ROAD OF HOBBY IN FC2

本業はYAHOOの方ではありますが、こちらでも似たようなそうでないような事を書いていきます。 FC2に関してはひよっ子なので、宜しくお願いします〆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魂WEB限定S.H.Figuarts 仮面ライダーフォーゼ ロケットステイツ

さて、今日届いたロケットの紹介です。

ぶっちゃけて言うと、まだファイヤーステイツ買ってないです。





パッケージ。

今回は内容物上、パッケージが若干横長仕様に。




付属品一覧


・仮面ライダーフォーゼ ロケットステイツ本体

・ロケットモジュール×2

・オプションハンド×2

・ロケットモジュール用エフェクトパーツ×1


実はオプション少ない件w

ロケットモジュールは当然の如く2基付属しますが、それは標準装備なので当たり前としても、その他のモジュール遊びが出来ないのはちょっと悲しい。

劇中ではドリルを使用してたんだから、せめて流用以外の形で使用させたかった。

噴射エフェクトが1つしか付かない・・・しょうがないですよ、バンダイですもの。







撫子を・・・お前の彼女を助けるんだ!


・仮面ライダーフォーゼ ロケットステイツ

仮面ライダーフォーゼがある経路から入手した[ロケットスイッチスーパーワン]を装填する事によりステイツチェンジした姿。カラーリングがオレンジになった他、両腕にロケットモジュールが標準装備となっている。両腕にロケットモジュールを装備している為、本来のフォーゼより機動力、加速力ともに上昇しており、パワーダイザー無しで宇宙空間へ行くことが出来る。必殺技は両腕のロケットモジュールの噴射で超加速しながらキックを放つ[ライダーきりもみクラッシャー]と、更にドリルモジュールを装備した[ライダーダブルロケットドリルキック]



・・・ってわけで、2011年の劇場作品[MOVIE大戦MEGAMAX]より、映画限定のロケットステイツが登場です。

元々このステイツは例年だと中間フォームっぽいデザインだと私は思う。

基本形態で培われた持ち味を更に強化して味を出す。これぞ中間フォームの極意。

ですがコイツは劇場限定フォームに留まってます。タジャドルとかファングはちゃんと本編に出たのに・・・。

フォーゼ本来の味を最大限生かしてあるので、私の中でこのステイツはかなり評価高いです。

ロケットを両腕に1つずつ。やっぱりやり過ぎだと思うくらい派手なのがフォーゼには丁度いい。

正直テレビ本編に出ないのが本当に悔やまれる。フォーゼと言うキャラクターの味をストレートに伝えるのに相応しいと思うし。


好きとか嫌いとかはあまりコイツに対しては無いのですが、とりあえず良い意味でフォーゼらしいステイツである事は確か。

何度も言うけど映画だけに留めておくには本当に勿体ない、そんなフォーゼの魅力が詰まったステイツだと思いました。




フィギュア本体。

スーパーワン以外はベースステイツの完全リぺ。

ですが、ベースの白色をオレンジ色にリぺるだけで大分マシに見えますね~、やっぱりオレンジのボディと青い複眼がマッチしてるw

今回はベースステイツよりも塗装に工程がかかっているように思えます、よって塗りも丁寧。







ベースと比較して、マスク。

ロケットステイツがマスクの出来悪く見えないのは何故・・・!?

恐らく、ベースステイツの顔の出来の悪さは塗装の問題にありますね、複眼はやっぱオレンジだったw







フォーゼドライバー。

ここのみベースと違う部位。

ロケットスイッチ→ロケットスイッチスーパーワンに。

何かコレジャナイ感が・・・まぁ許容範囲ですが。






ロケットモジュールは2つ付属。

ですが、基部が白色かオレンジ色かで「右腕用」「左腕用」が区別されてます。

一番右はベースステイツ付属の物。







取り付け方は今までと同様。


正直、右腕の肘以下の需要は全く無いですっ!!


リミットブレイク時に左腕のモジュール外しただけなので、正直このステイツに右腕の肘以下要りませんでしたね・・・。

あとオプションハンドも。





仮面ライダーフォーゼロケットステイツ完成!


両腕にロケットモジュールを取り付けて、ようやく完成です。

両方の余った腕はry




ではでは・・・!



ロ・ケ・ッ・ト!ススススーパー!




ロケット・オン♪


ロケットステイツ登場!レム・カンナギ配下のミュータントと戦います。





取り付けたモジュールは、普通に武器として使用してました。





飛翔!





ベースステイツ同様、ロケットモジュールを使用してのパンチも可能になります。





敵の攻撃を避けたり。




ロケットは2つなのにエフェクトは1つ、これぞ大手企業のバンダイw


ここで登場しますは、[噴射エフェクト]

ロケットステイツのモジュール専用エフェクトです。

炎ってのは強火になれば青い炎となるので、このエフェクトには納得w

ですが、1つしか付属しないのは本当に何故!?

1つしかないエフェクトに金取られてるんでしょうか?究極にアホ臭いです。

バンダイは消費者を舐めてるの?

今回は流石に怒りしかありません。

あと、エフェクトを付けると当然重くなるんだから、魂STAGEも付けなきゃアカンでしょうに・・・。

「エフェクトで重くなって支えられない!そんな時はエフェクトパーツセットをもう1個買ってね♪」というバンダイのメッセージなのでしょうか。

有り得ねぇ・・・信頼度無くすから辞めた方が良いよそういう商法。1個しか付けないんだったら高くすんなw







早速使用!

最低なバンダイはエフェクトを1個しか付けないのは愚か、支える為のスタンドすら付けてくれなかったので、ベースステイツとヅ時発売のエフェクトパーツセットのスタンドを使用。


ですが、左が寂しい事に・・・!





左にもエフェクトを流用。

両腕でエフェクト違うのはスルーの方向で(汗

・・・あれだ、左腕は右腕に比べて出力が弱いんだよ!





突撃!




リミットブレイク!




ライダーきりもみクラッシャー!


両腕のモジュールで加速して、キック。

ミュータントを撃破しました。




ライダーダブルロケットドリルキック!


ドリルモジュールを装備して。

コイツはスーパータトバコンボと一緒に放ちました。

来月発送なので、楽しみです。






フォーゼ3ステイツ。

ファイヤー早く買わないと・・・!

本日発売のファイヤーですが、5月になったら購入予定です。






以上、SHF仮面ライダーフォーゼ ロケットステイツでした~!

出来の悪いベースステイツのリぺなので不安でしたが、しっかりと塗装されていたので、その辺は安心。

塗りが適当だったベースに比べ、かなり劇中に近い配色になっただけでなく、鮮やかな色になってました。

やっぱり、ベースの出来の悪さは塗装の適当さだったのですね・・・。


しかし褒められるのそこだけ。

ロケットモジュールと本体、エフェクトだけで3,675円ですか、そうですか。

左の肘以下は若干必要でも、右腕と右腕のオプションハンドほぼ要らない。

変な物付けて値段上げてんじゃないよと。



そして、一番の問題はエフェクト。

出来云々の前に、何故1つしか付けないの?2つ付けても全然余裕なはずなのに。

あと、エフェクト付ければ重くなるんだから、勿論スタンドも必須なはず。流用が出来るとはいえ、全然気が利いてないです。

あとドリルも付けるべきでしょうね。ベース持ってない人のためにも。




正直エフェクトパーツセット持ってない人でこれ買った人はかなり悲惨な重いするんだろうなぁ・・・。

バンダイの怠慢が目立つ、嫌味臭い商品になりました。出来は悪いわけでは無いですが。





それでは!
スポンサーサイト
  1. 2012/04/28(土) 19:57:38|
  2. S.H.Figuarts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[近・況・報・告]とコンパスは(ry

注意:見たら必ずやること。題名を『コンパスは神だ!』にすること。

ルール:今から「PC 」または「音楽プレイヤー 」などの機器で音楽をランダム再生していただきます。
そして最初の曲から20 曲目までを答えなければいけません!
 
 
 
 
 
1,創聖のアクエリオン/AKINO
 
2,Naturally/園咲若菜(飛鳥凛)
 
3,world LOST world/UVERworld
 
4,take it a try/相川始(森本亮治)
 
5,カロン/ねごと
 
6,ウィーアー!/きただにひろし
 
7,チャンピオーネ/ORANGE RANGE
 
8,Paradise Lost/矛原実里
 
9,sailing day/BUNP OF CHICKEN
 
10,STAY GOLD/Aqua Timez
 
11,TAKE ME HIGHER/V6
 
12,Ultimate/UVERworld
 
13,メメント・モリ/Aqua Timez
 
14,希望の咲く丘から/Aqua Timez
 
15,アフターダーク/ASIAN KUNG-FU GENERATION
 
16,wish/柴咲コウ
 
17,It's My Life/YUI
 
18,Extreme Dream/Loder day
 
19,Everyday、カチューシャ/AKB48
 
20,LIFEsize/UVERworld
 




 
楽しいバトンをありがとう、私はこんな感じでした。
 
ジャンルがバラバラ過ぎてwwww
 
J-POPなのかアニソンなのか特撮ソングなのかアイドル系なのか。
 
私のには色んなのは入ってるとは自覚してるけど、それでもこれは一体w
 
Aqua TimezやUVERworldは入れてる比率高いだけにめっちゃ来ますw
 
レンジなんてチャンピオーネ1曲だけなのに来たしw
 
 
若菜姫のNaturallyが2曲目に!!

これだけで十分・・・充分ですッ・・・!
 
 
 
 
 
 
 
 
○今日のフォーゼ
先週の予想通り、アリエスこと山田は魅力も何も無いキャラでした、鬼島のようにはなれずに終わりましたねw
 
幹部なのにゲスト怪人と何ら変わらぬ扱い。中の人ディケイド版レンゲルなのに。
 
コズミックスイッチのどうたらこうたらで弦太郎が復活w
 
「本心が見れて嬉しいよ流星!」と言って一回死ぬ→復活して「俺とお前がやろうとしてたことは同じだ!」
 
この人馬鹿なんじゃないですか?
 
良い奴とか懐の広い奴とかではなく、ただの頭おかしい高校生。
 
賢吾「そんなもんじゃないだろ!君の非常識は!」
 
私「ええ、だって本当に非常識ですものこの人」
 
何より最近1番思うのはやはり美羽と隼が以前のような濃いキャラにならないことw
 
あそこで処刑されてもはっきり言ってこの2人は文句言えない、卒業した高校の問題に関わってるからそうなるんだよry
 
そしてやっぱり存在感が無くなってるw前半は独特のキャラで一際目立った2人だったけど流石に賞味期限切れ。私もすきだったけどもう良いや。
 
前回なんて出てきたシーンすら覚えてないし・・・あれ?ダイザー乗ってたぐらいじゃないか?
 
良かった点は流星パートがしっかりしてた事。
 
次郎が微妙な状態で何で俺はあんなことしたんだ!ってなるのには大いに突っ込んだけど、その後にダスタードに生身で突っ込むのはかっこ良かった。
 
こっちがメインライダーで良いよもうw
 
ぶっちゃけて言うと、今回がメテオストーム回で良かったかも。鬼島を倒すのがコズミックじゃダメなのか?
 
地味に今回の最大の穴は度を越えてウザ過ぎる弦太郎でも変な脚本造る山田でもなく結末だと思う。
 
昴星のその後のフォロー無し。ただ芽衣ちゃんが次郎と面会して終わりwそれだけw山田が目覚めない?そんなのフォローになってないわカスw
 
次回ようやくレオと直接対決。修学旅行の時に十二使徒とか迷惑以外の何物でもないな。
 
そして頼むから弦太郎はいい加減大人しくして。
 
 
 
 
 
 
○今週のゴーバスターズ
よりにもよって空気キャラのヨーコ回とはw
 
始まってすぐに空気キャラになっちゃたヨーコですが、ここにきて見せ場全開。
 
ただやっぱりリュウさんやヒロムメイン回に比べプッシュも話の質も低レベルw
 
そもそもヨーコに比重を置くとゴーバスっぽさが薄れる気がしないでもないんですよね・・・ハードなドラマ作りを期待してるのでw
 
だからヨーコは「必要な一年間の」空気要因ではないでしょうか。彼女を犠牲に他キャラが立つのもなんか不自然ですがw
 
ウサダは相変わらずの嫌味キャラでなんか好きだなwエンターとの駆け引きでも「助けられてやる」とか言ってるしw
 
何と言っても今回最大のみどころはエンターさんがあんな糞みたいな罠に引っかかって憤慨するシーンでしょうw
 
怒りを露わにして怪人体に・・・はなりませんでしたw
 
普通に考えてエンターは13年前にあちらの世界に飛ばされたエネルギー管理局の元人間っぽいけど、メサイヤを裏切るフラグ立っちゃてるし、ある意味ゴーバスの見所はエンターに集約されてるのかも。
 
メガゾード数体相手にはゴーバスターオーで潰しにかかると思ってたけど違うんですね。
 
今回はαタイプ2体に対して3体全機がアニマルモードになって嬉しかったです。
 
次回はお姉さんキター!って感じで。
 
イマイチ盛り上がりに欠けてると思う最近のニチアサ。ここは思い切って次回のゴーバスように美女を大量導入する話を連発してみてはいかがでしょう?
 
 
 
 
 
 
○昨日は
 
地区予選でした。所詮個人戦なので、全然やる気出ません。そもそも何もしなくてもみんな県大会に出場できるので、その県大会で配所復活戦みたいになるわけでw
 
新人戦の時それで結局勝ち抜いたけど県選抜で負けちゃったしなぁ。
 
今回は我が校から1人も通過者出ず。県大会があると思って油断してる・・・というか、今回のもはや眼中に入れられてねぇな・・・。
 
その後学校で自主練をば。自主練の途中で腹が減って立ち寄ったファミマで1000円札が消えてショック!でもその変わりファミマカードのTポイント一気に堪りました。
 
 
 
 
 
○最近の玩具事情
 
ミニプラ難民ここにアリw
 
元々ミニプラはダイボウケンからずっと買ってて、結構思い入れ強いんですよねw
 
今回は人気に余り店頭で予約しようと思ったけど拒否られたw
 
そして行ってみたら見事にゴーバスターエースだけ。悔しいなんてもんじゃないですw
 
そもそも再録なのにゴーバスターエースの封入率を以上に高くしてどうすんだよ・・・。
 
ゴセイジャーの時、3箱買わないと全ヘッダー揃わないというのがあったけど流石にあれよりはマシ・・・だけど今回もそれに付随するわw
 
地元だけじゃなく昨日自主練の帰りに通ってる学校の近所のスーパー行ったけど結果は同じ。ゴーバスターAだけ余るw
 
これは・・・ネット使うしかないのかなぁ、多少高価になってもw
 
そして今月はロケットステイツとファイヤーステイツが・・・金無いからファイヤーは後回しの方向でw
 
 
 
 
○魂フューチャーズ
 





 
 
ちょっと遅いけど魂フューチャーズについて。
 
十二使徒はスコーピオンとレオとリブラは買うかな・・・スコーピオンはレギュラーだしレオは大好きだしリブラは私の星座だし。
 
ヴァルゴは劇中の活躍見ないと何とも言えませんねーw
 
まっ、参考出展なんで、とりあえずは発売に漕ぎ着けるのが先ですがw
 
そしてグリッドマンにマックスw
 
グリッドマンとか幼少期にちょっと見た事ある程度で・・・!ガチでkもれどうしようかなぁ。マックスは買うけど。
 
 
 
 

 
そしてタイガですよタイガ!ライあと並んで龍騎ライダーではナイトの次に好きだったりします。
 
コイツは3360円で8月発売っぽい。
 
何でこれしきで3360円!?最近のバンダイは怠慢が目立つなぁ・・・。
 
タイガ大好き人間には嬉しい報せでしたね!
 
このままオーディンとかリュウガとか展開してほしいです。
 
 
 
 
 
 
 あ、因みに、マックス、タイガは8月、グリッドマンは9月に出るっぽいですw
 
 
 
 
ふぅ・・・明日からまた学校ですねーw
 
それでは!
 
 
  1. 2012/04/22(日) 23:20:11|
  2. JOKER日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S.H.Figuarts 仮面ライダーゾルダ

とりあえず、フォーゼと龍騎の2本で〆


最近のSHFのラインナップ鬼畜過ぎで・・・。

というわけで、私はフォーゼと龍騎の2つのシリーズを重点的に集めようかなと。

って、それだけでも莫大な数なんですがね・・・。

恐らく映司グリードと恐竜グリードもスルーかな?だがガイは予約するとしよう。

というわけで、昨日発売だったSHF北岡先生です。







パッケージ。

昨日は帰りが8時で、故郷の駅からイオンに行き購入したのですが、駄々あまりでしたねw

ってか、ナイトからこの間のエレキステイツまで全部イオンにあるっていうww

PKGは横長仕様。





付属品一覧


・仮面ライダーゾルダ本体

・マグナバイザー×1

・マグナバイザー用ホルスター×1

・シュートベント ギガキャノン×1

・シュートベント ギガランチャー×1

・ギガキャノン用魂STAGE用クリップ×1

・アドベントカード×4

・交換用手首×5


今回も納得の多さw王蛇は付属品の少なさを手首の多さで誤魔化してましたからねぇ。

いや、今回も武装は2つしかないのですが、存在感=大きさがハンパないですw

手首はんなモンいらねぇよって物まで付いてますが、多いに越したことは無い。






ゴロちゃん…俺、降りようと思うんだよね


・仮面ライダーゾルダ

バッファロー型モンスターのマグナギガと契約した天才弁護士・北岡秀一がVバックルで変身する仮面ライダー。武装は全て火力に富んでいるものばかりで、破壊力の高い物が多い。過去に犯罪者・浅倉威こと王蛇を裁き切れなかった過去を持ち、彼から執拗に狙われる。不治の病の為に浅倉との決戦に臨む前に息絶えてしまったが、彼の助手である五郎が変身した。必殺技は、マグナギガにマグナバイザーをセットし、全方位に渡り強力な爆破弾を放つ[エンドオブワールド]。



・・・龍騎系ライダーの中でもかなり好きな部類のゾルダがSHFで登場です!

龍騎のライダーはこれまででは考えられないような強烈な個性を持った奴が沢山いましたが、ゾルダはその第1号だったかなとw


超カリスマ的で天才的な弁護士なのに性格は歪んでいて、現実に居たらかなり嫌な人だと思うのに、何故か嫌いになれない。それどころか北岡さん人気はかなり高いと思います。

ゾルダっていうより、北岡さんが好きな人も多いのでは?勿論わたしも北岡さん効果でゾルダが好きなのですw

とにかくゾルダはキャラが立ってた。私もかなり好きですしね。

真司の先輩の玲子さんの追っかけだったり、左利きだったり。

浅倉の宿敵なのに、家に入れて飯食わしたりw

そんなこんなで人気キャラですが、個人的にはその最後がかなり衝撃的でしたね。ゾルダが王蛇に敗北したと思ったらその正体はゴロちゃんで・・・。

オフィスのイスの上でぐったりしている北岡さんもですが、今まで彼とのデートを断り続けていた玲子さんが、初めてデートを待っていたのにも泣けましたw

初めてデートを許してもらえたのに彼は死んでるというね・・・。



ゾルダは基本的にキャノンやらランチャーやらの重火系で、戦い方は豪快かつ知的。

この相反する戦い方を可能にさせたのは、やはり北岡さんのキャラがあってこそ!

だからこそゾルダの人気がここまで高いのでしょうね。

で、他の奴が争ってる大乱闘時こそゾルダの出番。破壊力が凄まじいので、周囲一帯のライダーを全員巻き添えにw

正に、[漁夫の利]ライダー!(だまれw





考察が長くなりましたが、いつも通り安心のクオリティです。

それでは見ていきましょう。





顔。バッファローモチーフですが、明らかにロボかパワードスーツだろうと。

龍騎系は基本的に全員複眼が存在しないので、顔の出来が極端に悪くなるという事は避けられますね。





ボディ。

勿論Vバックルは外れます。

肩の仕様は良く分からないのですが、いつものように着脱式でない事は確か。





付属のマグナギガをホルスターに引っかける為のクリップが付属。

本来のクリップと交換できます。

・・・っていうか、こっちがデフォ!?


・・・まぁ、そんな事は無いでしょう。






マグナバイザー


ゾルダのバイザーにしてメイン武器。

思えばこの頃の銃ライダーはまだヘタレじゃなかったんだなぁ。

モールドも入っていて造形は文句なし。

説明書にも一切説明有りませんが、銃身は前にスライド可能です。




アドベントカード


アドベント、ファイナルベント、シュートベント(ギガキャノン)、シュートベント(ギガランチャー)の4枚。今までで最少枚数ですが、ゾルダってこれ以外付けるのないしね~。



ではでは・・・!


変身!





北岡さんは真司の目を盗んでエレベーターの中で変身したり、めぐみとキスしようとしてめぐみが目を瞑っている最中に湖で変身したりなど、シュールな物が多かったですね。








バイザーでのアクション。

ゾルダってあんまり動き回るイメージ無いんだけどw







勿論、カードは手に持たせることが可能で、バイザーはカード挿入部分が可動します。

シュートベント!






シュートベント ギガキャノン


王蛇との戦闘時に結構使ってた希ガスw

マグナギガの脚部に当たる部分です。

自立が若干(本当に若干です)難しくなるので、魂STAGEの使用を推奨。





隙間に専用のクリップを挟むことで、直接魂STAGEに接続できます。

あと、接続させる際は、背中のスリットパーツを左右両方外します。





シュートベント ギガランチャー


マグナギガの腕に当たる部分で、劇中で1番使用頻度高かったはず。とは言ってもゾルダの武装って2つしかないですがw

かなり長いので、持ち手を2つ必要としますが、専用の持ち手があるので自立は楽だったり。






発射!SR超合金ゴーカイオーの必殺エフェクトとか流用出来そうなw





ファイナルベント!






エンドオブワールド!


マグナギガにバイザーをセット、マグナギガに内蔵されている銃口を全て剥き出しにして全方位攻撃を放つ必殺技。

マグナギガがいないとただ撃ってるだけにしかry


そんなマグナギガは魂WEBで8月発送です。置物同然で5000円も撮られるの馬鹿馬鹿しいので、私はスルーですけどね。

昔龍騎のR&M買ってもらってましたが、ゾルダは何故か持っておらず、ミラモンも買ってないです・・・(泣

中古屋で回収してこようかな。



他のライダーと絡めて。




初登場。ミラーモンスターと戦う龍騎もろともシュートベントで・・・。





ナイトとも結構戦ってた記憶が・・・。あれ、全然覚えてないぞ?龍騎見直さなきゃな。






そして何と言っても!絡ませるには宿敵の王蛇を!

何度も何度も戦いました。勿論最終回も。






上空から狙う浅倉と、バイザーで対抗する北岡さん。





ギガキャノンで迎撃!やべぇガイすげぇ欲しくなってきた。よしガイを予約してこよう。




「ごちゃごちゃした戦いは好きじゃない」


ライダー大戦のような大混戦になれば北岡さんの出番です。自分は誰とも交戦せず、漁夫の利の如くランチャーぶっ放します。




仮面ライダー龍騎―4つの命―


というわけで主役4人が揃いました。

赤青緑紫。基本の4つとしても納得のカラーですね。


私が龍騎で好きなのは、1位ナイト、2位タイガ、3位ライア、4位ゾルダ、5位龍騎です。

後はライアとタイガが手に入れば言う事なしなんですけどw

にしてもナイトは本当にかっこいい。







以上、SHF仮面ライダーゾルダでした~!


とりあえず一般で6月にライア、8月にタイガが出ますね。限定勢では7月にガイ、8月にマグナギガ。

ジェノサイダーはやくー!


「王蛇はジェノサイダー前提だからモンスターつかないのは良いとして、ゾルダには何故つかない!?」となるかもしれませんが、元々ゾルダって武装の1つ1つが巨大なので考えてみれば仕方ないかなとw

マグナギガ自体がデカい事もありますが、あれって置物同然でナイトとダークウイングみたいな絡みもないので、下手に付けて値段馬鹿高くされるよりは良いかなと。

足もダイキャスト製で、本体も第及点なので、このままのクオリティを維持してほしいです。

後は腕のアーマーの取れやすさが課題点かなと。接着剤で固定すると裏側にも死闘しちゃうし。

後はfigmaと比較した際の玩具っぽさ。figmaがスラッとした体形なのに対してこちらはどこかパッとしないというか。

でも、武装が大きくて満足ですし、私がゾルダ好きなので補正がかかって弄ってて楽しいです。

王蛇と並べて飾ったり遊んだりするのが楽しいアイテムですね。

それでは!
  1. 2012/04/15(日) 20:30:05|
  2. S.H.Figuarts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンガイア

さて、今日で春休み終了。明日は入学式です。
 
そしてついに私も高校3年生。正直ブログなんてやってる暇じゃありません。
 
宿題?どうせ提出11日だしね!
 
 
 
さて、昨日の話になりますが、ウルトラシリーズの[ウルトラマンガイア]を全編視聴しました。
 
本題にもなりますが、今回は、ガイアの考察ならびに感想を。
 

 
 
まず初めに作品紹介を。
 
1980年代、世界各国で時を同じくして天才が生まれ始めた。そんな天才たちは、やがて互いに意思を疎通させ始め、ネットワークを形成していった。そして西暦2000年、そのネットワーク、アルケミー・スターズの一員、高山我夢は大学の量子物理研究室で自らの意思を粒子加速にシンクロさせる実験を行っていた。その目的は地球の意思を知ることで、我夢は粒子加速領域で大地の底のウルトラマンを見る。なぜ
、そんなことを。我夢は知っていた、地球の危機が近いことを。そしてその危機に対処するべく、我夢を含むアルケミー・スターズは世界のトップに働きかけ、4年間に渡って地球を防衛するための準備を進めていた。だが、ついに運命の日がやって来る。宇宙に発生したワームゾーンから結晶体が落下、結晶体を砕いて巨大な宇宙戦闘獣が現れた。アルケミー・スターズの成果の1つといえるXIGのXIGファイターがただちに出撃するも、初の実戦に性能を生かしきれない。ファイターの苦戦と逃げまどう人々を眼前にした我夢は、自分達の努力が「間に合わなかったのか?」と無力感にさいなまれるが、その刹那、“地球の気持ち”が我夢を包み込んだ。そこには、あのウルトラマンの姿が大地のウルトラマンの誕生である。だがこの時、我夢は知らなかった。自分が2人目であることを・・・。(公式サイトより)
 
 
 
平成三部作のトリを飾り、かつその後のヒーロー作品に強い影響を与えた作品として有名で、今回、私はおおまかな内容は覚えていましたが、ストーリー展開など曖昧な点があったので、今回見返すという選択に至りました。
 
 
 
観終わった後の感想としては、やっぱり秀逸な作品だったなぁと思わされます。
 
様々な挑戦的要素を仕組みながらも、それらの要素全てを無駄にしなかった作品だと私は思います。
 
まず、私が感じた限りでは、この作品は今までのウルトラマンとは違って、若干人間を批判した見方がされているなぁと思います。
 
これまでにもこれまでにもそういった人間を否定的に捉えたエピソードは見られましたが、この「ガイア」は全編にわたってそういった問題が取り上げられているなぁと。
 
主人公は天才と言う設定ですが、「人類と地球を全て守る」という考え方を持っており、それに反発するかのような巧みなストーリー展開が見事だなと。
 
敵は勿論「人間を排除する」宇宙からの侵略者ですが、彼らの理屈を聞く限り、「その考えもアリだな」と思わされるような理屈が多い事も特徴。
 
この作品では「人類」と「地球」を分断した考えが為されており、それらの違いが明確に現れます。
 
まず、[ウルトラマンが2人いる事]
テレビシリーズに主人公と並ぶほどの存在感を持った2人目のウルトラマンが存在していたのは、これと「ウルトラマンメビウス」のみであり、この2人のウルトラマン両方にスポットを当てていくことで物語が進みます。
 
2人目のウルトラマン・アグルというのがガイアの特徴である「人類と地球を分断した作風」にかなり見合う奴で、地球を守るために人類を排除しようと考えるウルトラマンで、「両方助ける道を探す」ガイアと、「地球を守るために人類を排除しようとする」アグルの関係が最大の見所だと思うんです。
 
 
2つ目は[地球の怪獣と宇宙の怪獣を分断している事]
アグルの存在もガイアという作品がどれだけ意欲作であるか証明しているのですが、私はこちらの方がガイアに相応しい要素だと思うんですよね。
 
今までのウルトラマンは、とりあえず人類を中心に物事を考え、それを害する怪獣と戦う、というスタンスでありましたが、今回は若干異例で、登場する殆どの怪獣には大した悪意はなく、それを取り巻く環境的要因を中心に考えている辺りがとても秀逸だなと思いました。
 
中でも地球出身の怪獣は、正しくガイアの大きな特徴である「地球と人類を分けた考え方」を象徴する存在で、大抵倒される怪獣は人間のエゴだったりする。ガイアも所詮人間ですしね。
 
特に、38話のティグリスの回では、狂暴化した怪獣に部下を殺されたヒイラギ参謀が独断で怪獣を攻撃させて怒らせ、地上に出てくるや否や自ら手にかけるという悲劇的なエピソードも展開されています。
 
その点これは今までのウルトラマンとはまた違ったテーマで「正義とは何か?」を考えさせられますし、怪獣の定義についても考えを改めることが出来る良い機会となった作品だと思います。
 
この「怪獣が本当に悪い奴なのか?」という問題提起からも「人間を批判した作風」というのが伺えますね。
 
作風では怪獣が暴れる行為について「地球の叫び」と表現していたのが面白かった!
 
どちらかと言うと、地球の意志としては怪獣も人間も善良な生物という事なんでしょうけど、人間がそれを望まず、自らの利だけで動く。当時流行っていた無差別殺人なんかとも、本当に若干とは言えど関わっているのかも。
 
特に、第8話で、我夢の友人だった女性が言い放った
 
「人類だってたまたま進化し過ぎただけで、その時が来れば地球はきっと人類を見捨てるわ」
 
というセリフが印象的です。
 
それに対する我夢の答が、
 
「それは違う。だって、そでなければ、ウルトラマンなんていないから・・・」
 
って答えるわけですよ。勿論これまでのウルトラマンだと、人類だけでなく、地球も守らなければならない。
 
しかしそれだと地球怪獣を殺す事も定義に反してないか?ウルトラマンなんて結局は人類に賞賛されたいだけじゃないか?
 
そういう疑問に真っ向からぶつかっていったのがこの作品で、8話でのやり取りは今見ても非常に感慨深いです。
 
 
 
一方で「宇宙怪獣」は「地球を大事にする地球怪獣」とは違って、破壊を目的としているのか?
 
勿論それも違って、「人類の破滅を望む破滅招来体によってテリトリー以外の場所に連れ出され狂暴化している」という設定になっており、宇宙怪獣にそれなりの破壊理由も設定されて、正しく「何が正義なのか分からない」という、これまでのウルトラシリーズではごくまれにしか無かったものを毎回化してるのが良かったですね。
 
「怪獣共存」というテーマを微妙に複雑化したのが「ガイア」で、これを単純に子供に伝わりやすくしたのが次作「コスモス」であり、そういう意味でもウルトラマンの新たな可能性を生み出したのではないでしょうか。
 
 
 
 
従来には無いドラマ性に富んでいて、大河的脚本のようなストーリー展開を行うのも「ガイア」の特徴で、1話完結のエピソードが多いウルトラシリーズの中でも、一際異彩を放っているかと。
 
アグルと言う2人目のウルトラマンの存在がいるから、でもあるのですが、キャラクターが引き継いでレギュラー化したり、同じ怪獣が何度も再登場したり。
 
1クール目ではガイアとアグルのそれぞれの活躍を描いていますが、2クール目からは両者の考え方の違いによる衝突と決着、3クール目ではアグルの力を得たガイアの新たな戦いを描くと同時に、怪獣が悪ではなく、人間にも問題があると描き、4クール目ではアグルが復活して、破滅招来体との決着を描く。
 
この間に丁度いいテンポでマイナスのテーマの話が盛り込まれており、考えさせられる話になってるのが良い感じ。
 
怪獣が出てくる理由も明確で、アルケミー・スターズが予見した「破滅をもたらすものの出現時期」にコッヴが登場と、視聴者にとっても見やすかったのではないでしょうか。
 
上記の怪獣がどうたらこうたらだけでは、この作品が唯単に理想論を掲げているだけのようにも見えますが、この他の要素が入ることを許さない油断も隙もないスピーディなストーリー展開。
 
 
 
そして、作品の主人公が天才と言う設定のため、随所に科学用語が盛り込まれていたのも良かったですね。この怪獣がこうこうこうだからこうこうこういう対策を・・・という戦略的要素も盛り込まれていて楽しかったです。
 
 
 
 
 
 
で、テーマやストーリーが素晴らしいだけでなく、子供受けしやすいようにキャラクター的にも様々な新機軸が盛り込まれていたのも関心。
 
アグルというウルトラマンの参加は勿論ですが、ガイア自体もそれなりに新規要素が見られました。
 
「タイプチェンジ」が2作続いたことのマンネリを打破し、特撮ヒーロー初の「強化型」となった事。
 
また、如何にも子供受けしやすいようなずば抜けて強いスプリームヴァージョンを後半から導入するなど、スタッフのやる気はかなりのもの。
 
また、特捜チームXIGが3人1組のチーム編成で行動し、戦闘機はコンテナ型となり戦闘母艦に収納されるという凝った設定にも注目。
 
これにより玩具の売れ行きも上昇。私も楽しく遊んでいたのも覚えてます。
 
 
あとは、怪獣のデザインや能力。14話登場のアンチマターは物質と反物質を反転させてこの世を反物質の世界に飲み込もうとしたり、人の頭脳を覗いたりマインドコントロールを働くメザード、奇抜なデザインのガンQなどなど・・・。
 
決して難しい話続きで子供を置いてけぼりにする展開ではなかったですね。
 
 
そして何よりキャラが多い。XIGというチームの性質上、メンバーは大jのですが、それでも誰一人として空気キャラにならない、これは本当に素敵。
 
 
 
 
これだけ詰め込んでも、やっぱり若干の欠点はあるかなとも思います。
 
1つ目は「要素を単純化させ過ぎてコスモスへ負の遺産を継がせてしまったこと」
 
ガイアの良い所はやっぱり怪獣と人間と地球という、この3つの関係を同時に描くことで、怪獣の命の重さとか、人間の過ちとか、そういうのが描かれる事だと思うんですよ。
 
複雑だからこそ意味がある、命の重さを扱うにはガイアくらいの複雑さが丁度良いわけでw
 
次作のコスモスでは、それをあまりにも単純化してしまって、ただ単に「怪獣を救うのが正義」と甘すぎるテーマになってる気がするんですよねぇ。
 
勿論コスモスにも良いところはあるのですが、コスモスはガイア見た後だとあまりにも軽い。まず怪獣を救う事が第一で、その他が重視されてないのはちょっと・・・。
 
ガイアであれだけ多くの人が悩んだことを、コスモスでは当たり前のようにやってしまう。これいかがかとw
 
勿論これは欠点と呼ぶにはちょっと違う気がするんですが、やはり進化しなければいけないシリーズ物において、次作で前作で養われた要素を勘違いしてやってしまうのでは、やはりシリーズとして問題ですよw
 
 
 
2つ目は「ストーリーの起伏の激しさ」
 
あまりにも持続性の高いエピソードのため、中盤以降がちょっとたるいんですよね。2クールも使って2人のウルトラマンの葛藤や関係、怪獣の在るべき姿を描いたのに、ガイアV2出てからアグルV2出るまでがちょっとたるいんですよね。
 
アグルがいなくなって、ガイア1人になるわけですが、やっぱそれだと出てくる怪獣をガイアがバンバンやっつけるだけの単純ストーリーで・・・。
 
勿論深みのある話も多いのですが、基本的につまらない話が多い。ルクー回とかウルフファイヤー回とかアルゴナ回とか誰得w
 
しかし、後にアグルV2となる藤宮が再登場する事で、再び「人間を批判した作風」が戻ってくるので、結局面白くなるんですけどね。
 
[悲しみの沼]は平成ウルトラの中でも屈指の名作だと思う。
 
 
 
 
 
 
色んな挑戦的要素を盛り込みつつ、それらを全て消化した作品「ウルトラマンガイア」
 
近年の消化不良感が漂う近年の特撮も見習ってほしいと思った特撮作品ですね。
 
 
是非一度見ていただきたいです!
 
 
 
 
 
 
 
それでは!
  1. 2012/04/04(水) 20:06:13|
  2. 作品紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S.H.Figuarts 仮面ライダーフォーゼ エレキステイツ

7月

SHF
電王・ソードF
仮面ライダーストロンガ―
(プレバン限定)ガイ

ACT
ウルトラマンリニューアル版
(プレバン限定)ジャンキラー


8月

SHF
タイガ
フォーゼ・コズミックステイツ
スコーピオン・ゾディアーツ

ACT
ウルトラマンマックス


9月

SHF
(THN限定)ショッカーライダー
(プレバン限定)マグナギガ

ACT
グリッドマン

SHMarts
キングギドラ



どうやら今後はスケジュールはこれでいくようで。フォーゼ系はコズミックとスコーピオンしか分からないのですが、メテオストームなんかも是非とも一般で出して欲しい所。

さそりなのだの発売が恐らく一般で確定らしいことが一番嬉しい!ライバル怪人初の一般かよ・・・さそりなのだもダークネビュラでうれし泣きしてますw

そしてまさかのマックスとグリッドマン!いや、何故にこのタイミングで・・・w

私としては早くサーガ系充実させてほしいんだけど・・・旬逃すよりは今出して欲しいわw

恐らくコスモスなんかはエフェクトの都合で先送りなんだろうな・・・早くサーガ3戦士並べたいのに!

でもマックスは嬉しい!中々好きな部類なのでwでもなんで今なんだ・・・マックスよりも優先するのあるでしょw

グリッドマンなんていらないからサーガ早くw

そしてマグナギガは定価5040円は酷いw龍騎とナイトのあの気合は何処へ行ったのか。何で別々に売ってこんな高いのよ・・・結局売れた瞬間に調子に乗るからバンダイは嫌い。

何と言っても一番の収穫はマックスとさそりなのだのSHFでした、この二つマジで驚きw




参考出展では、グリッドマン用のドラゴニックキャノン、レッドキング、ホロスコープス4人衆の残りの3人、メテオスター、パワーダイザ―。

そしてまさかの宇宙服!!こいつぁ驚いたw発売したとしても買わんと思うけどw


まだ発表されただけなので、こっからまだまだ増えるんでしょうねー。









では、本日発売のエレキステイツです。






中々かっこいいパッケージ。




付属品一覧


・仮面ライダーフォーゼ エレキステイツ本体

・ビリーザロッド×1

・コンセントプラグ(エレキスイッチ有/無)×2

・シザースモジュール×1

・ビートモジュール×1

・シザーススイッチ(ON/OFF)×2

・ビートスイッチ(ON/OFF)×2

・エレキスイッチ(OFF)×1

・スイッチ無し台座×1

・バガミール×2

・オプションハンド×2

・武器持ち用手首×1



大満足!付属品に恵まれてますね今回w結構付いてる部類なのに、これでもかともじゅーる2つとフードロイド2つのサービス。

ベースステイツより値段は高くなってますが、別に気にならないくらいの大判振舞。

更に、ビリーザロッドのギミックもしっかり踏襲されてますからね。







黄色になった!ちょっと趣味かも!


・仮面ライダーフォーゼ エレキステイツ

仮面ライダーフォーゼが№10[エレキ]のスイッチを使用し変身するステイツチェンジの1つ。スイッチによって出現するモジュール[ビリーザロッド]で戦う。初登場時はエレキの本質が分からず、右腕のみの変化だったが、後にフォーゼ自体をステイツチェンジさせるスイッチだった事が判明する。必殺技は「ライダー100億ボルトシュート」



フォーゼ2番目のステイツチェンジはエレキ!ビリビリな形態です。

元々フォーゼはモジュールメインでフォームは捨てる傾向にある為(番組テーマ上仕方ないですが)エレキ自体印象が薄い感が拭えないですね。

DQN主人公がキチガイを助ける時に初登場したステイツ。

エレキ自体はかっこいいとは思うのですが、あのエピソード自体が不快な為、どうも悪い印象しかない。それでもフォーゼの中では1番好きなステイツですけどね。

エレキ=コズミック>>ファイヤー>ベース>>>>マグネット

基本と中間が最もダサいという、珍しいパターンですねフォーゼは。

そもそも20話でマグネットが登場して、今は正にマグネットの販促期間なわけですが、最強Fを喰うくらいの活躍をしたFJやタジャドルに比べ、マグネットは見劣りしてる気がしますねw

最近はやられ役or必殺技不発がお約束に。

その為私は未だにエレキが活躍まっただ中に見えてしょうがない、マグネットがあれじゃあねw

ちょくちょく登場して結構活躍する、ルナトリガーといいラトラーターといい最近の黄色フォームは強い!


ベースステイツで不安だった要素も無くなり、今回は満足の行く出来でした。

って事で見ていきましょう。





今回はボディーそのものを特筆すべきですね。

まずマスクですが、二重構造になっており、本来の顔造形にホログラムっぽい板が張り巡らせれてある感じ。

これによりかなりリアルにマスク感が出ているかと!

大きさもベースよりかは気になりません。






そして、サンプルからして不安だったボディの金色は見事に再現。

FMCSでは真黄色だったボディだけに、満足度は高め。

この辺がFMCSかSHFかを決定づける要因ですね。







付属モジュールは、シザースとビート。

そしてそれに付随するスイッチも。

またエレキに対して関係ないのぶち込んできましたね(汗

影は薄いが人気は高い、これに限りますねこの2つ。しかし本当に印象無い!





ビリーザロッド。

コンセントプラグはエレキスイッチが有るかナイカでパターンあります。

ギミックについては後術。





更に、リミットブレイク時を再現するためのエレキスイッチを取り外したスイッチ穴が付属。

これについても後術。




エレキ・オン♪


最初は右腕のみの変化でした。



「電撃パワーがビリビリ響くぜ!」


最大の被害者・新田の目を覚ます為に!正直三浦といい新田といいこんな奴等の被害者になった挙句倒されるんだよな・・・マジで可哀想。






今更ですがベースステイツと。

大分出来は良くなってると思いますが、肩の可動息が狭くなってるのは問題アリ。

スーツの質感は格段にエレキのが上。同じフォーゼ系のシリーズでこうも違う物なのか?・・・と。







ビリーザアクション。

どう見てもロッドじゃなくてソードだろry






プラグセット。充電です。

これは3箇所にコンセントプラグを差し込める仕様となっており、任意の場所に差し込めます。


2年前のダブルでこれやってほしかったという正直なry









リミットブレイクの際には、プラグをスイッチ付きの物にし、ベルト台座をスイッチ無しの物にします。




リミットブレイク!






ライダー100億ボルトブレイク!


ユニコーンを倒した技。

すれ違いざまにビリビリ電撃で敵を斬ります。ますますロッドじゃなくソードだとry





ライダー100億ボルトバースト!


MOVIE大戦MEGAMAXで初使用され、テレビではもう使われないと思ってたところに、今日O.A分で使用。まさかテレビで拝めるとは・・・!





ライダー電光ドリルキック!


この技を再現するためには、ベースステイツ付属のドリルを使う必要あり。ハウンド回くらいしか印象無いですが!

ロケットが使用できないステイツなので、ダイザー使うか高所から突撃するしかないからですかね(汗





そしてお決まりのこのポーズ。





ピクシス回では、レーダー付けて戦ってたことも。あの気持ち悪いVS牧瀬戦です。




シザース・オン♪


付属モジュールの1つ、シザース。おやどっかの蟹刑事がry

影薄いよねこれ。でも人気は高いと思う。

エレキとほぼ同時期の搭乗のせいか、エレキ=シザースの印象強いですが、実は未使用なんですよねw







ビート・オン♪


こちらも影薄いのに人気高いビート。

その名の通りビート音で攻撃します。

地味にこれで我が家のモジュール8個目。





バガミール


本当にオマケレベル。

バーガーの状態と起動状態の2つがセットです。

オーズ野時は限定商品にしか付かなかった苦い思い出がw

フォーゼは全部一般で揃うみたいです。






フォーゼの掌に乗せて遊んだりw






マッシグラ―に搭乗。

乗った事は無いと思うけどw








最後はハウンド回再現。ダイザーと一緒に2ショット!


以上、[S.H.Figuarts 仮面ライダーフォーゼ エレキステイツ]でした~!

正直スイッチ交換ギミック以外は何の取り柄も無いと思ってたフォーゼ系SHFですが、ベースステイツより確実に良くなってきました。

まず、FMCSと比較すれば、スーツの関係でこちらに軍配が上がるのは言うまでもないと思います。

プラグの交換ギミックも芸が細かい!

顔に関しても今回は良く出来てるなと。二重構造は偉いぞバンダイ。

スーツも金色に再現されていて素晴らしい!それにスーツの質感も皺が寄ってて良い感じです。

欠点を言えば、独特の肩パーツのせいで肩可動域が狭くなってしまっている事と、ビリーザロッド持ち手の保持力が弱い事。

持ち手に関しては本当に酷い。いつもロッドが落ちて困ります。




しかし、そのハンデを差し引いても良い商品である事には変わりはないと思います。

ベースからの進化は良い意味で果たせました。




それでは!
  1. 2012/04/01(日) 18:13:49|
  2. S.H.Figuarts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。