ROAD OF HOBBY IN FC2

本業はYAHOOの方ではありますが、こちらでも似たようなそうでないような事を書いていきます。 FC2に関してはひよっ子なので、宜しくお願いします〆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魂WEB限定S.H.Figuarts 仮面ライダーアクセルブースター

溜まったネタをさっさと昇華して、テスト勉強へとシフトするので、今日のうちにアクセルブースターの紹介を。




パッケージ。

アクセル→赤、トライアル→青で、ブースターは黄色です。




付属品一覧


・仮面ライダーアクセルブースター本体

・オプションハンド×5

・エンジンブレード×1

・仮面ライダーアクセル用新規造形頭部×1




基本的には通常アクセルと同じ・・・ですが、「アクセル」用の修正頭部が付属しています。

バンダイって結構可愛いところありますよね、ディケイドやスカルは「ヘッドの身変化したフォームチェンジ」って事で新規造形頭部付属は当然だったのですが、違うキャラに修正用頭部付けるって事は

「前の頭部の出来がアレでした」って言ってるようなもんですしw

若干サイズ小さいですが、それは後ほど触れていくって事で。







[メモリブレイク]それが俺のやり方だ


・仮面ライダーアクセルブースター

・仮面ライダーアクセルが自身のアクセルメモリに対して、ミュージアムが開発した「ガイアメモリ強化アダプターを使用し(アップグレード)多段変身した姿。背中に備わったジェット機能で大空を自在に飛び回る事が可能。空中戦、いわば三次元的戦闘を得意とし、スピードは勿論、攻撃力でも通常のアクセルを大きく上回る。





・・・・・はい、OV作品での「黄色いアクセル」遂に登場です!

赤青黄色。信号機カラーですね。赤、青が出た瞬間に「次は黄色が・・・」とは予感していたのですが。

何と言ってもその特異能力は飛翔能力。コマンダーの攻撃を自在に交わし斬りかかっていくのはカッコ良かったです。

元々コマンダー・ドーパントが「コマンダー」のメモリにアダプターを使用した事により、苦戦するアクセルに、葵の「スリ」という設定が生き、この道具を渡してこのフォームが誕生するわけですから、やはりWのOV作品は良く出来ていたなと。

そして「スピードもパワーも上昇する」という反則的設定。OVだからこそ誕生できたフォームですね。

アクセルとアクセルトライアルの長所を合体させて更に強化させた感じかな?

アクセルの3つの中では、私はこのフォームが好きです。

「ジェット機能で飛行」的な能力が堪らなく好き。

照井さん曰く「全てを振り切る」に相応しいフォームかなと。




フィギュア本体。

今回はトライアルよりも更にモールド省いてます、その分ジェットは目立つけどね!







頭部。

シャッターで分断された頭部がお気に入りです。

今回は、アクセル、アクセルトライアルよりも小さくなっており、並べると違和感が・・・。

何故小さくしたんだろう、謎。







胸部&背中。

「ジェット」所謂「ブースト」にあたる部分です、故にブースター(黙

劇中同様に再現されています。

ただ、欲を言えばジェットエフェクトを付けてほしかったです。






左から、アクセル、アクセルブースター、アクセルトライアル。

腕のモールドはアクセルと共通です。





ではでは・・・!



ACCEL!UPGRADE!





アクセルブースター、誕生!








変身した瞬間、超加速能力で亜樹子を助け出しに。




エンジンブレード


普通に3本目w何も言うまいw

普通に可動します。






ブレードを持たせて。

飛翔前のポーズ。






飛翔!

この商品には、魂STAGEが必須となりますのでご注意を









飛翔しながらコマンダーの攻撃を交わして・・・!





エンジン!マキシマムドライブ!


低空飛行からのマキシマムドライブがかっこ良かった件。




「その力で私を処刑しろ!仮面ライダーアクセル!」


低空飛行しながら、的に迫っていきます。勿論、ジェットで。

ジェットってのが私のツボです、カッコいい!






ブーストスラッシャー!


コマンダーを切り刻む!

着陸しながら両手持ちで斬るってのが良いですよねー、ただ、ブースターは操演が下手で違和感あった気がしますが(汗







「お前を裁くのは・・・法だ!」


オマケにこの決め台詞、キャー照井さーん!








で、ボーナスパーツとして、修正用頭部。

出来は良くなりましたが、やはり小さいです・・・いや、アクセルとトライアルが大きかっただけかもしれませんが。

左から、ブースター頭部、アクセル修正頭部、アクセル頭部です。

大きさの違いは一目瞭然。

今までこんな大きいのを頭として扱ってたわけですから、当然こんな小さいの付けても初めは違和感が・・・。

まぁ、慣れって事で。








装着!

この写真撮ったのは届いた28日で、この時は「うわぁ・・・!」だったのですが、弄ってるうちに慣れてきて、今ではこの状態でないと逆に違和感ですwwww

前のがギャグにしか思えなくなる、何ぞあの顔はw

小さくとも出来が良いのは確か。

以前の顔のように内部がシルバーで塗装されておりません。しかも分解も難しそうで・・・(汗

前のは外して内部塗りましたが、今回は外せなさそうで・・・(泣






「仮面ライダーアクセル」のOP風に。

赤青黄色のフォームで並び立つカット。








以上、「S.H.Figuarts 仮面ライダーアクセルブースター」でした。

アクセルとトライアルの顔のサイズに慣れてしまったので、今回付属する2つの頭部は「小さい・・・」と思っていたのですが、良く見たらこちらの方が劇中に近いと思うようになりました。

最初は慣れなかった修正頭部も、今では完全に「出来の良いお顔」になりましたし。

顔の話はこれぐらいにして・・・本体も非常に良かったです。アクセルの素体がベースでも、トライアルの様に、やはり違った部位が魅力的なデザインなだけに、それは商品にも反映されています。

ただ、完全に空中フォームで、なおかつWEB限定なので、専用の魂STAGEくらいは欲しかった気がします。

自在にアクションをするにはやはり空を飛ばなきゃこのキャラは生きないだと思いますし、それは可動フィギュアでも同じ。

空を飛ぶイメージ以外でのシーンって地味なポージングしか・・・。

やはりSTAGEは欲しかったよ、絶対。限定だから出来るでしょうし。

何にせよ、フィギュア自体の出来も良かったで、ダブルには頑張ってもらいたいですね!

色んな意味で「慣れ」が必要な商品だと思います。

それと最後に!アクセル3色を並べると、やっぱりカッコイイです♪

それでは!
スポンサーサイト
  1. 2011/08/29(月) 23:11:23|
  2. S.H.Figuarts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Final 「明日のメダルとパンツと掴む腕」

まぁ、今日は学園祭の代休で休みなわけです、どうもサイクロンです。

ってわけで、最終回のレビューを。

既に他の方が書いているからと言って、私のレビューの内容が濃くなるわけではありませんw







前回から異常に強いウヴァwwww


まぁ、前回から引き続いてWバースを圧倒するウヴァさんです!

頑張れ!ファイト!

にしてもウヴァ格好いいですなぁ、流石「仮面ライダーオーズ」の主役キャラクターなだけある。

「今までこんな奴等に苦戦してたのか」に盛大に吹いたw






欲望を開放して・・・!


調子に乗ってウハウハ状態のウヴァさんの前に現れたのは、セルメダルを大量に取り込み、欲望を全開にした別人のような映司だった。

ああ・・・ウヴァさん終わったな・・・!


ウヴァさん天下の時間は非常に短かったよねwwww






「最初に変身した・・・タトバコンボだよ!」


[何故彼は今更現れたのか?メダルは全て自分の手にあるのに]

その答えは、鴻上が持つ3枚のメダルにあった。

コアメダルが9枚になりグリードが誕生した、ならばその残った1枚ずつは?

鴻上会長が持ってたオチとか、失笑・・・。無くなったんじゃなかったのかいw

その完成形コアメダルから抜き取った1枚ずつで変身したのが[タトバコンボ]

なるほど・・・だから回想シーンではウヴァとカザリが完全体なのにタトバがいたんですねw







タ・ト・バ!タトバタートーバ!


10枚目(1枚目)で変身する、究極のオーズが遂に誕生・・・!

ここで、アバンタイトルが終了。最終回の開始です。






ウ、ウヴァさん死ぬなー!


タトバコンボはこれまでのどのコンボをも超越する力でグリードを圧倒。

その犠牲者がウヴァさんですか・・・なんてこったいw

スキャニングチャージで命中させるタトバキック!

タトバキックの最初の被害者がウヴァさんなんてな・・・なんかもうね・・・うんw






「俺は嫌だ・・・!」やっぱ今作の主役は流石っすね!


タトバキックでのコア破損を免れたウヴァさん。

しかし、Dr.真木のメダルの器のターゲットにされて・・・!

完全体俺つえー!俺に勝てるわけねーよ!→強大過ぎる力は流石に要らん→ちょwwwwマジやめてwwww→メダル怖いよぅ!


まぁ、かっこ良過ぎますよね、ホント最高です。






現れるアンク・・・!


真木グリードの攻撃から映司を守ったのは、なんとアンク!人間に近づいてきたアンクは、その答えを見つける為に・・・感動モノですな。

まぁ、横でピーピー言ってる昆虫はほっといてw

アンクは手を差し出すと「今日の分のアイス、よこせ」











最終回の推しシーン。

3人で手を繋ぎ・・・、映画絵のオマージュにもなっているのが素敵ですw

戻ってきたアンクと、兄の身体を案ずる妹。

ここでの「Anythig Goes!」に泣いた・・・最終回の予告BGMはこれだったのねw







このデッカイ建造物=我等のヒーローですw


ウ・・・ウヴァさーん!「誰か助けてくれ!」に本気で吹きましたが。

メダルの器にされたウヴァさんは、コアメダルの暴走の犠牲に・・・!なんてこったいw

最後の最後までかっこ良過ぎました、本当に1年間楽しませてくれてありがとうウヴァさん!









ウヴァさんの置き土産w


建造物からは屑ヤミーが・・・ウヴァさんの仕業かっ!

「とにかく倒す!」事を信条に、映司はプトティラコンボに、アンクは完全体になり蹴散らしていく。








屑ヤミーの処理はWバースが行い、2人は真木グリードが待ち構える大空へ!

激闘の末、地上での戦いに移行する一同。


この演出カッケェわ・・・。バトル描写がかっこいい。








VS屑ヤミー組は里中さんが合流し、佳境へと。

やっぱり里中さんは良いとこどりです、良いキャラだよねマジで。






セルメダルでの必殺!


映司がメダル溜めてた理由はこれだったのですね、この必殺技の為にすべてを・・・。

しかし、この為だけの前回のあの魅せ方ってのはどうかと・・・失笑w

今回も真木グリードの攻撃受けて以降何故か映司が暴走してなかったし。

まぁ矛盾点探したらキリないので・・・。

セルメダルを貯めていたわけで、映司はこの攻撃で再起不能にまで陥ってしまいます。

正に諸刃の剣。





生きていた真木・・・!


しかし、敵はそう甘くはありません。

映司の前回から積み上げてきた作戦が打ち砕かれて。。。なんてこったいw





「よせ映司!これを使え!」


トドメを誘うとする真木。

映司を助けるかのように、アンクは自分の身を削って「クジャク」「コンドル」を・・・!

そして、最後にタカメダル!しかもなんとヒビ入り・・・!

アンクの命の源とも言えるメダルを映司に託して・・・!

勿論、アンクは存在が一時的に消えてしまいます・・・!

最終回の最大の見所シーンはココです、ココ!





「お前が本当にやりたい事なんだよな・・・!」


ヒビ入りのタカメダルを見つめて、アンクとの共闘を決意する映司。




「タカ!クジャク!コンドル!」


やべぇ・・・やべぇ・・・串田ボイスではなく、三浦ボイス。

最終回のスペシャル演出ですね。




タージャードルー!


まぁ、普通に見たらこっちの方が最強フォームっぽく見えるでしょうな。

そりゃそうだ、私の中では真の最強フォームはこちらですし。

奇跡の力ここに降臨!










タジャドルは、アンクを信じて、真木グリードを圧倒。

タジャドルと連携で攻撃を行うのは、なんと、「そこにはいないはずのアンク」

幻覚・・・と言いますか妄想と言いますか。何にせよ最高の演出である事は間違いなし。






オーズは、体内の恐竜コアを使ってギガスキャン。

「幻覚のはずのアンク」と共に、真木グリードを粉砕!

まぁ、「Time Juded All」がここで流れたのは神って事でw







そして、すべてのコアメダルの消滅が始まる。

真木グリードの体内のメダルも、映司の体内のメダルも。そしてアンクの所持メダルさえも・・・!











「お前が掴む腕は・・・もう俺じゃないって事だ」


鳥肌シーンその2。

これまた「消えたはずのアンク」

アンクは日々の生活の中でグリードであるにも関わらず「満足」していた・・・。

そして、アンクにとっては映司を選んだ事が「得」であると。

そんなアンクに後押しされ、映司はまた一歩歩き始める。






残されたコアメダル・・・!


アンクは消えた。

まぁもうその事実は変わらないという事で・・・!

しかし、アンクは「命」を得て消滅したという事で、アンクの形見であるコアを映司、雛がそれぞれ強く握って・・・!





そして、映司は仲間の元へ・・・!

これで映司の欲は満たされたのですね、良い感じ。







映司の旅路には、何時も相棒のアンクが、何時までも・・・!














と、いうわけで。


仮面ライダーオーズ、終わっちゃいました(涙


矛盾点多く、詰め込み過ぎという不完全燃焼満載な感じでしたが、最終回では「平成ライダーで平均的」だったと思います。

鴻上会長は結局オーズの子孫っていう設定生きてるだけで何者なの?とか、前回までの流れが結局意味ねぇ事の無限ループとか、色々ありますが、中々最終回は良い感じかな~と。

良くも悪くも「平成ライダーっぽい最終回」って事で。


まぁ、主役のウヴァさん役の山田悠介さん、1年間お疲れ様でした!







オーズは大円団を迎えました、コアメダル全部消えて、尚且つアンクいない状況でMOVIE大戦に繋げるのは難しいとは思いますが、頑張って下さい。








高校生の手にはスイッチが・・・!


で、終わる物語の中で、街を歩く高校生が握っているスイッチ・・・!

新シリーズへの・・・新たな序章となります・・・!











では!
  1. 2011/08/29(月) 21:43:06|
  2. 仮面ライダーオーズ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魂WEB限定S.H.Figuarts 仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ エフェクトパーツセット

学園祭、終了しました


楽しかった・・・のかな?

私はAKBの真似して女装、ステージで踊ったのですがw


まあ、白けましたが。

元々「目が女っぽい」とか良く言われるので、AKBのスタイルは悪くは無かった・・・。



で、明日は後輩とカラオケに行ってきたりしますw




さて、SHFアクセルブースターとタジャドルエフェクトが到着ですw


まずはエフェクトパーツセットから行きますw







パッケージ。

デ・・・デカイ!

超デカくてビビりましたわ・・・。

ただ、横幅が案の定超薄いです。

学園祭から帰ってきて、机の上に佐川の段ボールが置いてあって、「どこのインテリアだよ」と思ってしまったサイズ。

あと、今回は中身が見えない仕様になっています。





付属品一覧


・タジャドルコンボ用魂STAGE×1

・クジャクカンドロイド(カン)×1

・クジャクカンドロイド(メカ)×1

・可動式クジャクウイング×1

・PET製背部巨大エフェクト×1

・プロミネンスドロップ再現用コンドルレッグ(左右)×1




今回は、中身が段ボールになっており、コンドルレッグ、可動式羽、クジャクカンドロイドはブリスターに入っており、魂STGAEは組立前の状態で梱包されその隣に。

PET製背部エフェクトは、その大きな段ボールの裏側に梱包されて張り付けてあります。

開ければ分かる、中の構造。

今回はその状態のまま写すわけにも・・・って事で、撮りやすい状態にして撮影です。

はっきり言ってエフェクトでこんなに撮るのは違反です、詐欺よ詐欺。








特製魂STAGE


「タージャードルー!」の刻印と、各メダルの生物模様入りの特性台座です。

クリアレッドが綺麗です。

魂STAGEはクリアーなのがお気に入りの私ですが、私ツボなデザイン。

最近は特製の魂STAGEは固定グリップが細くなってきてますね・・・嫌な慣例化だw









ディスプレイ。

こういう風に飾るのがカッコイイです。






そして、エフェクトを取り付ける前に、タジャドルにしなければいけない事。

背中のハッチを取り外す。


「どうやってエフェクト取り付けんの・・・?」とか思ってましたが、こうやるんですね~。

ってか、外れる事を今日知ったという(汗








ではでは、各エフェクトの紹介です。




タカ!クジャク!コンドル!




タージャードルー!


PET製背部エフェクトパーツです。

良く出来ています。

ってか、綺麗。

斑点模様、グラデーション共に良い感じです。

あくまでPET製なので、ふにゃふにゃなので注意が必要です。








クジャクウイング


敵を攻撃後、空へ飛び、タジャスピナー召喚!

ってわけで、タジャドルには欠かせないクジャクウイングも付属します。

今回のセットのメインディッシュ。

まぁ、殆どの人がこれ目当てでしょう、タジャドルのアクションはほぼこれですし。

本体に付属しても良いんじゃ?と思うくらいの基本装備なのに、限定ですよorz

これが無けりゃこのセット買いませんでしたw

逆に言うと、これの単品発売でも買ってましたw

で、台座との組み合わせで、格好良くアクションが決まります。

しかし、羽を付けてしまうと、接地性と安定性がダウンするので、台座は必要不可欠に・・・。

何故ダイキャストにしなかった!!







羽は自在に可動出来るので、飛び方によってアクション性を変えられます。

ただ、CJGXのように自在に動かせるわけでは無いので、多少制限付きですケド・・・。







やはり、羽があると格好良くなりますねw





マグナブレイズ!


飛翔版だとやっぱイメージ変わる・・・。






この状態で魂STAGEに立たせても、カッコイイですね。

まぁ、魂STAGE無しじゃ、自立しにくいですが・・・。






スキャニングチャージ!






プロミネンスドロップ!


太陽両足キックw

やはり、オーズの必殺技を再現できるというのは大きいですよね~。

正直タジャドルはカッコイイのに、この技はカッコよくないですw何だこの技。

禿鷹の脚剥き出しで放つキックとかwwww









膝から下を換装すると思ってたので「膝から下取れねぇじゃん!」とか思ってたのですが、こういった仕様ですかww

これは中々交換しやすいです。多分壊れることも無いんじゃないかな?





最大可動範囲。

右脚が最下、左脚が最上です。











クジャクカンドロイド


クジャクカンw

カンモード、メカモード共に良く出来ていますw

オマケパーツとして取っても良し、第20話ごっこをしても良しですw








里中さんが格好良かった20話の再現も出来ます。

映司とアンクをつなぎとめたコンボ―タジャドル誕生の陰の主役は、このクジャクカンですね!







MOVIE大戦CORE


これがやりたかった!

CJGXと並び立つタジャドルコンボ。

ダブルで神神しいです。






地球の「核(コア)」で、仮面ライダーコアとバトル!





ダブルライダーキック!

去年の映画は微妙でしたが、ここだけは燃えたポイントです。








以上、「S.H.Figuarts 仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ エフェクトパーツセット」でした~!

自分にとっては異例の、初めての「キャラでないSHF」となりました。アンクは一応キャラクターだし。

拡張パーツセットという事で、中身もこれまでとは一線を画す物となっています。

殆ど需要有るのが羽だけですが、これがあればタジャドルの遊びを一気に補完できるのでお勧めですね。

クジャクカンドロイドというサービス精神も見落とさないように!

さ、これで思う存分タジャドルで遊べます!







次はアクセルブースターか、龍騎の予定です。



それでは!
  1. 2011/08/27(土) 22:07:24|
  2. S.H.Figuarts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「赤いヒビと満足と映司の器」

さあ、オーズも遂に来週がファイナルエピソード!

ってわけで、最終話の1話前のレビューを・・・!

いや、息も尽かせぬ展開!

でも、何だろう・・・去年より盛り上がらないのは・・・w










映司は紫メダルの暴走によりグリードに、アンクは遂に完全体となり、両者は激突!

前回から続く激しい戦い、勝者は・・・?








「もっと力が欲しい・・・!」


真木によって以上に欲望を成長させられた映司。

「もっと力を・・・!」

力を求め続ける映司。



無欲→欲張りになってしまった映司と、満足しかけてきたアンク。

この2人の対比が良い感じだなぁ・・・。







欲望がエスカレートし、紫メダルを使ってプトティラコンボへと変身した映司。

しかし、アンクとの一騎打ちで突き飛ばされてしまう。

「ありがとう」の一言を思い出して、攻撃をわざと外すアンク・・・。何か感動・・・!


やはり海辺での激しい生身での戦闘はクル物があるね、剣でのギャレン対ギラファみたいで・・・。

あれは崖だったけどw








「やはり彼は消してしまいましょう」とトドメを誘うとする真木を、アンクが止めに入る。

やっぱり何だかんだでアンクは、人間の心を持ち始めていたんだね・・・。

で、人形に炎が燃え移って発狂する真木さんのギャップには、相変わらず笑ってしまうw

今回は特に凄かったしw

ラスボスがギャグキャラってのもどうなんだろう・・・?




投げちゃダメだよ!ないよ!ないよ!メガネもないよ!







後藤は戻ってきた伊達に、現状を全て話す。

そんなにヤバい事になってるとはって・・・確かにねw

「お父さん感動!」・・・・・ああ、そうね、そうなのか、親子だったのか、この2人は。

一時期ガチホモだと思ってて・・・(ぉぃ









「欲張ったって良いじゃない!」


比奈は「クスクシエ」で、知世子に今までの真実を話す。

「どれか一つ何て、私には選べない」と言う比奈ちゃんに対して、知世子さんは・・・。

何か最後の手前で知世子さんが輝きましたね。

欲張るなんて、今まで考えてもいなかったけど、実はその1つが1番自由な発想なんだよなぁ。

知世子さんは色々と素敵な人だなぁ。







タカメダルにヒビが・・・!


アンクが映司を助けた。

その事実が真木には許せず、彼をメダルの器にするのは中止と宣言。

勿論アンクは許すはずが・・・咄嗟にアンクを攻撃する真木!

カザリの時みたいですね。内部にあるアンクのタカメダルを破壊します。

コアメダルを一気に奪われ、ぐったりとするアンク。









アンクが満足・・・?


真木からメダルを一気に奪われ、セルメダルと共に瀕死の状態のアンク。

しかし、彼は何故か満足だと言う。



何故かアンクに感情移入出来る様になっていますね。

ここにきてアンクのセリフが一個一個重みを増しているような気がする・・・。

もう、アンクが段々人間に近づいてきているのに、所詮グリードのままってのが悲しいよ・・・!









そこに比奈ちゃんが!

「この身体がもうじき要らなくなる・・・!」と話すアンク。

欲望がぷっつりと消えている?

優しそうな言葉で話すアンク、お兄ちゃんと重なるアンク、人間に近づくアンク・・・。







アンクは好きなキャラなので、この描写が1番気に入っているキャラなので、このシーンは今回の話で1番好きです。

にしてもホントにアンクがどうなるか気になる・・・!








戦の後で、鴻上ファウンデーションの保管庫へと運ばれた映司。

後藤さんと伊達さんが急行すると、そこには欲望を開放した映司の姿が・・・!

こんな映司見たくなかった・・・!

玉座に腰掛け、欲望を意のままにする映司。




で、鴻上さんによると、「力が欲しい」という欲望に覚醒した映司らしい。

鴻上さんが・・・大量のセルメダルを映司に!


まぁ、鴻上さんの目的はやはりさもない事だったわけで。

しかし、欲望を暴走させる紫メダルはどうしても邪魔らしい。










後藤さんが止めに入っても、映司の暴走を留まらず・・・!

欲望全開になると映司ってこうなるのねwwww




欲望に身を任せ、真木グリードの出現を感知し保管庫を飛び出す映司。









プトティラコンボVSギル!


映司は欲望のままに変身し、真木グリードと対峙!

そこへ後藤さんと伊達さんも。

何気オーズライダーズ全員集合!







3人は、ギルの圧倒的パワーに押されてしまう。

衝撃波やべぇw









で、遂に映司もグリードへ・・・。


そっか、この姿は後藤さんと伊達さんには初のお披露目か・・・。

勿論暴走ですね、分かります。










「お前が持ってたのか!」・・・お前、それ分かっててそこにいたんじゃねぇの!?


「貴方が欲しいのはこれでしょう!」バッタメダルを翳す真木さん。

すると、ひょっこり出てきたのは・・・我らがヒーローでした!

このタイミングで出てくるとは・・・空気読めてないって意味でもウヴァさん最高すぎるw

ああ、隠れてたのはアレね、完全体じゃないウヴァさんには目の前の戦いはレベルが高すぎるもんね











ウヴァ完全復活!


復活ですよ、復活、皆注目しましょう。「仮面ライダーオーズ」の主役の最強形態の登場です。

さあ!暴れろウヴァさん!











こんな強いウヴァ、ウヴァじゃねぇよ!


おっしゃキタ――――!!!!

ウヴァさんが遂に活躍する時が来たぞぉー!

プトティラでも勝てない・・・?

間違いなく今まで小ばかにされてたウヴァさんとは違いますw

プトティラに勝てなかったカザリより余裕で強いw

久々にテンション上がりました、ウヴァさんカッコいいよウヴァさん。

でも、確かにテンション上がってるけど、こんなウヴァさんはウヴァさんじゃない!



虫なのに「虫けらが!」と言うウヴァさんカッコ良過ぎる



やっぱり私はグリードの中でウヴァさんが大好きなんだ!という事を再確認。一時期カザリに浮気してゴメンネ。


いや、ウヴァは最終回でも絶対に死なない気がするw




















なるほど、よほどウヴァさんに勝てなかったのがショックだったか(チガウw

戦から戻ってきた映司は、鴻上が持ち出した商談を飲み込む。


遂にセルメダルを取り込む「器」となるのか・・・?









「あの使えるバカの所にだ」


比奈ちゃんとの心温まる会話は終わったようで・・・!


アンクは一つの決意を固める。

それは、もう一度映司と手を組むこと・・・!









大量のセルメダルと共に・・・!


遂にセルメダルと一体化し始める映司。

ここから・・・どうなるのか!?













はい、今回の話はここで終わりです。

アンクに泣かせてもらったよ、本当に・・・!

彼が人間らしくなっていく様が本当に感動です。

グリードであるはずなのに満たされる「欲望」。

自分が消える事を薄々感づいてはいるものの、恐怖すら感じず、映司の元へ・・・!





そして、アンクとは対照的に、心がグリードに近くなっていく映司。

暴走の果てに映司を待つものは?



アンクと映司の対比が良い。もう映司を救えるのはアンクだけだよ・・・!








ウヴァさんについては何も言いませんよ、ただ、ウヴァさん最強!最高!マジ神!とだけ言っておきましょう。

まぁこの物語の主役ですからね!


奴は絶対死なない、琢磨君みたいに最後バイトしそうだよねw






最終回!










「お前が本当にやれって言うなら・・・!」

「アンク、お前が本当にやりたい事なんだよな・・・!」





次回、仮面ライダーオーズ、大円団!!




本当にあと30分でまとまるのでしょうか!?そこが不安。

アンクは?映司は?


2人に期待。

次回も、去年同様にハンカチ必須です!














では!
  1. 2011/08/23(火) 23:32:55|
  2. 仮面ライダーオーズ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S.H.Figuarts 仮面ライダーオーズ プトティラコンボ

さて、非難されまくっていたSHFオーズ系も、遂に「一般販売は」最後となりました。

SHFプトティラコンボです。







パッケージ。

帰り(6時30分頃)買ってきましたが、普通に売っててw

あーフラゲ出来たよね、絶対。






付属品一覧


・仮面ライダーオーズ プトティラコンボ本体

・オースキャナー×1

・オプションハンド×4

・メダガブリュー(アックスモード)×1

・メダガブリュー(ガンモード)×1




手首多っ・・・!満足です満足。ガタキリバと同じくらいの付属数。

ガブリューがブリスターの割合を結構占めてる=大きいになります。

いや~付属品で既に参っています。





「俺に力を・・・貸してくれ!」


・仮面ライダーオーズ プトティラコンボ

800年前には存在が隠されていた恐竜の力を司る「プテラ」「トリケラ」「ティラノ」で、仮面ライダーオーズが変身した姿。恐竜メダル自体が他のコアメダルと性質が大きく異なる為、映司の意志と反して変身する事もある。冷気を操り、他のコンボを圧倒するパワーを秘めている。恐竜メダルが現代にて1枚抜かれた状態になった為、現代にて初めて姿を現した。必殺技は「ストレインドゥーム」。



・・・・・遂にオーズ系もこれで最後。プトティラコンボの登場です。

正直最初はコイツが最強とかどうかと思いましたわwどう見てもそう見えないもん・・・!

普通のコンボバリエーションみたいな変身プロセス、設定、何よりデザイン。変わったと言えば組合せが利かない事と、スーツが白になったくらいでしょうか。

「恐竜」=他の生物より強いってだけで最強フォームなのでしょうか、なんつうおこちゃま原理w

しかし、デザインのカッコ良さと、劇中での神展開が多いので、大好きなコンボだったりします。

元々遂になるグリードから生まれたコンボではないので、デザインの比較が出来なかったのですが、最終局面に向かった現在、「ギル」が登場したので、益々重要な存在になってきました。

映司の中に潜在しているメダルなので、物語のキーとなる部分では、前作の「エクストリーム」と同じことが言えるのではないかと。

敵対関係の「真木清人」と全く同じ状況下なので、これからどうなるのか、目が離せません。




そんな物語上重要な役割を果たす「紫メダル」で変身するプトティラコンボ。




フィギュア本体。


デザインのせいか、凄まじいボリュームを誇っています。流石最強フォーム。

フィギュア後にあるプテラの羽は、簡単に取り外すことが出来ます。これは・・・エフェクトの可能性あり!?

まあ、装飾多過ぎますね、良くこの価格に収まりましたね・・・。

豪華です、満足。










プテラヘッド。

結構出来良いです。今までは顔だけがオーズ系の取り柄みたいなもんでしたからね・・・。

今回も良い感じ。勿論、その他も今回はバケモノレベルの良さですが。

そして、最大の長所が、プテラの嘴部分。クリアーパーツが使用されています。

オークォーツの境目ともあって、目立つ部分なので、これは嬉しい。









トリケラアーム、オーラングサークル、ドライバーなど。

アームですが、装飾多くて満足ですが、可動させにくくなっています。まぁ頑張れば普通に動くので無理言いませんが。

肩なんかもボリュームあって良い感じ。

オーラングサークルは・・・何だろう、何時もより目立たない感じがするのはw

まぁ、良いんですが、肩パーツが少し安っぽい感じがw

で、またドライバーが外れません。何でこういう無駄な事するのかなぁ・・・裏側から外しましたが。








ティラノレッグ。

ダイキャストwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

何故今になって使うのでしょうか、オーズ系は統一してもらわないと困る。1人だけダイキャストって・・・。

パッケージにも堂々と書かれてます、「ダイキャストを使用し、劇中の戦闘ポーズが接地性良く決まる」と。

ってか、どうせならオーズ系は全部BJで・・・いや、プトティラは装飾多いからこれで良いかw







テイルバインダー。

プテラの羽もですが、簡単に外れます、これは・・・魂ウェブでエフェクトセットの販売が?

はめ込む形なので、可動もします、よって良好。








ではでは・・・!



プテラ!トリケラ!ティラノ!

何故ラトラーターかって?

そりゃ、ロストアンクとの戦いが格好良かったからですよw



プ・ト・ティラーノ・ザウルース!

咆哮をあげ、冷気を纏い、プトティラコンボ登場!









恐竜らしき雄叫びをあげ、暴走するプトティラをイメージして、ファイティングポーズ。




咆哮・・・的な?






敵とのバトルをイメージして。

まぁ、プトティラいれば敵に全く脅威性が無くなってしまうのがオーズの欠点でして・・・。






メダガブリュー


アックス、ガンの双方が付属します。

これがまた出来が良いこと。

OCCでは黒一色だったのですが、今回はフル塗装は当たり前、それどころか刃部分はクリアー・・・8月分のバンダイにハズレはないようです。

今までのオーズの出来がアレだったのは、プトティラの為だったのですね!w

クリアーで、更に大きいのが評価ポイントかと。





アックスモード

ガブリューアクション。






敵を切り裂く!

刃の部分の出来が本当に良いです、マジでw






プ・ト・ティラーノ・ヒッサーツ!


ストレインドゥーム!

ガンモード=必殺技です。

普通の戦闘で使う事は無い。

この状態で飾るのが格好良くて良いと思います。











メダガブリューをタトバに。

フンフンフン♪フフフフンフンフン♪

電子音声でのノリ。

劇場版でのジャリバー&ガブリュー持ちが印象的過ぎます。









Withサゴーゾ。






暴走し、バースを襲うプトティラ。

伊達さんピンピンしてて吹いた、ちっとは驚けよ・・・。






全コンボ集合!



仮面ライダーオーズ、全コンボ集合です!

ガータ、ガタガタキリバ!ラッタラッタ―!サゴーゾ・・・!シャッシャッシャウッター!

タージャードルー!プットッティラーノ!タトバ!

歌が流れてきそうで恐いわ・・・!






こんな感じで並ぶとカッコイイですね。

「FULL COMBO COLLECTION」風。






以上、「S.H.Figuarts 仮面ライダーオーズ プトティラコンボ」でした~!

正に、汚名返上!な商品


今までのオーズとは出来がダンチ。



長所

・劇中同様に多い装飾、格好良いプロポーション。

・プテラヘッド(嘴)にクリアパーツ使用。

・メダガブリューにクリアパーツ。

・足首にダイキャスト

・全コンボ中最大ボリューム


短所

・トリケラアームの塗装が雑で、動かしにくい。


よって、短所がほとんどない素晴らしい商品に仕上がっています。

既存6コンボは何だったんだ・・・?いやぁ、これで飾ってる時に転倒する事も無さそうです。





龍騎といい、8月のバンダイはやけに頑張ってますね、プトティラから改心しました?

しかし、最初からこうしてくださいよ・・・何度も言いますが、今までのは何だったんだ・・・?







この商品は本当にオススメ出来ます!オーズ系ではバースを超える満足度。

オーズ系を集めるのを辞めてしまった人でも、うなずける出来のはずです。





それでは!
  1. 2011/08/20(土) 22:57:46|
  2. S.H.Figuarts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ULTRA-ACT ウルトラマンレオ

何気、今日で夏休み終わりだったりする。

まぁ、宿題は明日提出の物は全部終わりましたよ、一応。

明日テストあるけど、休み明けのテストは基本どうでも良いので勉強しない。返ってすらこないしねあれw

土曜日にプトティラコンボが発売となるので、その前に、ULTRA-ACTのレオの紹介です。







パッケージ。





付属品一覧


・ウルトラマンレオ本体

・オプションハンド×3

・レオキック再現用パーツ×1

・レオパンチ再現用パーツ×1

・レオヌンチャク×1

・カラータイマー(赤)×1



シンプルかつ素晴らしいまでの付属品。これだけあれば十分だr・・・レオブレラとレオマントが欲しかったなぁと思いつつも、リング取れないから意味ないや(汗

レオパンチなんて必殺技無いと思うので(あったとしてもイレギュラー)このパーツは攻撃用エフェクトとして捉えましょう。








「そして明日昇る朝日は・・・レオお前だ!」


・ウルトラマンレオ

・獅子座L77星の王子に当たり、宇宙拳法の達人。故郷がマグマ星人に滅ぼされた為、宇宙の難民として漂流していたが、地球を第二の故郷と決め、侵略者や怪獣から守って行くことを決意する。
生き別れとなった双子の弟に「アストラ」がおり、後に「ウルトラ兄弟」と認定される。
必殺技は「レオキック」「ハンドスライサー」など、格闘技がメインとなっている。



・・・・・はい、数あるウルトラマンの中でも、特徴的なヘッドと、「メビウス世界観」で唯一光の国出身でないレオがACTに!まぁ発売したの5月ですが(汗

レオと言えば、当時ではウルトラマンの常識を覆した革命的作品ではないでしょうか?

光の国の宇宙人でない事や、光線をメインの必殺技に持たない事など、ウルトラマンの中でも異色の存在である事は確かなはず。

光の国の戦士達は、ウルトラマンになった経緯に「プラズマスパークが爆発」の事件がありますが、レオは何故この姿なのでしょうか?カラータイマーも付いてるし。

STORY0では、バルタンが行った実験のせいで、光りの国のプラズマの暴走の光がL77星にまで届き、王族の男子のみ変身できるという設定でしたが、テレビ版では?レオが何故こんな姿なのか?未だに分かりません。

獅子座は光の国と兄弟星だという裏設定があるとの事ですが、やっぱSTORY0と同じ解釈で良いんですかね~。

光の国出身のウルトラマンと差別化を図る為に、「カラータイマーの限界は2分40秒」との事ですが。

そして、やはりレオと言えば前半でのモロボシダンからの激しい特訓!子供は怖がっていたようですが。

後半展開でのMAC全滅も忘れちゃいけません。

前作「タロウ」が秀作だったために、打って変わってのシリアス路線、大量に人が死ぬ描写多めで、視聴者から賛否両論が起きた凄い作品。

ファンからの人気は高いようですが。



まぁ、私は王道でチビッ子人気の「タロウ」、賛否両論で前代未聞作品の「レオ」よりも、地味な「帰ってきたウルトラマン」と「A」が好きなんですが(汗








で、フィギュア。

プロポーションは完璧です。流石ACT。

ただ、これと言って可もなく不可もなくな感じです、まぁそれが1番良いんですが。









ヘッド。

このヘッド、美術の鈴木氏によると「セブンを踏襲して鼻を強調した」らしいです。

たてがみとかヤバいよね、うん。

出来は良い感じです。






胸部&腕。

レオリング、着脱出来ませんw


まぁ、分かってたことですが。

しかしこれにより25話以前が再現出来なくて・・・!

近年のレオと割り切るなら大丈夫です。

で、胸周りも良し。

胸の獅子座の「レオ」を意味する紋章がカッコイイです。








で、今回の目玉。

足首、もう最高ですこの機構。

可動域を最大限考慮したジョイントとなっています。

最高ですよマジで。

ACTでこの機構が使われているのはレオだけ・・・初代マンもこんな感じだったと思うけど、動かしやすさがダンチ。

ティガ系はもう完結だと思うし、出ても別パーツだと思うので、ガイアにこの足首を期待してるのよ。







自作版アクションヒーローシリーズ(AHS)と。

自作版AHS、色暗っ!!!!


新マンを素体にソフビ被せてメタリックレッドで塗ったんですけどねぇ、どうしてこうなったwwww

こうして見ると、ACTって若干AHSより背が低いんですね。可動範囲の問題でだと思いますが。










ファイティングポーズ。

格闘技でメッタ打ち→ポーズが印象的でした。








キック!チョップ!レオはやはりこれに限ります。





カラータイマー


まぁ、勿論付属って事で。





レオヌンチャク


ケットル星人に対し、工場の煙突を変化させて使用した武器。

何街壊してんのぉぃ(ry

って、ウルトラマンが街を壊そうが守られる側は文句言っちゃいけないのですっ・・・!

良く出来た付属品です。

ただ、

ヌンチャク使ったのって、レオリング付けてない時ですよ


故に完全再現になりません、畜生。








二つのパーツはチェーン(マジで)によって繋がれており、表情付けが可能。






レオパンチエフェクト


レオパンチなんていう「必殺技」はありません。必殺技じゃないエフェクトが付くのはこれが初!?

・・・・あったかもしれないが、多分それはイレギュラーですよ・・・そうなんですよっ・・・!


色々と流用出来そう。

挟み込む形のエフェクトで、良く出来ています。










バッ!

空高くジャンプし・・・!






レオキック!


レオ最大の必殺技!

何気、円盤生物編では2度しか使われていませんが、それでもレオさんはこの技がお好き。

これも足に挟み込むことで完成。

本編ではただ脚が赤く光るだけだったので、これは「平成客演版」って事でしょうか・・・。

レオ本編を再現したければ足を赤く(ry







別アングルから。








シューティングビーム!


エフェクト無いし(←マイナーなので付かなくて当然)、これよりもエネルギー光球撮るべきだと思いますが、好きな技なので。

設定的には強い光線で、最終回でブラックスター破壊した凄まじき光線。こえぇぇぇぇ・・・。







「そして明日昇る朝日は・・・レオお前だ!」


最終回でのセブンと。

結局セブンの生死はメビウスまで不明でしたとさ・・・。

当時のお父さん世代は30年以上待たないとセブンの安否分からんというね・・・(笑








第1話再現。

セブンの脚が・・・折れちゃったーー!!







VSメビウス。

この時のレオ、

レオ「武器に頼れば、隙が(ry」とか言ってましたが、私は「おめーだってヌンチャクとか傘使ってんじゃけ!!」とか、本気で突っ込んでしまったw








師弟で。

やべぇ・・・かっこいい。






レオゼロダブルフラッシャー!


OVでの発使用となった技。

9月にアストラが来て、エフェクトも付属するので楽しみです。









エフェクトは、勿論他のACTに流用できます。

ゼロなんて下手すりゃレオより似合うぞ(汗







以上、「ULTRA-ACT ウルトラマンレオ」でした~!

リング取れない以外は完璧。こういうACTこそ至高だねぇ。

脚が可動を最大限考慮したジョイントになっているので、下手すりゃそれ以上。

付属品は少ないですが、レオのシンプルな戦法から考えれば、十分な数です。

9月のアストラも予約入れてるので、楽しみ過ぎます。







それでは!
  1. 2011/08/18(木) 23:44:50|
  2. ULTRA-ACT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ULTRA-ACT ウルトラマンティガ パワータイプ

今、いとこが家に来てるわけですよ。まぁ昨日からだけどさ。

私より2つ上で、山形県在住→現在東京在住の女子大生。

で、私は小さい時から虐められるんですよw逆らえないんですよwwww

で、祖母までがあちらの味方なんですよ、なんてこったいw今家にいる実の孫は私の方なのに!

で、今年もやってきました、悪魔。

私の部屋に侵入してフィギュアを一蹴。堪ったもんじゃありません。

で、私が部屋で寝てると勉強勉強と説教ですよ、こえぇ。

で、明日東京の大学に帰るそうです。あ~それにしてもおっかねぇ・・・。











何だかんだで本日は、ULTRA-ACTのティガ、パワータイプの紹介です。






パッケージ。





付属品一覧


・ウルトラマンティガ パワータイプ本体

・オプションハンド×3

・カラータイマー(赤)×1

・デラシウム光流再現パーツ(A、B)×2

・ゼぺリオン光線再現パーツ×1



う~ん、やはり豪華ですが、ハンドスラッシュ無くなりましたからねぇ・・・。

マルチ、スカイに比べ乏しく感じます。ビームを省ったイーヴィルより何倍もマシですが。

今回は、手首の付属パターンが従来のティガと異なっています。

マルチ、スカイ、ダークの、親指を畳んだ平手パーツが無くなり(別に要らないと感じていましたが)、イーヴィルに付属していた手を大きく開いた手首に。

更に、4本の指が揃っていなかった開き手も無くなり、4本の指が揃った見栄えの良い手首に。

両者ともに手首おパターンも良くなりましたが、後者の手首は付けてほしかったですかね。

デラシウムの溜めエフェクトが秀逸。












「ウルトラマンは一人で戦わなきゃいけない義務でもあるわけ!?」


・ウルトラマンティガ パワータイプ

ウルトラマンティガのタイプチェンジ形態の1つ。スピード、俊敏性は劣るが、その分凄まじいパワーを発揮する事が出来、体術を得意とする形態。力自慢の怪獣との戦闘の際に用いられる。必殺技は「デラシウム光流」など。









・・・・・はい、ティガの形態チェンジは、パワータイプで〆です。

赤い体色をしているので、1番「ウルトラマン」っぴですが、マッシブな体系なので・・・。

個人的には小さい頃は1番好きでした、今は地味なスカイの方が好きですが。

原理的にはティガトルネードと対になる存在で、それに光をプラスする事により、このパワータイプに・・・という事で良いのかな?

ゴルザ、シルバゴン、ゴルドラス、ガゾートetc・・・と、人気怪獣との戦闘記録にはいつもパワータイプが。


で、前回から約4か月遅れてのタイプバリエーションとなりましたパワータイプ。

マッシブに新たに素体を作り直したとはいえ、中途半端に揃った状態で4か月またっされるのは正直どうかと・・・(汗

オーズみたいに毎月連続とかなら良いんですけどね。やっと揃ったって感じです。

勿論マッシブになっています、安心。









顔。

今回の最も特筆すべき点です。

まず、額と目がクリスタル仕様に。

これにより従来のティガとはまた違った印象。勿論いい意味でですよ。

前回の丸顔も改善され、ティガ独特のかっこよさが出ています。これぞティガ!って感じの顔です。

前の顔がそこまで悪かったわけではないんですがねぇ・・・磐梯のサービス精神の表れとして撮ってます。






マルチと比較。

こうして見るとマルチの顔は潰れて見えますね・・・。

基本タイプって事で、マルチと換装するのもアリ。







ボディ。

やはりマッシブです。

肉厚なボディ、これじゃぁ確かに4か月はかかりそう・・・イーヴィルの方が先なのは未だに何とも言えませんが(ぁ








今回の最悪ポイント。

ビバ、絶望的なまでの可動の悪さ。

まぁ、肉厚なプロテクターに干渉してこその事ですが、やはりどうにかしてほしかったです。

これは全体に対して言える事でして・・・、特に脚とか。

可動に干渉しないようにマッシブな体系に・・・難しいとは思いますが、頑張って下さいw








脚。

ここもマッシブですが、可動に(ry

あと、個体差では無い事が証明された、脚のユルユルさ・・・。

他のタイプより重いだけに、ここでかなり幻滅です・・・。





ちょっとこのパワータイプは、可動・・・というより関節が他のタイプより問題があるようです。







ではでは・・・!



額のランプが光り・・・!



「ハッ!」

パワータイプにチェンジ!







ファイティングポーズ。





パワータイプと言えば、肉弾戦がメイン。

殴る、蹴るのアクションが主体になるかとw






カラータイマー


勿論、タイマーの赤Verも付属。

セブン以外のウルトラマンの標準装備ですね。

パワーは敵を圧倒してしまう印象なので、あまり赤タイマーが似合う気はしません。






スタンドを利用して、キック!





ゼぺリオン光線!


ガタノゾーア戦で使用したゼぺリオン光線が付属。

まぁ、利かなかったのですが・・・。

パワーが使う事自体イレギュラーなので、ボーナスパーツでしょうか。









太い造形になっていて、イーヴィルの物と同じ金型と思われます。

上から、マルチ、イーヴィル、パワー。

マルチとダークが同じ造形となっています。




必殺の・・・!




スッ・・・!

構えから。




体の前で掌を合わせ、球体を作る。

七つ集めれば願いが(ry






球体を発射準備!

そのまま一気に右手を前に!




デラシウム光流!


パワータイプ最大の必殺技!

ですが、パワー自体が体術や格闘主体というイメージなので、子の必殺技はあまりパッとしません。

シルバゴン、リガトロンなど、数々の怪獣を倒した技。







エフェクト拡大。

光の傘のようになっており、良く出来ています。







本体には付属しませんが、マルチ付属のウルトラシールドを使って。

本編でもパワータイプが使ってたはずなので。

ってか、魂ネイションで展示されてた物は使ってたはずなのに、何故本商品には付属しなかったし!









ゴルザと絡めて。

抱き着くシーンが印象的だった変態です←←







パワータイプといえばこんなシーンも撮りたいです。

しかし、怪獣無しでこのポーズを取らせるのには違和感が・・・って事で、シルバゴンと絡めて。

持ち上げるシーンは格闘戦士には必須。






ウルトラヘッドクラッシャー!


何気、「ウルトラマンFE3」でも使用可能な必殺技。

やはり、1番怪獣と絡める価値があるACTですかね、パワータイプは。





ウルトラマンティガ!


遂に3タイプ揃い踏みです。

爽快。

スカイだけで止まってたので、この日を4か月待ってましたw結構短い期間だったりするわけだけれども。







一斉に光線!

こんな状態で飾ってます。





以上、「ULTRA-ACT ウルトラマンティガ パワータイプ」でした~!

造形は100点満点。よくぞ改善してくれた!という商品。

ただ、可動とか関節が絶望的なのがネックでしょうかね~。きついのは分かりますが、頑張ってほしいです。

エフェクトに関しては文句なし。ゼぺリオンまで付けてくれるとあれば文句はありませんよ。

何より、ティガ3タイプ並べられる喜びは計り知れません!



最後に、まどかつばささん、ありがとうございました!




それでは!



  1. 2011/08/15(月) 18:07:00|
  2. ULTRA-ACT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

収穫と近況とお盆~霊が帰ってくるらしい~






どうも、夜遅くにこんばんは、サイクロンです。

何となく今日整理したフィギュア棚(一部)載せてみるw

最新映画スチール風、光の国風、ティガ揃い踏み、オーズ系、ダブル系、ディケイドライダーズな感じで飾ってますw

この下の段は、食玩とかがメインかな~w何にせよ整理するのに疲れましたw




こんな時間にPC点けるなんてめったに在りませんね・・・w




あ、部活、夏休み期間は終了しました。


10日に大会あって、11日に1日練習&バーベキュー、12日に1日練習で、とりあえずは終わりましたw

10日は地区のお祭り主催の大会で、優勝したらトロフィー+5万円なんですよね。

で、2位が3万円、3位が1万円。

夏祭り大会主催なので、太っ腹にやってくれるわけですよねw普通なら賞金とか貰えないし。




で、私達3人、まぁK高校Aチームなんですが、地区で2位でした~w何か嬉しいw

3万円貰って・・・部長も含んだチームだったので、部費にするという案もありましたが、十分あるので、個人の小遣いに。

賞金3万円÷チーム3人で、1人1万円の賞金です、やったーw

これで来月分のフィギュア代は足りますね、この1万円は即ブタの貯金箱行きですw








で、11日のバーベキューで結局2500円の出費ですよ、どうするよ俺orz

まぁ楽しかったので良いですが。


12日は練習の後で担任の先生に食事誘われて、結局前日と同じように夜遅くの帰宅・・・w

私、人から誘われるとどうしても断れない性格なので、「行かなきゃ良いじゃん」とは突っ込まないでくださいw

担任、結構毒舌で変わり者なのですが、良い人でした。

去年の担任の数学教師と滅茶苦茶仲悪かった分、そう感じる節が大きい。

あんな暴言吐いてもやはり教師って分かってるんですね、生徒の事。

女の先生なんですが、中々気が合うかも。私も変わり者思考なので。

担任に食事誘われて、最初は「うわぁ・・・」とかだったんですが、2時間中々楽しい時間でした、案外w

担任兼顧問なので、何処にいても常に「先生」なので、ちょっとポイントは高くしておかないとな~。

私の成績が段々落ちてるのが難点ですが!







ふう・・・前の日3日間の日記終わり!

今日は、お盆休み突入という事で、大掃除なんかしてたクチです









こんなんで掃除とか言いきってますw

BLEACH全巻ローラーボックスに収納、机にあったもの寄せ集め、教科書を並べただけ。

まぁ、実を言うとまだ完全に掃除終わったわけじゃ(ry


お盆は霊が帰ってくるとか言いますし、ちゃんとやらなきゃ曾婆の霊が・・・あわわわww

明日も休みだしぃ~とか思ってしまう。


で、宿題の方ですが。数学と英語は完全に終わりました、しかしそれ以外全く手を付けてませんと言う感じ。


昨日は英語を白紙の状態から徹夜して1冊終わらせました、徹夜で勉強とか初めてやったけどすげぇなw

化学を終わらせればあとは楽なものばかりでしょうかねw

今日は徹夜で化学やろう!

















今日の収穫


SHF シンケンレッド 志葉薫Ver.

ULTRA-ACT ウルトラマンティガ パワータイプ、ウルトラマンレオ


姫レッドはスカルさんに頼まれていたのですが、発売日の昨日は上記のような事があり、今日買いに行きましたとさ。すみません(汗

で、売り切れかと思いきや、駄々余り。多分1個も売れてなかったんじゃないかと(汗

レビュー見ますと、通常のSHFより頭1つ分小さいとか。流石女性戦士。

スカートはポーズによって付け替える仕様だそうです。可動式スカートしか使わねーよ、私は。

思えばスカートを履いたSHFってこれが初めてなのね・・・。

9月には残りの2人が発送らしいですが。

とりあえず、スカルさん、遅くならないうちに発送します!



パワータイプは、この辺りで全く入荷せず、困っていたところ、ブログでお世話になっている「まどかつばささん」がウルトラマンフェスティバルに行くと言う事なので、代理で購入していただきました、本当に感謝です!

お返しも遅くならないうちに。















お盆休み、久々の休みです、羽を休めよう・・・!

とか言いつつ、明日はミニプラの豪獣神買いに行く予定ですが。








PS.

記事描いてたら日付変わってた件wwwwwwwwwww

「今日」の表記を「昨日」に、「明日」の日付は「今日」に脳内で直しておいてください・・・!











それでは!
  1. 2011/08/14(日) 00:10:42|
  2. JOKER日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「奇襲とプロトバースと愛の欲望」

先日のオーズレビューです。

あれだけ叩かれてたオーズも、後半に入ってガチで燃える展開になってきました。




真木博士から、カザリ消滅を宣告されたアンク。

「死んだのか?」「随分人間に慣れてきたんですね」のやり取りに吹いてしまった・・・w

・・・って、お前がやったんじゃけ!





奇襲計画


「守るより攻め」!

映司は「真木邸宅に奇襲攻撃」の作戦を提案。

完全にバースドライバーが壊れてますが、、、、。

里中さんナイスです♪新たな試作品バース「プロトタイプバース」のドライバーを提供。









そして遂に・・・敵の本拠地へ奇襲!

遂に決戦!・・・です。








まず、煙幕で敵が集う場所へ攻撃!







「お前もグリードらしくなってきたな・・・!」


その中で映司は、咄嗟にアンクに飛びかかり、コアメダルを奪い返す。

因縁の関係・・・どうなる!?






「仮面ライダーオーズの幹部クラスの敵は、低レベルなトラップに引っかかります」



ウヴァさん、ウヴァさん・・・!

仮にオーズを知らないライダーファンがいたとして、これを説明したらどういう反応をするのだろう?

絶対疑うに違いないwwww


お菓子に仕掛けられた爆弾に、落とし穴に、網に、それぞれ引っかかりますw

メズール様はバースに攻撃されたから仕方ないとして、ウヴァさんとガメたんは重症だろ・・・もうダメだorz。








アンクは映司と向かい合い、カザリの黄色コアメダルを取り込む。

するとアンクは、失ったコアメダル3枚は信吾の身体で補うと語り始める。

・・・・・え!?唐突な発言ですが、それごとメダルの器にするとおっしゃっています。



結局泉刑事の身体はどうなってしまうのでしょう!?

もうアンクがどういう状態でオーズが最終話を迎えるのか分からなくなってきた・・・!

まぁアンクには生きててほしいです、自己中ですが。








必死で罠から掻い潜ってきたグリード達。

そこをバーズ&里中さんのバースバスターでずどんwwwwwwwwwwwwww

オーズって、「最も敵幹部が弱くてヘタレなライダー作品№1」で行けると思う。







映司とアンクの生身の戦いの中、映司がメダルパッドを落としてしまう。

そこを真木博士が拾い上げ、映司の中の紫メダルを活性化させ、追い詰める。









恐竜グリード「ギル」


「急がなければなりませんね、私も・・・!」

自身の体内のメダルを呼び覚まし、真木さんグリード化!

先週チョイ出の存在でしたが、今回で本格的に姿を現しました真木グリード。

その凶悪な破壊波動で、周囲を震撼させる・・・!



何だろうか、口とか顔がキンタロスにしかw

顔から下はカッコイイですが、顔面があまり好きなデザインではないです。






「あ~あ、見ーちゃった見ーちゃった(ry」


アンクは全てのコアメダルを取り込むが云々らしくて、真木と密談中。

ですが、グリード3体にばれてしまいます。

で、問い詰めるメズール様。ウヴァとガメルが完全にお供その1とその2にしか見えないwwww





舐められてメダル返されますよ、情けねぇ・・・!


お前等どんだけアンクに舐められてんだよ・・・!

「メダルメダルと・・・!」ドンマイ、グリード御三方ドンマイww

で、それに子供のように群がるウヴァとガメルwwwwwwww

お前等にプライドはないのかおい(ry












メズール様完全復活です


エロいなぁメズール様は。

アンクから支給された(笑)コア9枚で、遂に完全体へ昇華!








愛の欲望


メズールは足りない愛を求め、親子を卵の中へ閉じ込める。

それで満たされる欲望・・・!

「で、何がしたいの?」とは突っ込んじゃいけませんよね、すみませんw









ラッタラッタ―♪ラトラーター♪


ラトラーターキタァァァァ!!

私得展開です。最近ラトラーター使用頻度増えて嬉しい限りです。

で、熱線攻撃を使いますが、完全体となったグリードには通じません。







徐々に追い込まれていく、っていうか完全に苦戦するオーズ&バース・・・。







超久々の「トライドベンダー」


オーズは最寄にあったライドベンダーとトラカンを融合させ、トライドベンダーへと。

超久々!これが最後の登場でしょうね。








メダガブリューを備え、メズールと激戦!

なるほど、トライドに乗ったのはメズ様のスピードに付いて行くためだったのですね。








遂にメズールを・・・!


ラトラーターのメダガブリューでの必殺技、初めてですね。

ソングが良い感じ。








あぁ・・・メズ様ァァ!!

ラトラーターが活躍するのは嬉しいですが、その喜びよりメズール退場の方が悲しかったりw







メズールがいなくなった悲しみを埋めるために、咆哮し続けるガメル・・・!

お前の苦しみ、痛いほど分かるぜ・・・!













・・・・・はい、今回の話はここで終わりです。

メズール様が・・・!

ラトラーターの活躍っぷりの多さに驚き、喜びつつも、メズール様の退場がショックでw

やっぱコア破壊されるとたまったもんじゃないのねw

最近面白くなりましたし、ラストが楽しみな節であります。

まぁ、グリードが情けなすぎるのはもう・・・ねw










次回!





メズールを失ったガメルは・・・!?

伊達さんが帰ってくる!?

「どっちかが生き残るか・・・だな!」

遂に映司が完全にグリードに!




次回はアンクの完全体と映司のグリード体の一騎打ちです!

後、伊達さんが・・・!Wバースwwww

ガメルの退場フラグが滅茶苦茶立ってるんですがwwww






いや~、オーズがここまで面白くなるなんてw


次回が楽しみです、いや、今度はマジで!








では!






  1. 2011/08/09(火) 21:08:58|
  2. 仮面ライダーオーズ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「将軍と21のコアメダル」






さて、タイトル通り。

本日は忙しかったのですが・・・インターハイとかインターハイとかインター(ry

何とか時間確保して観てきました、一人で。

正直オーズは(ry・・・な状態だったので、見に行かないつもりでしたが、親が強制的にチケット買ってきて・・・、そりゃあカブト以降毎年夏映画は行ってるけどさ・・・オーズは何かねw

ってわけで、今回は早速映画のレビュー記事です。

仮面ライダーオーズ「将軍と21のコアメダル」


あ、最初に言っておきますが、完全にパラレル映画ですので。


・伊達明が当然のように仲間、そして変身

・コンドルメダルがアンクが持っている。

・アンク(ロスト)が存在せず、ウヴァが・・・。

・コブラ・カメ・ワニは現代に持ち帰っているが、テレビシリーズでは・・・。



まぁ、分かってはいましたがね、割り切って見るしかないです。ってかオーズはまともにテレビとリンクする話が無いですね・・・。




映画としての評価=下の中



酷い。下の下というわけではないですが酷い。

まず突っ込みどころが多過ぎます。

「え!?何で!?」「何でこうなるの・・・!?」な展開目白押しで笑えるw



おかしな点だけでなく、悪い点なども軽くまとめてみると

ガラの使い魔が「一生ちょんまげにする代わりに500万円etc」


世界を滅ぼすとか言っていて、こんなくだらない、ってか意味不明な事やってます。

それで欲望が溜まり、メダルが増える。

真面目な顔して支配者を名乗ってる錬金術師がやらせる事じゃぁ・・・!

まぁ、使い魔のベルって子が元々そういう明るい感じなのですが、それでも世界が滅ぶか否やの縁でこんなやり取りはおかしい、笑えて来ます。

結局爬虫類コアの入手経路が結局分かりません


徳川吉宗が「徳川家への献上品だ」とか言うのですが・・・それだけ!?

どうなって徳川に転がり込んだのかも不明。それでブラカワニコンボになられても・・・。

人々が生身でナイト兵と戦ってるのに、映司はアンクをピンチにさせてまで変身・・・


江戸の街で、鵺ヤミーがいるのはたしかにありますが、吉宗や民衆がナイト兵と戦ってるのに、オーズに変身はないでしょう、しかもアンクに残されたたった1枚まで使って!

で、最終決戦の時に、タカは「ごめ~ん、実は持ってたよ~、気付かなかった~(汗」みたいな感じですからね、ふざけ過ぎ。

映司の行動が意味不明過ぎます


どう考えても「そこは迷わないだろ・・・!」と思うような質問を投げかけられ、何故か葛藤、本当に良く分かりません、ただただ葛藤w

しかも映司の出した答えが更に意味不明。取って付けたようなフレーズばかりで笑えます、ガチであれは視聴者なめてんのかな展開です。

唖然です、「そんな綺麗事が通じるわけ・・・通じたらそれはそれでギャグだよな、マジでw」とか思ってたら、それで周囲が納得して、良く分からない理論で全員助かります。

もう突っ込むを通り越して呆れましたよwwww

(ブラカワニ除き)終始タトバコンボwwww


色々あってトラとバッタ以外使えないんですよね、タカは・・・ネタバレになるので伏せますが。

なので全然楽しくありません。戦闘も燃えません。バトルが最後意外超手抜き。

ガラ怪人態との戦いも楽しくないです。

最後グリードがメダルを・・・!


ネタバレになるのであまり触れませんが、グリードが最後オーズにあるまじき行動をします。

テレビ版の奴等なら絶対にしません、今回のグリードは・・・偽物だっ!

観た時は驚きました・・・しかしこれは悪いところとは言い難いですね、映画ならではと言った感じかな?

ガラも意味わかんないw


こいつって結局何なの!?

「古の錬金術師」との事ですが、・・・・・で、何がしたいの!?

結局はただの人間じゃねぇの?

メダル使ってヤミー作れるし、メダルを武器、強化に出来たり・・・しかもその理由が分かりません。

メダルを使いこなせる理由が・・・まぁ製作者なんだからなんでしょうけど。怪人化とかもうね・・・ギャグにもほどがあるわw







良い点、気に入った点



オーズの全コンボが何故集合してるのかは予想通り過ぎて吹いたw


まさかな・・・ネタじゃなかったんだな、やりがやったよ・・・マジでやりやがったよ・・・!

恐らく皆さんが思ってる通りのタネだと思います、難しい理論じみた事じゃなく、ごく普通の「あの方法」で変身。

先代オーズが失敗した(という設定を適当に)全メダルスキャニングチャージやる、というのも候補のうちでしたが、違いました、もっと単純。



しかし、この集合は良かったです、素直に。変身するごとにそれぞれの歌がガタキリバ→ラトラーター→サゴーゾ→タジャドル→プトティラ→ブラカワニ→タトバの順に流れたのは燃えた。

これでガラに一斉攻撃ですからね、燃えますよ、最後のバトルだけはは迫力ある、それは事実。










フォーゼ登場の演出の上手さ


正直ね、全コンボ集結とフォーゼ登場以外にこの映画の長所がね(ry

フォーゼの登場が個人的に良い感じ。

持ってき過ぎず、空気過ぎず、って感じ。

「ディケイド」に出てきたダブルは強過ぎてもはや主役級の活躍、前作のオーズは変身ソングで驚きながらも活躍はまあまあ。

今回も良い初登場は飾れたかなと。

オーズとのタッグが良い感じです。無理矢理感はありましたが、新ライダーって事で、大目に・・・!

本放送が楽しみです。















で、総評ですが。

前作と比較しちゃうのは・・・ね、しょうがないですが、それに目を瞑ってもやっぱりひどいというか・・・w

良い所もあって、エンタメ性には富むところもあるのですが、やはり敵ライダー不在はキツイww

まぁ、こけそうだな・・・とは前々から思ってたのですが、これは映画レビューではどうなんだろ・・・?

とにかく、これから見る方に対しては止めはしませんが、金払ってみる価値は無いです・・・。

全コンボ集合とフォーゼ登場は良いですが、バトル、ストーリー共に色々可笑しい点がありますw



暑い夏に寒いギャグ映画を製作なんて、さっすがオーズだぜっ!

しかも突っ込みがいません、皆真面目にギャグとかコントとかやってます、すげぇw


まぁ、強いて言うならテレビのオーズと何ら変わりません。劇場クオリティでは決してありません。

テレビシリーズでやっても良いレベル。








では!
  1. 2011/08/06(土) 21:53:34|
  2. 仮面ライダーオーズ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「完全復活と全員集合と君の欲」

やべぇ、オーズ感想何週書いてないってよw


もうオーズは殆ど見限っていたんですよね、だから書く気にもなれんかったw

しかしまぁ、最近また面白く・・・って事で、今回から最終回までは毎回書くと思いますw

では、今週の意オーズ感想を!
















アンクは真木に交渉を促し、コアメダルの器になろうと・・・。

完全にワルですね、アンクw









復活したウヴァを引き連れ、グリードの拠点に協定を申し出るアンク。

ウヴァさん復活です、ネタキャラ復活です、おめでとう!

だが、カザリは「自分が率いて来たのに・・・!」な理論で、アンクが主導権を握ることに不快感を覚える。

もうちょっと良い児になろうねカザリ君。欲張っちゃダメだよーw












で、主役サイドの3人。

傷を治療中に、研究所のPCが突如点灯。

アンタ空気化したと思ってたのに・・・鴻上会長登場です。

コアメダル、グリードの秘密を語ると言い張る。

いやいやいやいや!そのネタ何回目だよorz。







「ようこそ!王の部屋へ!」


映司達は、鴻上ファウンデーションの地下倉庫への入出許可を与えられる。

すると、そこには・・・タトバwwwwwwwwwwwww

まさかのオーラングサークルですw

鴻上は、3人に謎を話し始めるw










その頃、遂にカザリ君がプチンと来たみたいです、アンクに八つ当たりw

お前・・・もうちょっと素直になれよw破滅するぞwwww









で、で!ウヴァさんも参戦っすよ!


「何時かの借りを返さんとな・・・!」

前は「2vs1は卑怯!」とか言ってましたが・・・。

ああ、とりあえずウヴァさんが自分に都合悪くなると矛盾発言も平気でする人ってのは分かったw

今回はウヴァさんファンに堪らない回ですよ!









グリードの秘密・・・って良く分かりません、ってかこのネタ前も使わなかったか(汗

いっぱいになればまずいとw今のカザリ状態ですね、あいつ危ねぇw










嘘だろ・・・?ウヴァさんがこんなに活躍するなんTE!


今まで哀れで可哀想な扱い受けてた分、今回の話だけ見るとウヴァさんが格好良く見えますw

ってか、完全にウヴァとカザリのポジションが何時もと逆にwwww


今回はカザリが何時ものウヴァっぽい印象w

カザリが吹っ飛んで、クワガタコアとカマキリコアを取り返します。





結局お前等メズール様の犬かwwww


カザリにトドメを刺そうとしたアンクとウヴァ。この3人をメズール様が止めに入ります。

ウヴァはまた余計な事をwwww


「メズールに助けられたな!」何時ものカザリならウヴァを虐めますが、今回のカザリは何も出来ませんw








そして、ガメルにこっそり作戦を持ちかける。

「メズールがいなくなったら~~」カザリ君卑怯よ、マジねぇわコイツw









鴻上から話を聞いた後、映司達は自分の欲を埋める為、旅に出ることに。

疲れて眠ってる映司。











遂に揃ったグリード


映司の行く手をアンクが阻む!

グリードが遂に揃いました、アンクは・・・こいつだけ人間態なのが笑えるw

「とおせんぼー!」と言うガメルが可愛い。












メダルを吹き飛ばし、嘲笑するアンク。

そしてそのメダルを必死に庇う比奈・・・。

どうしてもアンクを助けたいようで・・・!

しかしまぁ、簡単に「お兄ちゃんと映司君を助ける!」となってしまいます。









「俺にとっては得だったけどね!」


ラトラーターのメダルを取り返す!

映司が遂に変身・・・!か?











と、そこへガメルを騙し、利用したカザリが映司からコンボメダル3枚を掻っ攫います。

やべぇ・・・完全体フラグだw









カザリ完全体


まさかね、1番早く完全体になるのがコイツとは誰もね(ry

完全体になると髪が伸びます、それだけです。はい、終わり!





後藤さんカッコ良過ぎる回です!


完全体になったカザリに果敢と挑むバース=後藤。

グリードに対しては弱いらしいですが・・・そんなの物ともせず、立ち向かう後藤さん!

カッコ良過ぎだぜ・・・!勿論ボコボコにされますが、ブレストキャノンで深手を負わせることに成功します。







バースが作った最後のチャンスを利用し、プトティラコンボで体内のコアを撃破!

カザリざまぁw



そのままカザリは逃走していきますw









「ドクター・・・僕をメダルの器に・・・!」


カザリは遂に真木さんにまで助けを・・・!

お前ここまで堕ちたのかよwwww昔は真木さんを手玉に取ってたのにねぇw










「暴走しない君になど用はありません・・・!」


そして、予想通り真木の魔手が。

その瞬間、グリード態に・・・!

コイツが散々引っ張った挙句の「ギル」ですね。

ドクターも昔は飾りの下だったのにねぇ、真木さんも下剋上したのかw

ってかグリード態カッコ良過ぎるわマジで。









這いつくばった挙句、ライオンコアは砕ける。


カザリ退場です。今までの3人はコアが壊れてなかったし、体が分解されただけだったので消滅ではありませんが、今回は間違いなく「消滅」。

もうカザリの出番は無いでしょう。

カザリがグリードの中ではウヴァと並んで好きですが、流石に「ざまぁ」ってなりましたねw















はい、今回はここで終わりです。

カザリ退場。あんなにいきがってたやつが最初に退場です。

そして、何と言ってもウヴァさんの活躍!キャラ違いじゃねぇの!?あんな扱いになるのはw

真木さんもグリード化して、オーズのゴールが見えてきました・・・!

未だに後4話でこの伏線どうやって回収するか分かりませんがw

オーズの事だから伏線オール放置もあり得るw







で、このまま毎回グリード1体ずつ退場という事でしょうかね!?





次回!








真木邸宅に遂に侵入!?

プロトバースとは!?

次回はメズール退場フラグ・・・!?







オーズ・・・伏線が全部捨てられそうなw










では!
  1. 2011/08/03(水) 23:22:37|
  2. 仮面ライダーオーズ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。