ROAD OF HOBBY IN FC2

本業はYAHOOの方ではありますが、こちらでも似たようなそうでないような事を書いていきます。 FC2に関してはひよっ子なので、宜しくお願いします〆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HDM創絶ウルトラマン~輝く希望の光編~

おkとりあえず、8月に出るのはコズミックじゃなくてメテオストームってw

サブライダー強化フォームはてっきりオール限定だと思ってたんだけどな・・・。

まぁ、スコーピオンが一般でメテオストームが限定だったらそれこそ衝撃ですがw

そして何と言っても鳥人戦隊ジェットマンより、レッドホーク!!

1番好きな戦隊のレッド、嬉しいです。ただ、戦隊系SHF集めてなかったからなぁ・・・でもジェットマンは好きだしorz。

この辺は考えておきましょうか。



さて、今日のレビューは食玩HDMウルトラマンです。





パッケージ。今回はHDMウルトラ初のブラインドパッケージ。私の天敵です。

今回はシークレット含め全6種。

6個買ったら1つもダブらずにコンプ出来た奇跡w


これはもう、ブラインドで散々馬鹿を見てきた私への恵みと言う奴ですw



今回の特徴を述べると

1.対象年齢が上がり、軟質素材が硬質素材に

2.クリアーパーツ多様に加え、塗装精度向上



こんなとこでしょうか。よって前作までとは偉い違い・・・と言うわけでは無かったですw

ハズレはとことんハズレ、これは鉄則w





ウルトラマンゼロ


まずはゼロから。

今回の映画の主役・・・ではないですね。一体今回の映画の主役って誰なんだろう?

ダイナ中心に話が進んで、コスモスが彩り、ゼロがセンターを。まぁ、3人全員って事なんでしょう。

フィギュア自体は銀河伝説版ゼロのポーズ替え。

若干塗装が適当なように感じてしまいます。

理由は、今回のゼロは対象年齢が6歳以上だった前作版の一部流用の為。

ただし、フニャフニャだったザン策のゼロスラッガーは、今回は対象年齢向上の為に硬質素材に。





プロテクター辺りがちょっとないな~と。

ただ、前作の突き出した右腕がしっかりとしたファイティングポーズ用に変更され、より流麗な洗練されたポージングになってて○。

あ、目のクリアーパーツもOKです。





ウルトラマンサーガブレス。

これの追加の為に、恐らくポーズ自体変更になったんでしょうね。ULTRA-ACTでは未だに立体化されてないっすよぉ・・・。





ウルトラマンゼロ(シークレット)


何が違うって?パッと見何も変わってません。私も「ダブった・・・」とか思っちゃいましたしw





変更点はこちら。サーガブレスがゼロブレスレットに。

・・・いや、これだけです、本当に。

こんなんでシークレットとか・・・まぁ、毎回HDMはこんなもんですがね。アントラーry





通常版と比較。

腕を取り換えればシークレット版と両方再現出来るぞ♪




ウルトラマンダイナ


最初5個買ってダイナだけ出ず。

今回は配置を事前に調べられなかったので困っていたところ、玩具鬼さんに配置教えてもらい、ゲット。

ありがとうございます。正直配置教えてもらってなかったらダブってた羽目になってたw

超8版の流用。

違うのは目の色だけ。

今回の中で1番のハズレ。

正直食玩とはいえ対象年齢15歳以上でしょ?

まぁ、3年前かつ6歳以上の超8版の流用なので仕方ないですが。







ゼロもダイナも、プロテクター周りが残念なんですよねー。

目の色が黄色になってるのは評価できますが。




ウルトラマンコスモス


ウルトラファンにアンケート取って「一番嫌いなウルトラマンは?」って聞いたら間違いなくBEST3入りするであろうコスモス。

そのぐらいコスモスと言う作品はファンから人気ないです。児童の親からは歓迎されてますが。

私としては平均的クオリティだと思うのですが、駄作駄作言われてんのも事実。

そして皆さん思うであろう、「何で終始ルナなんだ!」と。

ルナだけ戦闘形態じゃないですからねぇ。


フィギュアの出来は・・・意外な事にも良かったです!

正直1番期待してなかっただけにこれは凄い。

サーガ3戦士の中じゃ間違いなくトップクラスの出来。

というのも、今回のコスモスが完全新規造形だという点にあるんです。

ゼロとダイナは対象年齢が低かった前作のリデコ品ですが、今回のコスモスは最初から今回の商品用に作られてますし。

いやぁ、期待してなかっただけ、喜びも大きかったです。






マスク、ボディ、脚。文句無し。

何がゼロとダイナと違うって、塗装ですよ塗装w手抜きっぷりがまるでないです。



コスモスの意外な出来の良さにビックリ、、、、。サーガとかハイパーゼットンに注目しちゃいがちですが、これも侮れないです。




ウルトラマンサーガ


(出来はともかく)今回のメインであるサーガ。

新ウルトラマンって新ライダーほどデザインぶっ壊れてる印象ないのですが、サーガに限っては、最初「このデザインは何だ!?」と思ってしまいました。

カラーリングもデザインもそれぐらいウルトラの基本フォーマットから逸脱してます。

フィギュアの出来は、コスモス同様完全新規品なので(当たり前ですが)、塗装も凝っていますね。







頭のてっぺんは、クリアーパーツに。








体のモールドも見事に再現。

やっぱり、サーガも当たりアイテムですね。ゼロダイナとは何だったのか・・・!(ヤメロw





宇宙恐竜ハイパーゼットン


この手のフィギュアと言えばメインは怪獣でしょ!って事で、皆期待値MAXであろうコイツ。

私の大好きな怪獣。ゼットンが洗練されて帰ってきました。


今回は羽無しがラインナップ。羽付けろとか言いたいですが、値段を考えれば納得です。

ただ、シークレットとしてゼロブレスレット版ではなく、コイツの羽あり版で良かったのでは?

勿論、そのラインナップなら明らかに重くなるのでサーチ余裕だと思いますがねw

フィギュアの方?文句なしに出来良いです。

というわけで。





クリアーパーツ祭り。そして造形も神レベル。何このクオリティwwww





後ろのモールドも堪らん!

正直今回の中で1番ボリュームあります。

重さで中身分かるとか言っちゃry





ただし、唯一にして最大の欠点が。



小さい!w


小さい小さい。サーガより若干小さいくらいだから良くね?ってなるかもですが、普通怪獣のHDMは1回りくらいデカくなきゃあかんと思うのですよw

サイズが同じでも小さいと思うのに、小さいっておいw


ここさえしっかりしてれば間違いなくハイパーゼットン良作だったのに。


結論:アントラーが良過ぎたw




こっから気まぐれ写真を。



ゼロ・ダイナ・コスモス パラレルワールドの勇者


やっぱサーガ組で!

思えば、平成で最終回後も変身能力失ってないのってコイツ等とメビウスだけなんですよね・・・だから今回この3人なのか・・・。







最強怪獣ハイパーゼットンに立ち向かう3人!




―奇跡―~サーガ誕生~






サーガ降臨!


ビルセットと相性良いかどうか分からなかったけど、あらま意外にピッタリですw





サーガVSハイパーゼットン


最終決戦!勿論、サーガとハイパーゼットンに市街地でのバトル時は殆どハイパーゼットンに羽が生えてましたが。

やっぱHDMクオリティでやれると感動です。





以上、HDM創絶ウルトラマンでした。

何故ここまでラインナップのアタリハズレに差が・・・。ゼロとダイナを前作までの流用にしちゃったのはアウトだったと思います、明らかにほか3種と比べ見劣りする。

サーガとハイパーゼットンは塗装に明らかに時間かけてますが、ゼロダイナは・・・。まぁ、仕方ないですね。

個人的にフルコンプは夢ですが、気になった方はサーガとハイパーゼットン、おまけにコスモスも出来が良いのでつまんでみてはいかがでしょうか。勿論、配置調べた上で(笑

そして今後もこの高いクオリティで商品が展開されると思うとワクワクしかありません。

HDM創絶一生愛します。







それでは!












スポンサーサイト
  1. 2012/05/05(土) 22:29:59|
  2. 玩具:ウルトラマン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラ怪獣シリーズEX ハイパーゼットン

地味に夜遅くの更新。

この時間帯の更新好きじゃないんだけどなぁ・・・。

明日(正確には今日)で冬休み最後ですが、宿題終わってません☆

でも、私にはっ・・・レビューせねばならぬものがあるんだっ・・・!

本当に1日1体ずつとかレビューしていかないと溜まってしまうくらい最近の収穫激しいので、しばらくレビュー記事ばかり続きますがご了承。


ヒートセット、ティガダーク、トライドベンダーetc・・・。


では、ハイパーゼットンの高速レビューです(キラッ☆







パッケージ。

今回の商品の売りは箱ですよ、箱!

映画宣伝パッケージです。

箱から出さずに楽しむ、まぁそういう楽しみ方もあるでしょうね。





こういう所に映画宣伝の文字。

映画マジ楽しみ過ぎるww







ハイパーゼットン


・バット星人に制圧され、実験場となった地球で覚醒した、滅亡の邪神。初代ゼットンをはるかに上回るパワーを発揮し、ウルトラ戦士を追い詰める。ゼットンの特徴であった昆虫的なフォルムは更に洗練され、地球を破滅へと導いていく。







・・・・・ってわけで、2ヶ月後に公開される映画「ウルトラマンサーガ」での敵役怪獣、ハイパーゼットンがいち早くUHSに登場です!

今回、私のレビューの特徴である、名台詞紹介はパスwまだ公開されてない映画のセリフなんて知らねえよ・・・!

3月公開の映画で、ゼロ、ダイナ、コスモスの3戦士を苦しめる最強の敵らしい。

結構懐古厨からはたたきの対象にされてるらしき、ハイパーゼットンです。

元々ゼットンと言えばバルタン星人以上に人気の高いウルトラ怪獣で、何度も強化体や亜種が出され、その度にファンから支えられてきました。

私も大好きな怪獣ですね、ゼットン。あの独特な黒いボディーに黄色い複眼・・・堪んねぇw

で、今回はその最強形態と言うか、集大成と言うか・・・(汗

とにかく、映画でのボスに当たるわけですから、中々大物である事には違いなしですかね。



・・・・・めっちゃカッコいいじゃん!


批判受けてるようですが、批判してる人はどこがかっこ悪いのか述べて下さいと言うか・・・まぁ普通にかっこいいと思うよこのデザイン。

やばい、久々に超かっこいいと思う怪獣を見た希ガスw

絶対に越えられない初代ゼットンという壁を突き破り、胸のコアは小さめに、羽を付け、顔面は角を鋭利にしてより昆虫っぽく、手は長い武器に。


(個人的に)本当に最高ですよねこのデザイン。ウルトラ怪獣の中で1番好きになりそう。





そして最大の特徴は、「ゼットンの中では1番のヒューマン体型」ということ。

どこかの宇宙人と思われても疑われないくらい人型になっています。

人型にする事で、子供に与える影響はより恐ろしくなり、「○○キラー」っぽさは強調されるという特徴があります。

このハイパーゼットンは、初代のあの不気味さを残し、人型にとどめた・・・そういう意味で、より恐ろしく、冷酷に見えるという仕組みとなっています。



古参のファンからは不評でも、とにかく「邪神」っぽいイメージを見事に体現出来ているハイパーゼットン。

その出来の方は如何に!?








顔。

洗練され、恐くなり、昆虫っぽくもなっています。

造形は良い感じ。

初代の複眼だった黒い部分は上に押し上げられています、今回はメインの複眼は黄色い部分かと。





ボディ。

光線吸収のコアは随分小さくなったこと・・・。

ハイパーゼットンがスタイリッシュに見える理由、それはこの凝縮された体の造りにあるんですね。







漫画版「ウルトラマンSTORY0」では、昆虫の突然変異がゼットン、とされていましたが、このボディには昆虫っぽさが沢山。

クワガタの足ですよね、腰に生えてんの。良い意味で気持ち悪い。

その他、手は長い武器となっています。何だこれ格好良い!

人型ならではの工夫されたデザインですね。






羽。

今回のフィギュアの中で1番ボリューミー。

メイン・・・と言っても過言ではないんじゃないかな?

ここがクリアーだったら(贅沢言うなw







今回のマジ残念ポイントですorz。

何で尻尾が本体と一体成型なんだよ・・・。

エンペラ星人の悪夢が蘇るって奴ですよ。

人型だから尻尾を造形させたらカッコ悪くなると思うんだけど、それでもちゃんと仕事しようよボーイズトイ事業部さん。

ここさえなければ最高のソフビなのに。







可動範囲は、腕、腰。

まぁソフビにしちゃ妥当でしょう。

これは可動化させる価値有りますねw



人型って来たらもうそのソフビは私からナイフを喰い込まれる宿命から逃げられない!

ババルウ、エースキラー、ナックルと、人型だった故に私からナイフを入れられ改造素体に貼りつけられたという悲劇のソフビの仲間入りですね、ハイパーゼットンも。

フフフ・・・。

さて、素体となるAHSを押入れから発掘せねば!







ゼットン、EXゼットン、ハイパーゼットン。

ファイヤーは未購入なのでこの御三方と。

やっぱり初代ゼットン以外はどれも不評でしたからね・・・特に2代目とEXは盛大に批判の対象になった気がします。

まぁ2代目はしょうがないんだけどさw

で、やっぱりかっこいいと思うのは今回のハイパー。比較すると分かるけど、何だこれスタイリッシュすぎるじゃねぇかと。

初代ってこんなに太っちょだったんだ・・・。


比較して、真のカッコよさに気付くべき。









ハイパーゼットン(通常形態)


こんな事もね!

そもそも、羽が生えてる時の方が稀ですよねこいつ。

後は見ちゃいけない・・・見ちゃいけないのよ!

この為にもう1つ購入しようとしている馬鹿=私w

後ろパテ盛りすりゃ行けるよなぁ・・・。









ゼットンが街に現れた!

アスカがいなくなったダイナ世界・・・何でバットが存在してるのとか、根本的なとこから疑問が(ry





ゼットンが飛ぶ!

当り前のように飛んでるけど、実は有り得ないんですよねこれ・・・。






DAIGO(ry・・・タイガ・ノゾムに憑依したゼロと。

苦戦を強いられるようです。

やっぱ格好いいよハイパーゼットン!






こんな風に盛大にやられ役を演じてほしい。

そんぐらいハイパーゼットンの活躍が見たいんです私(ry





ダイナも盛大に餌食に。






奴を倒す術はあるのかっ・・・!?

コスモス~~、早くACT化するべき。





ハイパーゼットン・バスターモード!

・・・・・超渾身のネタw





ってわけで、ハイパーゼットンでした。

満足ですよ、これ。

1000円払うだけの価値は保障します。

ただ、どっちかと言うと箱から出すとがっかりしてしまう方もおられそうな気がするので・・・。

案外、箱から出さずに楽しむ、という手もあるかも。

箱から出さないでの鑑賞用、箱から出して楽しむ用と、コレクターは2つ買っておく事をオススメしますね。

私は1つしか買ってないけど・・・まぁ、2月に正規版で出たらまた購入検討しようかな♪

今回は結構ウルトラ商品の中では人気のようで、結構売り切れ続出だとか・・・。

でも、今回買えなくても来月買えるので、まだ焦らないように!


値段に見合うだけのボリュームあるし、地味に羽無しごっことか出来るし、尻尾がくっ付いて造形されている以外は満足でした!


何より、ハイパーゼットンめっちゃカッコイイし!



では!
  1. 2012/01/09(月) 01:41:20|
  2. 玩具:ウルトラマン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HDαウルトラマン~銀河最強決戦編~

疾風通信、暇だから配れや的な精神で配ってたら、既に5回目まで行ってしまったw
 
配り過ぎもな~とも思ってるんですが、どうでしょう?ってか、暇だし。
 
ってか、あの毎回の添付曲を携帯に読み込ませるのが大変だったりw大抵のは元々存在する曲ですけどもw
 
ってか毎日化させようかな・・・?ブロガーメインで送ってたつもりなんですが、何だかんだでリア友、サークル仲間の方が多くなってしまったw
 
もう既に受け取ってる人が100人超えた罠wwww
 
あ、今からでも携帯に残ってる分のデータは送信しますので、受け取りたい方はメルアドを添えてメッセージを送って下さいw
 
 
 
 
 
 
 
 
地震騒動でこんな事やってる暇じゃないんですが、以前玩具鬼さんにいただいたHDαウルトラマンの紹介です。
 
今回は、都市伝説となってしまうほどの入手のしにくさのアークべリアルは省いています。残りの4つのラインナップを紹介。
 
まず、とやかく言う必要はないとは思うのですが一応。
 
値段がHDMの400円から300円に値下げされています。
 
そして、大幅・・・でもないけど、サイズ縮小。
 
求めやすくなっていますが、どうだかな~と思ったり。
 
目にはクリアパーツの使用はオミットされていたり、塗装省略箇所が若干あったりw
 
もうこれは、HDMとは全く異なったシリーズとして集めていくことをオススメしますw
 
 

 
サイズ的には、DGと等しいか若干デカイくらいw
 
オーズのタトバコンボがDG、NEW電王とゼロツインソードを構えたゼロがHDMです。
 
確かに、HDαは、新規フォーマットとしては、かなり優秀な部類の玩具です。
 
それでは、各種レビューへ。
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・ウルトラマンゼロ
 
 
今回のラインナップキャラは全員2010年公開映画「ウルトラマンゼロTHE MOVIE 超決戦!べリアル銀河帝国」に登場したキャラなので、固定化されててレビューしやすい。
 
前作にも登場した「不良ウルトラマン」という前代未聞のキャラで多くのファンを作りました。
 
個人的には、ゼロの人気には、刹那声でしゃべる宮野守さんが影響していると思うのですが。あ、夜神明もね。
 
自分もあのイケメン声聞いたときは一瞬で惚れましたしw
 
んで、最新映画でセブンに託された新たな武器「ウルトラゼロブレスレット」を手に、マルチバースへ。
 
ブレスレットが変形したランスを持っているので、最新映画版と一目で分かりますw
 
ポーズカッコイイし、小型のフィギュアモデルとしては中々良く出来ているなとw
 
 
 
 
 

 
顔&上半身。
 
やはりクリアーパーツの未使用が・・・w
 
ただ、胸筋再現とか、顔は凝ってあるので、大分満足です。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウルトラゼロランス。
 
グレンファイヤーの誤解が解けて共闘する事になった時に、レギオノイドβをかなりの数貫いて倒しましたw
 
新マンが使用していたウルトラランスのオマージュですねw
 
アクト版は若干造形が劇中版じゃないとか言われてたり、ソフビは何だか太いとか、色々言われてて、結局真の劇中造形は良く私も分からないウルトラゼロランス。
 
これで良いのだろうか?いや、そう思いましょう。
 
ウルトラランスの色違いにも見えるのですが・・・凄い造形である事は間違いないですw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・グレンファイヤー
 
人気キャラ・グレンファイヤー。
 
デザインで「無いわ~w」とか思ったんですが、映画見るとおとぼけキャラ、馬鹿キャラみたいな感じで良い。
 
んで、やるときはやる!的な。あの来ちゃったよ的な感じでアークべリアルの掌中からゼロを颯爽と助け出したのはかなりカッコ良かったです。
 
ファイヤーマンのリメイクヒーローですが、全然面影が残ってない・・・いや、ボディならば結構似てるんだけどもw
 
骨川スネ夫(ry・・・この人もガンダムの声優でしたねwウルティメイトフォースゼロが全員ガンダムなのに吹くw
 
敵のアイアロンは、ドラゴンボールのセル、ガッシュベルのビクトリーム、仁志松本のナレーターの若本さんなのも凄いと思いましたがw
 
今回は、手を突き出したポーズでの立体化。ずっしりしていた格好良い。
 
艶消し塗装なのも良いです。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顔。
 
多分、どんなに神造形フィギュアでも鬣をクリアー再現するのは無理だと思いますwマスコレは除きますがw
 
かなり良い造形。
 
グレンファイヤーって、結構イケメンさんですね(ぇ
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上半身。
 
やはり、艶消し塗装と、剥き出しの胸筋再現が素晴らし過ぎます。
 
ここは見惚れてしまいました。
 
ただ、胸のコアが、造形ではなくただの印刷で済まされているのが残念。
 
何でここ造形出来なかったんだろうか。
 
グレンファイヤー、映画を良く見ると、ゼロと初めて出会って死んだかと思われた時までが胸にコアが無くて、
最終決戦時には胸にコアが付いているというwwww
 
一体飛び込んだ先で何があったんだwwwwそしてこの胸のコア何だwwww
 
グレンファイヤーは結構造形に満足だったりね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・ミラーナイト
 
多分、ウルティメイトフォースゼロの戦士3人の中でポジション的に1番物語に重要な役割を担っているキャラ。
 
鏡の惑星の勇者で、エスメラルダの守護の使命を持っています。
 
1番目立ってて、1番カッコ良かったです。私は3人の中ではミラーナイトが1番好きだったり。元のデザインがカッコイイけど、映画見て更に惚れたw
 
「ミラーマン」のリメイクヒーローで、デザインも大差ないしwスタイリッシュさではピカイチ。
 
手首をクロスしたミラーナイフ発射直前のポーズを立体化。
 
このポーズ好きなんですよね~w
 
造形、スタイルともに申し分無い。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顔。
 
ソフビより出来良いんじゃね?wアソートで「レッドアイVer.」があったら面白そうだったんですがw
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
手&上半身。
 
手は、ピシっとした平手ではなく、若干開きが混ざっててwその感じが良いというか何というか(ぇ
 
これも艶消し塗装なので、塗装面では綺麗に仕上がっているな、というのが正直な感想。
 
ダークなグリーンwwww私が自作した可動版ミラーナイトはメタグリーンに塗装したんですが、やっぱダークな方がグッと来るねw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・ウルティメイトゼロ
 
ゼロがウルティメイトイージスをまとった最強形態です。
 
この状態でアークべリアルを・・・ドカンとw
 
弓矢ってカッコイイよね、惚れる。この鎧ですが、これまた賛否の別れどころになりそうなw自分は結構カッコ良くて好きなんですがw
 
「ウルティメイト」ゼロってのが何か厨臭いwもっと良い名前無かったのかw
 
何だかゼロちゃんが天使っぽくなってますねw
 
んで、フィギュアですが。何でまたポーズを取ってないんだとw
 
直立。キレイな直立。ポーズ無しのモデルです。HDってどんなポーズで立体化されるのかも楽しみなんだけどなぁ。
 
造形良いのに勿体無い。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顔&上半身。
 
顔はゼロと同じ造形かな・・・良い事には変わりないけれども。
 
鎧も、300円サイズでこの出来は素晴らしい。
 
ってか、良くあの複雑形状を再現出来たなって話でw
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウルティメイトゼロソード。
 
アクトではクリアー素材だったのに、普通の水色。まぁしょうがないw
 
しかし、この鋭利で鋭い感じが劇中イメージなんでしょうかね~w
 
切れ味良さそう・・・何でこの剣を使ってズバズバ戦わなかったんだろうかw
 
弓で倒して終わりかよw
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
触覚・・・なんだろうかこれはw
 
食玩サイズでこの再現度は凄いと思いますw
 
 
 
 
 

 
 
アークべリアルと並べるとサイズ比ピッタリな件。
 
この飾り方はオススメです(ぇ
 
 
 
 
 

 
 
HDでは恒例・・・っていうか並べると映えるっていう話なんですが、ウルトラシティ氏リー^図との相性は相変わらずバッチリです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
以上、「HDαウルトラマン~銀河最強決戦編~」でした!
 
アークべリアル手に入るまでレビューはお預け・・・みたいな事言ってましたが、アークべリアル入手自体を断念しました。抜かれてるところ多過ぎるwwww
 
新フォーマットで起動したHDαですが、HDMと比較されて色々言われたりするのはもはや避けられない事実でしょうね。
 
良い方向でも、悪い方向でも、いきなりの特撮食玩の王として君臨していたHDMを入れ替えたんですからねw
 
あ、でもHDMも前はHD、その前は「ハイパーウルトラマン」だったしそこまで問題ないかw
 
サイズ比小さくなったので、HDMとは違う趣旨として、全くの別物として集めましょう。
 
個々としての魅力も強いブランド食玩なので、コレクション性には富んでいるはず。
 
さて、次の弾がどうなるかですかね~w
 
 
にしても、アークべリアルの入手の難しさがwwww
 
 
HDMのNEW電王より入手困難ってマジで!?wwww
 
へ~、あのNEW電王よりね~、手に入らないのが悔しいですが、ウルトラマン関連だと嬉しかったりもしますw
 
ってか、早い段階でNEW電王確保した私は結構ラッキーなんでしょうかw
 
 
今月はHDMで仮面ライダー出ますね。
 
オーズ、ナイト、1号2号とか、オーズ以外は意外なラインナップでw
 
去年のダブルもこの時期に発売だったので、妥当だとは思うのですが、ラインナップが可笑し過ぎるwww
 
CJX、エターナルとか、ガタキリバ、ラトラーターとか、色々出すべきものがwwww
 
自分は、SHFガタキリバも、ACTティガ&キリエロイドも買えるかどうかの状況なので、今回は諦めようかな・・・。
 
ってか、ラインナップの時点で買う気起きませんw
 
 
 
 
 
1月下旬に出たアイテム、今更レビューです。ちょっとタイムリー過ぎたね。
 
 
んで、アークべリアル、皆さんの地域で見かけたら声をかけてくれると嬉しいな~なんてw
 
いや、何でもないですw
 
 
 
 
 
 
じゃあ、余震に注意して。
 
 
 
それでは!
 
  1. 2011/03/17(木) 18:22:48|
  2. 玩具:ウルトラマン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラ怪獣シリーズEX アークべリアル

今日は、部活の女子3人、男子2人で、スケートに行ってきました!

一回家に帰ってからねw

まぁ・・・滅茶苦茶楽しかったよ\(^O^)/


と、スケートに行く前に買ってきた「アークべリアル」をご紹介します。










パッケージ。

デカイ!マジでデカイ!

んで、部活帰りに買ったのですが、いつもは、学校or部活帰に買う玩具は、通学用カバンまたはエナメルバッグに入れて隠すのですが、あまりのパッケージの大きさにバッグに入らず・・・!

滅茶苦茶恥ずかしかった・・・(汗

帰ってきて、早速開封!











「この宇宙は・・・俺の物だ!」



・アークべリアル

カイザーべリアルがウルトラマンゼロとの戦いの途中で惑星エスメラルダのエメラル鉱石を取り込んだ姿。
圧倒的な姿でゼロ、ミラーナイト、ジャンボット、グレンファイヤーを圧倒する。



正直、べリアルは「史上初の悪のウルトラマン」というのが魅力的なので、怪獣化させちゃうのはな~とか思ってましたが、初見から前言撤回!カッコイイです。

毎回映画では巨大怪獣が定番となっていますが、中でも屈指のカッコよさかとw

いや、自分はUキラーザウルス大好き人間なのですがw

ネタバレになるかもしれませんが、とりあえず、あんまりゼロを苦しめる迫力の特撮は期待できなかった不遇なキャラな気がw

ゼロを手で握りつぶしてエネルギー奪って終了・・・!

その後は、ウルティメイトフォースゼロに小馬鹿にされてる印象がwwwwwwww

ミラーナイトに舐められまくってた気がww

べリアル様はカッコイイんですが、怪獣に魂を売ることで、益々良いのではないか、と思いきや、暴れまくる馬鹿、といった感じでしたね、陛下・・・(泣w

滅茶苦茶カッコイイとは思いますが、扱いがあまりにも残念・・・(泣w

ただ、カッコイイのでやっぱり好きです。

前回のベリュドラは隊長3000メートルと破天荒でしたが、コイツは300メートルなので、結構実感が湧く巨大怪獣ですねw









フィギュア本体。

前、後ろ共に素晴らしき造形です。

特に、個人的には、後ろのエメラル鉱石と尻尾がお気に入り。












顔。

何処でも言われてますが、仮面ライダーアークを意識してますよね・・・!?

アークの顔&角にべリアル様の目付きと口元を合わせた感じ。

これぞ「アークべリアル」!(ダマレww

中々良い感じですね♪









エメラル鉱石。

背中に属してますが、ここが個人的にお気に入りの造形箇所。

クリアー・・・とまではいきませんが、透き通るような質感と造形が堪らないです。

ここが1番大きな評価ポイントではないかとw







拡大。

凄い迫力!






尻尾。

ここも凄い造形だと思いますw

いや、マジで後ろ気合入ってますw








手。

ゼロを握りつぶしたアレですね。

何でも引き裂いてしまえそうな良い感じです。








脚。

ここはちょっと残念だったりする。

接地性が弱いとか、安定性とか、巨体の割に足が小さい等等・・・!









胸。

若干べリアルの面影が残ってますねw







横から。

フラッシュ炊くの忘れてた・・・(汗

中々巨大で良い感じですw

いや・・・自分には火山恐竜にしか見えないですwwww







通常ACTべリアルさんと。

サイズ差はそこまで・・・!

こうしてみると、結構べリアル様の面影入ってますねw








横から。

3675円も払ってるので、流石、全長はかなり大きいですw

む~、やはり輝く体表!











ゼロと。

サイズが全然違うというクレームはご愛嬌~(汗

握りつぶしてエネルギー奪う攻撃方法は・・・なんというか地味(笑









VSウルティメイトフォースゼロ!

ミラーナイトは・・・すみません、今可動改造中。








HDMゼロと合わせてやると、結構サイズ差敵にも近い物が。












元祖巨大ソフビ、Uキラーと。

いや・・・さまざまな面で劣ってますアークべリアル。

Uキラーは、2006年当時これで2300円ですから、当時のバンダイが気前良いのか今のバンダイが気前悪いのか・・・個人的には後者だと思いますねw

アークべリアルはかなりのボリュームで満足ですが、やはり、Uキラーと比較すると、惨めになってきますw













以上、「アークべリアル」でした!

満足!実に満足!

ですが、3675円でこの出来というのは少々やり過ぎ感が。

毎度高い巨大ソフビですが、今回も凄い迫力!凄いカッコよさ!

今回も・・・購入をオススメしますw






はぁ~・・・明日からまた補習だよ・・・そしてそのあと部活。正直疲れます(汗

それでは☆
  1. 2011/01/04(火) 22:04:12|
  2. 玩具:ウルトラマン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクションアーカイブウルトラマンゼロ 4.変形!ジャンボット




「バンダイキャンディトイ事業部」から、食玩「アクションアーカイブウルトラマンゼロ」が発売されました!

このシリーズ、全4種が全く趣向の異なる4種で構成されているので、今回は4番の「変形!ジャンボット」を購入しました。

恐らく、1番魅力的なラインナップかとw

と、いうより、他の3種は、正直要りません(汗

この商品、かなり需要度高めの商品なので、早速紹介させていただきます。







その前に、少しだけ改修を。






そのまま箱から出した状態だと、劇中で活躍したジャンボットと比べて、少し塗装が簡略化されてるかな?という印象を見受けられます。

所謂「塗装前」と名前を付けておきましょうか。








頭部に墨入れ、ボディにシルバー塗装を追加、二の腕のレッド&ブラック、前腕部にシルバー&レッド、脚にブラック塗装を追加しました!

塗装後です。


この処理をした方が、劇中のイメージにグッと近づいたかと思われます~w

最も、自分は塗装下手糞なんですがwwww











ななな何と!

食玩なのに変形します!「宇宙船ジャンバード」になります!

これで500円!







「ジャン・・・!ファイト!」







超絶変形!ジャンボット!


下手なフィギュアーツより大分楽しめます500円食玩。

VSダークゴーネ参謀♪









顔。


パッケージと見比べてみると、何だか「ゴツさ」が損なわれている印象を受けます。

ただ、中々良く再現していると思うので、結構花丸な顔。






シールド。

かなり良い造形だと思います。

シールでレッド部を再現ですが、白い部分が露わになる部分もあるので、そこは「ミスターカラーメタリックレッド」で塗り足しました♪







こちらは肩部分のシールド。

モールドはシールで再現してあって、中々良い感じ。

ソフビ以上・・・!?







ボディ。

結構塗装が剥げちゃってw








脚。

ずっしりしていてかなりお気に入りの部位。








ソフビ版ジャンボットと比較。

サイズ差は目を瞑れば・・・(汗

ソフビ版はずっしりしていていかにも「ロボット!」とった印象なのですが、アーカイブ版はどこか戦闘的なイメージですね^^

ガンダムみたいな・・・?

どちらかといえば、アーカイブの方が、劇中寄りなイメージですw


やはり、500円でこれは凄過ぎる!!









140mmなので、大体はSHFと丁度良い感じかと思われます。近くにあったFJと・・・(汗

フィギュアーツサイズならば、ソフビ、アクトと並べても、ギリギリ許せる程度ですね・・・^^

で、値段はアーツの6分の1程度ですが、遊べるレベルには同レベル・・・キャンディトイに負けたな、コレクター事業部。











肩のシールドは、腕についている突起にはめ込むことで、装備シールドにする事が可能です。

龍騎のガードベントを思い出してしまいました(アセアセ












ジャンブレードのエフェクトも付属します。


食玩でエフェクト付属って、かなりの快挙なのではないでしょうか・・・?

本当にこんなものが付属するなんて、ビックリです(もちろん良い意味でw

どうしたバンダイ・・・!?

尚、このパーツは白の成形色にシールで再現するので、個人的に「ガンダムメタグリーン」で塗装していますw


グレイザーさん、バンダイがクリアパーツで再現したわけじゃないんです(汗












「ジャン、ブレード!」


もちろん、腕に装備したシールドを回転させ、ブレードを装備することが可能ですw














正直、500円でここまで遊べると、3000円であの程度のフィギュアーツは何なんだと言いたくなってきますw



なにこの素晴らし過ぎる性能wwww









    

剣と盾同時装備でアクション!カッコイイです♪



VSダークゴーネ






レビュー前のダークゴーネが・・・!











いや、やっぱりダークゴーネと並べるのがベストですw

サイズ差ですが、並べるとそこまで気になりませんw


















こうやって並べるのが良いかと思われますw

500円で全身フル可動、変形機能搭載、更にエフェクト付属とは・・・バンダイに一体何があったんでしょう?w














完成!ウルティメイトフォースゼロ!

映画では、この3人は空気か噛ませかと思っていたのですが、ちゃんとキャラが立っていて、感動しましたw














以上「アクションアーカイブ ジャンボット」でした!



何・・・これ!?


明らかに問題商品です(いい意味でw




ブレードまで再現出来て、劇中同様にアクション再現、更には変形・・・といった、どう考えても「おかしい」ギミックを搭載しているのですw



あまりの性能の良さに、勝手に「ぶっ壊れ玩具」と名付けてしまいましたよ(ぇw




本来ならば1000円~1500円払って問題ないくらいの性能なのに、500円のあのボックスに入りきるギリギリの造形。






「食玩にしては良い玩具なので試しに1つ~~~~」のレベルじゃないw


「食玩のクセにメインで集めている玩具と並ぶ性能の良さ」ですw







これは、絶対買うべきです、ウルトラに興味ない人でもガシガシ遊んで楽しめるはずw

実際、首都圏の方では、この4番のみ抜かれているパターンが多いそうですねw





さて、何だか情報によると170mmのソフビサイズでのジャンボットもDX玩具も発売されると聞きましたが・・・w


そうなると、今回再現仕切れなかった「ジャンアックス」まで造形してくれるのでしょうか!?w


何にせよ、本当ならば、楽しみですね^^






さて、きょうで大晦日。

たった今放送されているジャニーズの歌番観てると、「あと少し~~」と感じてしまう、今日この頃w






今年も本当にお世話になりました!w





来年も・・・レビュー祭りになると思われますが、どうか来年もよろしくお願いしますm(--)m



それでは!
  1. 2010/12/31(金) 16:42:06|
  2. 玩具:ウルトラマン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。