい東映さん?



今回は瞬平成長回という事で次回で何かあるかも…と期待したところで、12話もかけてキャラは変わったとしてもポジションが変わるなんて事は有り得ないだろうしなぁ。




まあ肝心のストーリーは「ハリケーンの指輪は加工したらry」以外は良い感じでしたが。

ああいう職人技を特撮でやるのは好感。

しかも絶望描写は上手い!

実際には絶望はしてませんが、饅頭を500個作って売り上げを伸ばす!…と思ったら裏切られてたってのはかなり絶望するだろうし。

汗水たらして「きぼう」なんて名前つけておきながらあれは流石に絶望しちゃうやろとw



割とそういうとこに目が生きがちですけど、ハリケーンドラゴン登場も目が離せません。

しかしフレイムドラゴンのようにそれ自体が主軸のストーリーってわけじゃないからどうしてもオマケになりがち。

確かに何の突拍子もなく前半で使っちゃぁ印象薄いですね。

しかも幹部相手にではなく普通のファントム相手だし尚更…。

ぶっちゃけ「確実に」一番好きなスタイルになるのでどんどん活躍してほしいです。





次回で遂にハリケーンドラゴンでの空中戦。来週はバトルシーン必見でしょう。

飛べるハリケーンに翼必要あんの?とか思いましたけど、ドラゴンの部位はフレイムドラゴンの頭の時も単なるオサレ装備でしたからね、まあ問題は無いでしょう。

寧ろ飛べるハリケーンに翼って究極にオサレだからマシ、と取るべきかも。

あの松木庵は再契約とか無さそうだし、どうするんでしょうね?

ここで料亭がバルキリーの存在を見てしまって「再契約よ!」とか言い出したら、それはそれでちょっと…(汗




それでは!
  1. 2012/11/25(日) 22:41:55|
  2. 仮面ライダーウィザード感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「守り抜く約束」

直己は父の死について木崎に迫るが、木崎は部下を使って直己を連れて行こうと。

そして相変わらず指輪作る気ゼロの輪島を怒鳴る木崎。

そして「魔法使いじゃないと使えない」に対して「えっ?」

誰でも使えると思ってたのか木崎ィ…。

直己を守るべく「フードを被せて」直己を車に乗せる木崎とその部下。


工場に避難させてどうやら貨物船が来るまで待ってるらしいけど、そこにタイミング悪くグールが…。

ここで生身で挑むロン刑事がかっこいい


戦闘だと雑魚兵なグールですが、やはり生身の人間だと苦しいっぽい。木崎の戦闘能力がどれくらいなのかも気になりますがw

案の定ボコボコにされる木崎。鉄パイプで挑んだのに…。ってかあれほどの攻撃受けたら死ぬレベルwwww


その時ハリケーン状態でウィザード参上!あれだな、ウィザードはタイミングとかそういうのがあまりにもばっちり過ぎるw

ここまでヒーローしてると子供人気凄いんじゃないだろうかw

毎回王子様の如くやってくるよなーw

しかしそこにフェニックスも現れ、再びピンチに。「俺は不死身のファントム…フェニックスだ!」


そこから海へ吹っ飛ばされてウォーターになって戻ってくるのが良い演出。臨機応変な戦闘をこれからもっと導入してくれ!


今回はフェニックスに押されっぱなしだったけどどうやら見逃してくれた模様。

吹っ飛ばされた衝撃で直己のフードが取れ…実は直己じゃなかったというオチ。



木崎曰く直己を守るために囮作戦をしたとの事。

晴人の言うようにこれはちょっとなぁ。直己の為なら…っていうのも分かるけど囮使うのはどうかと…。


どうやら直己を守るのは直己の父・片山の死に際での約束だったらしい。

半年前、木崎と片山はファントム事件に遭遇、そこで自分の息子がガーゴイルに狙われてると知った片山は、息子を守る為、自分が死んだ後の為に息子を木崎に託し、自らはガーゴイルに立ち向かってそのまま…。

直己がナイーブで絶望しやすい子というのを知って、自らが避難されようが直己を守ることを決意した木崎。

にしても無鉄砲すぎるだろwどう考えてももうちょっとれいせいになれよとw


あと言われて気付いたけど、片山刑事役は四方堂さんだったんですねー…。


囮作戦があっさりばれ、メデューサとガーゴイルにばれる直己。

凛子の奮闘虚しく直己に真実を話してしまうガーゴイル。

凛子の連絡を受けて「俺も連れてってくれ!」という木崎刑事がかっこいい。

その真実を聞き遂に絶望する直己。ナイーブって言葉じゃフォローできないくらいあっさり絶望しちゃってますがwwwwwwww

晴人と木崎が駆け付けた時には時すでに遅し。絶望はどんどん進行するばかりで…。



時間が無い事を教えられた晴人は火力の高いフレイムドラゴンでガーゴイルを瞬殺。

これは理由としては非常に上手い!フレイムドラゴンが販促以外で登場してくれてありがたいわー。

販促と言えば、今日のゴーバスターズでタテガミライオー出てこなかったけどバンダイ的に大丈夫なんだろうか?

直己のアンダーワールドには父と木崎の姿も。どうやら木崎が家に訪問してきた時の光景らしい。

久々のアンダーワールド!待ってました!ちゅーか巨大ファントムが異形過ぎてヤバイww

ドラゴンと分離して巨大ファントムを倒すウィザード。


どうやら地下水場に花を置いていたのは木崎らしく、それを知って今までの誤解を謝罪する直己。

と同時に、直己の新たな目標は「国安に入る事」になったのであった。


面影堂に復帰した輪島をドーナツパーティーで迎える一同。瞬平とコヨミ何気今回初登場だったwwww
出番ないかと思ってヒヤヒヤしたぜ…。

そして魔宝石も同時に譲渡されましたとさ。

「木崎さんも、晴人君を認めてくれたって事じゃない?」ここでくしゃみする木崎にワロタww


持ち帰った緑の魔宝石から何が出来るのか…?







以上大11話でした。

長所と短所が極端


大方の予想は大体的中だと思います。

木崎は片山との約束の為直己を自主的に保護していたと。

言わなかったのは直己がナイーブだからかぁ…で納得できる訳がないw

片山役は四方堂亘さん。言われてから気付きましたよー。ダブルのパペティアーだったりバブル期に刑事役をやっていたりだったので、刑事役は似合いますなw

直己は直己でカブトのガタック登場回のタランテスワームのマコト君だったりw

木崎はジーンドーパント、片山はパペティアードーパント、直己はタランテスワームで、いよいよ凄い事になってますw



にしても無鉄砲すぎてちょっと首を傾げるしかなかったなぁ片山刑事の行動はw

息子を守る為に少しでも時間稼ぎを、とは言うけど、だったらガーゴイルより早く息子のところに直接出向いてやれよw

立ち向かうにしても真正面から飛びかかるのはダメだろ、息子を想う気持ちはご最も!だけどあれはただ自分の命を粗末にしてるようにしか見えません。

母親は出てこなかったから、仮にも自分が死んだら息子が取り残されるわけだし、死ぬの前提で飛びかかるなよ…。

時間は稼げたって言ってもほんの数分な気がするし、無駄死にじゃねえか…。


直己は直己で絶望が早すぎてビビりました。絶望するなら「父が死んだ」ってのを知った時点でじゃね?

後から詳細を知って絶望してて何か違和感。「自分のせいで」ってのは所詮人類と敵対するファントムに言われた事だし。

何か回によって絶望したりしなかったりが極端なんだよなぁ、愛美は絶望しなかったのが凄いし今回は何で絶望するのかが謎。

「ナイーブな子だ」でフォロー?いやいやいやいやry

アンダーワールドでの戦いが予算的に厳しいから入れれる時に入れてくのかな?




そのアンダーワールドは結構久々で興奮!巨大ファントムが生理的に無理だったけど。

ドラゴンと融合してるフレイムドラゴンがしっかり分離して応戦したりと、戦闘面での見所は十分。

頻度としては電王のギガンテスくらいの頻度でやるんでしょうか。

お願いだから視聴者的に納得できる理由で絶望してくださいw


愛美の時にやっとくべきだったな、うん。アンダーワールドのクオリティが凄いのは分かったから後はこちらが納得できる理由で突入すれば…なんですけどw

直己のはあまりにも絶望過程が唐突過ぎるwwww



木崎刑事はやっぱ良い人オチwツンデレってやつねw

ただあの囮作戦はいただけないな、晴人の言ってた「部下を犠牲にしてまで~~~~」は結局大したフォローもされなかったし、結局失敗した。

大前提で部下を犠牲にする人が約束を守れるわけ…。

良い人ENDだしこれからは良き協力者になるんでしょうか。凜子とポジション被っちゃうから顔出し程度+情報提供で良いけどw

三島っぽいって思ったけどこんなにも早くメイン回回すのね…。

ぶっちゃけこういうキャラはレギュラー化させちゃうと役立たずor空気ENDがオチだから毎回コロッと顔出す程度で良いや。


そしてウォーターとフレイムドラゴンには感心したなぁ。

ウォーターは変身亜k亭省略で海から出てくるのが非常にかっこいい。


フレイムドラゴンはあれだ、販促以外でry

強化フォームが出ちゃうとそれ以降の敵に対しても強化フォームが出て明らかオ^-バーキルな印象の平成ライダーですが、今回は上手かったなー。早急に倒さなきゃいけない理由が明治されてて良かった。








次回はハリケーンドラゴン。


あの緑の宝石はハリケーンドラゴンのリング?

以前彫刻のおじさんからいただいたコメントにもあったけど、私もあれがハリケーンドラゴンのリングって展開はちょっと…です。

しかも前編でお披露目って事はほぼ確実に一度は敵を逃がす事になるだろうし…。

ちょっと不安な次週であります。









それでは!
  1. 2012/11/18(日) 23:34:02|
  2. 仮面ライダーウィザード感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「国家安全局0課」

やはり生きていたフェニックス。そのなの通り不死の体で、倒されても復活するらしい。

「アイツを倒すまでは何度でも蘇ってやる…!」

「それって何度も敗北するってこと!?」


メデューサ様的確すぎます、あっぱれです。


面影堂では改めてフレイムドラゴンリングの強力さを輪島達にアピール。

心配するコヨミに対して「俺さえしっかりしていれば使いこなせる」と、ファントム探しに。自分から敵を探しに行くってのも珍しいな…。





その様子を覗っていた再登場(笑)木崎刑事は輪島に自分達に協力する感じで指輪製作を依頼。

ロンさん再びキター!この人結構好きだったのでw

過去に他人の為に指輪を作ってエライ酷い目に遭ったことのある輪島は勿論拒否!

しかし、「断る権利は無い」と、輪島さんを連行していきます。おいおいおいおい刑事としてそれはダメだろう。







今回のファントムはガーゴイル。「~~ッス!」って口調がイカすw

今回のゲートであろう少年・直己を襲い、絶望させそうになったところを間一髪、ウィザードによって阻止されます。





鋼鉄の体に大苦戦するウィザード。しっかし能力厄介だな…。




ランドスタイルになって形勢逆転。しかしトドメを刺す前に逃げられ…。




晴人はゲート・直己を保護すると、状況を説明。

直己は東京に住んでいたが、半年前に秋田に越したらしい。しかし、ある人物に会って聞き出したい事がある為に東京に舞い戻ってきたと。







0課へ連れてこられた輪島は木崎から魔宝石を魅せられ、改めて製作を依頼される。



輪島を攫った事に対して抗議しにやってきた凛子を軽くあしらう木崎だが、そこへ直己と晴人がやってきて…。




直己がゲートだと教えた事に対して激怒する木崎。

あ~なるほど、そういうことね、大体分かった。








直己の会いたかった人物こそ、昔自分の父とコンビを組んでいた木崎であった。

父はある事件で殉職してしまい、その真相を隠そうとするのは愚か、自分を秋田に飛ばした事に怒る直己。

いや、気付けよ、どう考えても○○○の為でしょ。

ウィザード=晴人をバケモノ呼ばわりし、直己を秋田へ連れ戻そうとする木崎。

しかし、直己は木崎が真実を話すまで晴人に守ってもらうと。



しっかし2話からずっとツンツンのイメージしかなかった木崎刑事がこんなに柔和だったとはね~、凜子に激しく同意でした。




晴人が木崎と1人話している間に直己が面影堂からいなくなってしまった。



木崎の動きをマークしていた晴人は、父が殉職した場所でガーゴイルに襲われている直己を発見。

刑事が立ち向かうもまるで歯が立たない。

その間に木崎が直己を連れ逃げようとする。






案の定あっさり見つかった2人。おい刑事ry






そしてやっぱりタイミングばっちしの晴人。今回も例に漏れず。


グールを一掃する際のマントが靡くのが本当にかっこいい。






今回は所謂販促用に成り下がったフレイムドラゴン。ぶっちゃけ今回必要ないんですが、そこは支配者バンダイ。

「あ~やば!出さなきゃバンダイに怒られちゃう!」な勢いでフレイムドラゴン登場です。


でも前編のお決まり「やせいのファントムはにげだした!」により逃げられ、後半戦へ突入です。






「あなたはいつも逃げてばかりなんだ!」


無理矢理直己を連れて行こうとする木崎は直己に拒絶されてしまう。

ガーゴイルを部下に任せて自分は逃げようとした木崎を非難。いや、助けてもらったんだからお礼ぐらいはしなよ。

「どうせ父さんの時も…」と、父が死んだのは木崎のせいだと非難。





一体木崎の真意は…?


以上第10話でした。


ロン刑事の再登場ですよ!


ゲキレンのロンry…ダブルのジーンry…いえいえ、川野直樹さん演じる木崎刑事が再登場です。

てっきり2~3話の限定キャラか?と思って残念い思っていたところでの再登場は嬉しい。

しかも、因縁のあるゲストキャラを登場させてピックアップと言う豪華な振る舞い。

今更やるって事はここでこの人を退場させたいのかそれともレギュラーと馴染んでもらいたいのか。

個人的には第三勢力の刑事群の絡みは面白いので登場を続行させてほしいのですが。

川野さんのスケジュール的にも特撮に出れないわけじゃないだろう。



まあ直己との因縁は、

ガーゴイルに襲われ父親死亡→息子も襲われる危険性&息子もゲートだと知る→父親に息子の保護を任される→秋田へ逃がす


こんな感じでしょう、だからゲートだと安易に口走った晴人に対して怒りを露わにしてたと。

ウィザードをバケモノ呼ばわりする理由は…守るべき対象を危険にしてしまうからとか、ゲストに毎回要らん情報を吹き込むからとか、その辺でしょう。

まあこんなとこでしょうね、子供向け番組である以上。

でも指輪を作りたがってる経緯は分からんなぁ…。

今回の構成は忘れられてた準レギュラーを因縁のあるゲストと絡ませることで描いていく、という感じで良かったです。

結果今回は結構面白い回に。

ぶっちゃけウィザード×ファントムっていう構図も面白いけどもっとガッツリ警察絡んできても良いと思うの。

警察と完全協力しちゃうのはクウガでやってるからウィザードでが正義と正義のぶつかり合いみたいな感じでやってもらえれば。


バトルは今回おまけ程度。敵がフェニックスからそこらのガーゴイルになったんじゃあ仕方ない。

フレイムドラゴンなんて本当玩具の為の販促に過ぎないわ…。

でも硬くなったりランドに投げられたり、ガーゴイルの能力は結構好き。






何だかんだ次回も面白くなりそうですわー、今回のようなのは好き。

ぶっちゃけカブトの三島に通ずるものを感じます、木崎。








次回はロンさんかっこいいぜ〆なボロボロなロンさんが観れます。

直己を守る為に戦うんでしょう、おぉう頑張れよー。









それでは!
  1. 2012/11/11(日) 14:29:44|
  2. 仮面ライダーウィザード感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ドラゴンの叫び」

フェニックスに敗れた晴人は池にボチャン。ハイハイ生存フラグねw

その頃洋樹の母親は病院に搬送される。

凛子の助けもあったがまさか自力で意識を保って這い上がるとは恐れ慄いたっす…。

平成ライダーのお約束ではその辺の岩肌に倒れてるからなぁ。這い上がってくるのは凄いww

ドラゴンの目が光ってそこから意識戻ったようだし、ドラゴンのおかげども言えますがw

でも考え方によっちゃ死ねないってことか…?



母親がゲートだから襲われたと悟る輪島だが、晴人はやはり洋樹がゲートで、フェニックスは洋樹を完全に絶望させる為に両親を襲っていると推測。

案の定車で病院に向かう父親をフェニックスが襲う。

間一髪晴人がハリケーンの状態で駆け付け…しかしやっぱり敵わない。

仕方なく父親を抱え逃亡。病院までひとっ跳び・・・って、ハリケーン万能じゃないか。

「ハリケーンの、にげる!」

っていうか奥様方ヒソヒソとこっち見んな。

やっぱり切羽詰まってるね…洋樹の過程に潜伏中のメデューサもそう言ってますw

不自然にテーブルに置いてあるガンプラに吹きましたww



入院中の両親の病室で必死に回復を願う洋樹の元へフェニックスが。

晴人が向うも返り討ちにされ病院の壁に叩きつけられる。

遂にフェニックスがベッドへひっくり返し首を絞め息の根を止める。

その時洋樹が絶望して…。

あービックリした…夢オチかよ。


これはビビった。夢オチではなく普通に現実かと思ったw

だって実際ああいうシチュエーションになってもおかしくないような展開だったし。




「怖いんだよ、誰かがいなくなるのが…」


いっつもサクッとファントムを倒す晴人がこういうこと言うなんてwフェニックスに負けた故の恐怖なのかw

恐怖に陥る晴人にコヨミが新たな指輪を。

フレイムドラゴンのリング、完成したんですね。

外から悲鳴が聞こえてくると案の定フェニックス。入り口から入ってくるのかコイツはwwww







そして再戦。

またもや苦戦のウィザード。フレイムドラゴンの指輪を使うもエラー。「エラー!」ってギャグ要因かと思ってたww

晴人の実を案じて不安になる洋樹を凜子が励ます。

何故ここで瞬平に言わせないんだ…。あの部屋にいたの瞬平だけだし、瞬平に言わせれば良かったものを。

ってかここで瞬平が励まさない=完全に瞬平の需要が無いになるじゃん。

もう製作者は瞬平が嫌いとしか…。






フェニックスにトドメを刺されそうになった時に強い思いでフレイムドラゴンリングを翳す晴人。








精神世界で遂に偽晴人(ドラゴン)と対話。

今のこの状況でドラゴンんと力を現実に引き出し強化する代わりにファントム化が進む(絶望に近づく)らしい。

それも含めて、ドラゴンとの契約、完了!


現実世界に戻った時、遂に能力が発動。その閃光にフェニックスも慄く。




ドラゴン!ボー!ボー!ボーボーボー!


ちゃんとドラゴンが体内から出てくる描写が為されてるのが良いね。

しかしこの「ゴーゴーゴー」って掛け声、とある長い呪文の省略らしいです。一体何を省略したらこんな言葉になるんだか…。









そしてついにフレイムドラゴン降臨。

デザインは良いが配色がダサい、多くの人が言ってるけどそれは完璧同意だわ、超タトバの時と似た感覚w







突然優勢になりフェニックスを圧倒。

ウィザーソードガンのコピーによる二刀流だったり、色々とw

しっかしこの戦いイマイチ何が強くなったのか分かり辛い。フェニックスを上回る炎なんだろうけど必殺技以外の戦闘でその能力生かしてませんし。

格闘戦でゴリ押しって何かなぁ。






必殺技はドラゴンの顔を胸に召喚しドラゴンブレス!

だっせぇーと思いつつも、このドラゴンヘッド、玩具にも付属するらしいです。

ハリケーンは翼、ウォーターは尻尾、ランドは爪で、全ての必殺技部位が合体してオールドラゴンだとか。



ってかCGとはいえ生々し過ぎるww

アーマー用にドラゴンの顔アレンジしろよ…。




フェニックスを遂に撃破する晴人。

数日後面影堂に戻ると、洋樹の両親が峠を越え回復したという報せが。







そしてやっぱり生きてたフェニックス。誰もが死んだとは思ってませんわww

名前が「フェニックス=不死鳥」だもんなww

ただ倒された回のうちに生存判明させちゃうのは何かなぁ。









以上第9話でした。


所詮オールドラゴンの前座に過ぎぬw



ゲストはお飾り程度でとことん晴人の内面に迫った8,9話。

両親が死んでその時に云々…!とか、初めての完全敗北に恐怖を覚えたりと、何時もの余裕シャクシャクな晴人とは違った面が見れて良かったです。


ゲストの洋樹とその両親は、親子の大切さを説こうと必死だった前回に比べて晴人の引き立て役に徹している感じ。

ただ父親ェ…母親は洋樹を心配しているって前回で解決したのに、父親への洋樹の不満は今回で触れられもせず。

母親の件で洋樹が父親にも理解を示したって事で良いんだろうけど、襲わせる為に登場させるのはちょっと酷いw

父親は最後の方で洋樹とその件について話しても良かった気がするっす。



晴人は結局ドラゴンを内面に飼ってて、その力を開放したわけですけど、あれはやはり「NARUTO」のナルトと九尾みたいな関係だとか皆突っ込んでますが、BLEACHファンの私には、精神世界での一護と白一守るみたいだなと。

精神世界で晴人(一護)の姿で現れるとことかも似てるし。

力を貸したって事は、ドラゴンを現実に引き出し安くなっちゃうことだから、今後晴人が無意識のうちにドラゴンに憑依される展開あるなww

またはドラゴンスタイルでドラゴンを引き出し過ぎてファントム化が進む=何処ぞのキングフォームみたいにアンデッド化を加速させる、みたいな展開も出来るかも。



そして洋樹が不安に駆られている中、あそこで声をかけるべきは瞬平だと思うのに…どうなってんだ脚本w

何でわざわざその場にいない凛子が駆け付けて宥めるのか。おかしい、おかしいぞ脚本、どんどん瞬平の良いとこが無くなってるよ!

本当に需要無さすぎる…この人一体何をしたんだwせめてあそこのシーンで洋樹を宥めるのが瞬平なら、少しはマシなキャラになったでしょうに…。




フレイムドラゴン登場シーンはかなり格好良かったです。

特にドラゴンを引き出す事でハイリスクハイリターンなスタイルってのも素敵、そういうの大好きです。

ただ、具体的に何処が強くなったのか分からないんですよねー…。

炎の強さがフレイム<フェニックス<フレイムドラゴンってのは分かったけど、普通の戦闘であまりそれを生かしてないし。

格闘戦で押されてたフェニックスをどういう方法で圧倒するのかと思ったら普通にまた格闘で。え…?

正攻法で強いフェニックスを倒すためにどういう特殊能力で優勢にするのかと楽しみにしてたのに…。

スピードやパワーが上がったって事で良いのか?

例えばダブルやディケイドにはエクストリームになる事で無限のデータベースと直結出来て敵の一歩先を行く戦闘が可能とか、コンプリートフォームで最強フォームを呼び出せるってのがありましたが…。

流石に中間形態ですらないので、最強フォームと比べる事自体間違ってるでしょうけど、とにかく何もなさ過ぎてビックリ。

ソードガンコピーしただけじゃねぇの?


フレイム「俺の炎が効かないだと!?」
フェニックス「俺の炎つえー!」
フレイムドラゴン「俺はもっと強いぜ!ドヤァ…。」

後出しじゃんけんかよwwしかも力比べは炎関係ないし。


必殺技は玩具オリジナルギミックだと思ってた顔が出現で正直驚いた。ハリケーンだと翼、ウォーターだと尻尾、ランドだと爪なわけですね。




フェニックスは強い上に外道と言うことで、強化回に相応しい良い敵だったwウヴァ臭したけど全然そんなことは無かった。


復活するのは分かってるとはいえ、今回で復活判明させちゃうのは何かアカン…。販促的にもまずいぞそれw

折角新スタイル出たのに子供からしたら「何だ敵倒してないじゃん、弱いじゃん!」で終わる可能性も…。





ちょっと気になるところはありましたが、今までで一番面白く楽しめた回だなと。

お次はハリケーンドラゴン!ハリケーンが一番好きなので楽しみ。








次回はロンさん再登場。

ロンさんはレギュラーとか言いながら全然出てこなかったから不安だったけど良かった。

この人カブトの三島ポジションなんじゃねと密かに思ってますw

ロンで戦隊のラスボスを、ウィザードでもラスボスを務めたらマジでかっこいいなw



あ、次週のウィザードはお休みです。


それでは!
  1. 2012/10/29(月) 00:04:42|
  2. 仮面ライダーウィザード感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。