ROAD OF HOBBY IN FC2

本業はYAHOOの方ではありますが、こちらでも似たようなそうでないような事を書いていきます。 FC2に関してはひよっ子なので、宜しくお願いします〆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

S.H.Figuarts 仮面ライダーフォーゼ コズミックステイツ

今回は遂にフォーゼラストSHFとなるコズミックステイツです。

連動企画として、電撃ホビーマガジンでコズミック対応の魂STAGEとクロ―モジュールが付録として同梱されます。

後でこちらの方も確保しておきます。

では、レビューの方を。







パッケージ。




付属品一覧


・仮面ライダーフォーゼ コズミックステイツ本体

・バリズンソード×1

・スラッシュモード用ソード刀身×1

・コズミックスイッチ(OFF)×1

・バリズンソード対応コズミックスイッチ(ON/OFF)×2

・スイッチ無台座×1

・ナゲジャロイカ ロイドモード×1

・ナゲジャロイカ フードモード(フード有)×1

・ナゲジャロイカ フードモード(フード無)×1

・オプションハンド×3


ナゲジャロイカェ…嬉しいけど、別にここまで凝ってなくても良いわw

何気今回でフードロイドコンプです♪







「この宇宙に友達になれねぇ奴なんかいねぇなって!」


・仮面ライダーフォーゼ コズミックステイツ

最強最後の最終スイッチ№40[コズミックスイッチ]を使ってフォーゼがステイツチェンジした姿。バリズンソードを構え、全てのスイッチを体内に吸収し、その力をいつでも使う事が出来る。その為他のステイツをはるかに凌駕する戦闘能力を発揮する事が出来る。胸部走行のスイッチングラングにあるスイッチパネルをタッチする事で、それに応じたモジュールの能力を発動可能。これにより以前のステイツでは不可能だった「同じ部位の同時装備」を「発現したモジュールに他のスイッチの特性を追加する」という形で実現し、より多次元的な攻撃を繰り出せることが可能になった。ライダー部との絆が汚わいときには姿を維持できないという弱点がある。必殺技は「ライダー超銀河フィニッシュ」




・・・・・例年より1ヶ月遅れで遂に最強フォーム登場。

最大の文句は発売順序ね。メテオストームを9月に出せや。メテオストームだけ買ってコズミック買わないって人はいないでしょうし、メテオストームだけだと需要無いに等しいですしね。

反対にコズミックから先に出せばフォーゼがあらかじめ揃った状態でメテオ最強フォームを迎え入れられるという、気持ち的にも楽な部分があるし。

こういうの理解しないバンダイはやっぱどうかしてるわーw番組終了後に出されても買う気失せるってのもありますが。



例年通り32話で登場したコズミックステイツ。アレなエピソードが多過ぎるフォーゼの中でも珍しく超面白い回でした。

「マグネットの後に来る最強フォームってどこまでダサいんだ…?」とか思ってましたが、バレ見たら結構まとも。というか普通にフォーゼの中で1番かっこいいじゃないかと。

顔が悪役フェイス且つ蜘蛛っぽいのが気になりますが。

能力的にはディケイドコンプリートフォームを思わせるデザインとは裏腹に、スイッチを自由自在に操れるという、正にフォーゼの集大成ともいえる形態かなと。

ダブルのハーフチェンジ能力を殺してしまったエクストリーム、組み合わせれないという設定且つ終盤は最強フォーム補正で占領してしまったせいで実質オーズの魅力を消してしまったプトティラと来たもんですから、マジで最高のフォーム来たなーという感じだったんですけど、まさかのその能力を生かさないという愚かすぎる行為に…w

坂本監督以外が担当した回は特に酷かったし。

その設定生かせないどころか、戦闘面でもレオを立たせるためとはいえ登場した次の回ですぐに苦戦という最強フォームにあるまじき結果に。

期待外れもいいとこなフォームとなってしまいました。


そもそもエクストリームといいコズミックといい、塚田プロデューサーの作品の最強フォームは基本的に酷過ぎるほど弱いんですよねーw

マジレジェンドの悪夢は忘れないw

「最強フォームを特別扱いしたくない」っていう塚田プロデューサーの方針自体は分かるんですけどね…。





そんなデザインは結構「お気に入り」のコズミックですが、フィギュアの方も中々良いなと。

ただ、欠点としては、コズミックスイッチのポロリが超目立ちます…w

プトティラも出来良かったですし、エクストリームの出来の悪さは何だったのか…。








顔。

どうやら改修されてるっぽい。

フォーゼの顔はベースステイツ以外はかなり良い出来だと思います。何でベースはああだったのか…。


あと、肩のウイングは可動干渉防止の為、グリグリと動きます。



ではでは…!




コーズーミーック・オン♪






「皆の絆で宇宙を掴む!」


コズミック光臨!




バリズンソード ロケットモード


にしても武器名凄いネーミングだよな…。

レバー式によって楽しめる武器です。

ボリュームもあるし満足です。






レバーも可動し、当然のごとく「バリッ」と開きます。

残念ながら…というか当然ですがレバーと開閉は連動はしません。

残念なのは左の武器持ち手ですかね。

レバーを握るのに適さないし、ソードを握るのにも適さない。

癒着してるだけですが、開封した時は「人差し指と親指繋がっちゃってる!?」と思うほど左持ち手の開き小さい。

ファイヤーステイツ持ってる方は、左手を拝借しても良いかもしれません。






バリズンソード スラッシュモード


完全に開くことが可能です。

とりぜす持って立たせるだけで格好良く決まるってのは凄い。




とりあえずアクションさせてみます。
































両手持ち。

前述しましたが、左手の仕様がちょっとアレなので持たせ辛い事も。




















映画のイメージで。

光臨エフェクト使えば良かった…。







リミットブレイク!


専用のスイッチをバリズンソード下部に差し込むことが出来ます。

これはいつものギミックですね。






「ライダー超銀河フィニッシュ!」


宇宙イメージのバックで斬るってのがかっこいいです。





ナゲジャロイカ


ロイドモード、フードモードの2種付属は勿論ですが、今回はナゲジャロイカのギミックを再現したモードがもう1種付属します。その時射出されるフードも一緒に。

まあ、付けられたところで遊び所に迷うがなry





フードロイド全員集合!


塵も積もれば山となるとはこの事。

正直フードロイドだけセットにされても買ってしまいそうです。

ぶっちゃけ超嬉しい。










メテオストームと。


これの為に1ヶ月待たされたと言っても過言でもないっす。






背中合わせのシーン本当に好きっす。




超刺激的スクールデイズ!


これで遂にOPのラストカット完全再現です。

この写真を撮る為の8か月でした、長かった…。





仮面ライダーフォーゼ、このあとすぐ!的なアレ。






とりあえずフォーゼライダーズは私の中でたぶんこれで終わり。メテオフュージョン、本当にあれだけで4200円なのでしょうか?だとしたらマジで屑過ぎる…。

どこをどうすればあれだけで4200円になるんだよw








以上、SHFコズミックステイツでした。

欠点はコズミックスイッチのポロリ。これは本当に酷い。遊んでてイライラしますが、必殺技の事考えると接着するわけにもいきませんし…。

あと、左の武器持ち手をしっかり握れる仕様の物にしてほしかったです。あれじゃあソードしっかり握れんわ。

それ以外は完璧で、正にフォーゼシリーズの集大成。

ソードはしっかりしてますし、ポーズも格好良く決まる。何より顔の出来が良い。

フォーゼシリーズを集めてきた人に敬意を表した出来となっています。






んで、私がケチ付けたいのは発売順序だよ…。メテオストームを先に出したのは愚か以外の何物でもない。

登場順、というならマグネット→メテオと出ましたし、そもそもそっちの方を番組準拠にすべきだろ…。

メテオストームだけだと需要度はほぼゼロに近いですし、そのほぼ需要度ゼロの状態でコズミックの発売待てと?

素直にフォーゼをコンプさせてからメテオ最強フォームを迎えるべきだったよ!エクストリームもプトティラも8月に出てますしね。

まあ、その件があっただけこの商品を手にしたときの喜び大きいし、我が家のメテオストームも寂しくなくなりますしね。




フォーゼを集結させて飾れるって意味ではかなり需要の高いアーツだと思います。


連動企画として、電撃ホビーマガジンにこの商品対応の台座とクローモジュールが付くようなので、金に余裕が出来たら確保したいところ。


それでは!
スポンサーサイト
  1. 2012/09/25(火) 20:12:00|
  2. S.H.Figuarts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙台市受験とコズミック

試験時間3時間
 
今日は先週に続いてまた公務員試験の方へ。
 
今回は、お隣の県の県庁所在地で。
 
試験時間は3時間ほどと言う屈強な門です。
 
 
 
朝7時、またまたゴーバスとフォーゼスルーで地元の最南端の駅へ。
 
そこから新幹線使って仙台市まで。
 
っていうか新幹線良いですね、45分ほどでしたが、本当に快適な旅ですよ、新幹線。
 
来週は東京までなんですが、3時間新幹線の旅が堪能できるわけです。
 
 
 
9時30分試験開始でしたが、仙台市内の会場に着いたのは8時前。1時間30分どうしろと…。
 
とある工業高校が会場だったのですが、そこがまあ立派で立派で!
 
私がいた頃は流石に殆ど人がおらず。
 
ですが8時30分を過ぎた頃になると流石にぞろぞろ来始めて(汗
 
皆参考書とか読み始めるので、流石にヤバいと思いつつ参考書購読開始ッ!
 
会場(学校)は9時開校だったので、それまで昇降口前の石段に座りつつ参考書をただ棒読みすること小一時間…遂に昇降口が開き始めて。
 
何ていうかその…事務区分ごとに受験室が分かれてて、私は最上階の一番奥の部屋。
 
 
 
 
滅茶苦茶難しいw
 
地元でやった時こんな難しかったっけ…。
 
正直これは終わったなと…。
 
3時間の試験時間でしたが、それでも足りない足りない。
 
性格検査とか適性検査とか無い分マシっちゃぁマシでしたが、それにしても(汗
 
簡単な問題とかでも、最後の5分で適当に記号書いたり(笑
 
公務員模試で仙台市がA判定だったからって調子乗ってたわ…。
 
 
 
 
12時30分頃には会場出ることが出来たので、
 
帰りに仙台駅まで行って、1人になれたし、色々観て回ろう!・・・と思ったけど、そんな体力のこされておらず。
 
辛うじて仙台駅付近のヨドバシカメラで色々物資(フィギュアや漫画)買ったくらいです。
 
ってか仙台店のヨドバシ、建物新しくなってたのね…滅茶苦茶広くなってるw
 
 
 
帰りは新幹線ではなくバスで。
 
1時間30分で地元でしたが、もうずっと爆睡でしたわ。
 
気付いたらもう終点!?って感じで。
 
 
 
 
 
 
 
今回に関して言えば「・・・」かなと。仙台本命だったのでちょいと痛い…。
 
来週は遂に国家試験で東京行くので、休めるうちに休んでおこう。
 
 
 
 
 
 
今日の収穫

SHFフォーゼ コズミックステイツ
 
昨日発売だったのですが、今日ヨドバシで買ってきた物資のうちの1つです。
 
3360円→2350円で売ってました。流石ヨドバシ。
 
更に溜まってたポイントの一部使ったので、1500円で買えました。
 
顔の出来良いし、塗装綺麗だしで気に入ってます。ただ、スイッチがあまりにも取れやすくて弄っててイライラするw
 
 
あと、発売順序メテオストームより前に出せコラ!
 
 
 
 
 


 
 
 
これでフードロイドと全ステイツコンプです。メテオフュージョン買う気無いし!
 
何気フードロイド揃えると圧巻だな…。
 
 
 
 
 
 
 
さて、来週の国家試験の為に、1週間体力温存しておきましょうか。
 
 
それでは!
  1. 2012/09/23(日) 22:42:27|
  2. JOKER日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「人形とピアニスト」

今日も先週に続き公務員試験やってきました。場所は仙台。

まぁ、今回は「・・・」でした。難しいし、そもそも猛者がいっぱいいるっぽいし。




そんなこんなで、仙台でうろうろして、ヨドバシでアーツのコズミック買ってきて、5時ころ帰ってきてそこからウィザード視聴。よってキャプ画像無し。当然、今回はまだ1回しか観てないので曖昧です、変なとこあってもご愛嬌w




面影堂では、何やら晴人がコヨミに怪しげな事を。

そこへ凛子と瞬平が。

コヨミの目が凄いな、目が…。

その行為は何なのと聞かれても白を切る晴人。



新ファントム・ケットシーがメドゥーサの命令でゲートからファントムを生み出す命を。

フェニックスが本当にネタキャラ化してるぞwwww

黒人怪人…クロコダイルオルフェノク(J)以来でしょうか。

にしてもコイツおもしれぇ!一発で気に入りましたよ。


そしてゲートはピアニストの高木。名前だけに(こら)高みを目指して、今の自分じゃ満足できない、最高の演奏をしたいらしい。

どっちかっていうとこの手のゲストはウィザードよりもオーズに合ってる気がするw

そこへケットシー登場。案の定指を壊してピアノ弾けなくする=絶望させることが目的。

晴人が戦い凛子が車で云々…。やばい、クウガっぽい。



今回はウォータースタイルで圧倒。液状化ってのは知ってたけど、ここまでチートとは…。すり抜けるって反則wバイオライダーやシャウタ乙ですw

でもなぁ…何か地味なんだよなぁウィザードのフレイム以外の3スタイル。

あと一歩のところで逃げられる、やっぱこれお決まりだなぁ。



高木に事情を説明しだす一行。素直に信じててくれててビビったw

どうやらピアノコンクールがかなり大事の模様ですが、最近はスランプ続きのようで…。エリート坊ちゃんか、そうかそうか。


任務失敗して帰ってくるケットシーは案の定説教されます。こいつ本当に良いキャラしてんなぁ。

結局人間体のまま接近して襲う作戦に。



高木を見張っているとコヨミと瞬平が。

ファントムを見破れるのは私だけ、晴人以外は関わるなという事らしくて。

独占欲ですなぁ…可愛いぞ!

もめごとになり始めたと同時に人間体ケットシー。何で変身前の人間の前堂々と歩いてんのwしかもピンポンまで鳴らすとは何とも律儀な怪人。

勿論コヨミニよってあっさり見破られます。これここにコヨミいなかったら100%新たなファントム生まれてたなw

ケットシーを王も逃げられる…何かもうお決まりじゃないか。

コヨミと瞬平の前にミサ=メドゥーサが。あかん、危険フラグや。

案の定蛇で巻き取られコヨミ逝去…じゃねぇよ!

蛇で巻き巻き…結構結構、エロ結構。


どうやらコヨミは死んだのではなく魔力が無くなったのだとか。晴人が魔力を分け与え復活させる。

4作連続レギュラーキャラ非人間来たよ…。


ケットシーは高木に迫り腕を切り落として絶望させようと。しかし「腕を切り落としてくれ!」と逆に言われる始末。

これじゃぁ絶望させられない…高木優秀だなぁ。

そこへ「魔力が切れかけた」晴人が駆け付ける。

前回圧倒しただけあって余裕余裕。あと一歩のとこまで追いつめキックストライク使おうと思ったところで魔方陣消滅。


コヨミを復活させたことにより晴人には魔力は殆ど残っていなかった…。






以上第4話でした。

ゲストキャラはとにかく抑えて!というファンの悲痛な叫び



まぁあれですね、本当に瞬平と凛子要らない。

瞬平は前回よりウザさ抑えれば良いかな~と思ったけど、抑えたら抑えたで今度は需要無くなった…w

ギャグシーンは良かったのでそこは目を瞑ろうか…と思ったけど少人数で話すすめた方が。

凛子も、あのサポートは誰でもできるし、今回の見てると首ばっか突っ込むウザい人じゃないか。

凛子はまだ欲しいかな…と思わなくもないけど瞬平は完璧ライダー部以下じゃん。



ケットシーはゲストとは思えないくらい凄い存在感。戦隊だと、ゴーオンジャーでエドはるみ、シンケンジャーで千原誠二がゲスト怪人に声当てたししてたけどあんな感じでしょうか。

とにかく存在感すっごい。次回で退場するだろうけどもったいないなぁ。



バトルシーンはウォーターがリキッド仕様で凄い事に。あれは反則じゃね…。

けどなぁ、ウィザードのスタイルには決定的な「何か」がない。いなければいなくても良いわけだし、そもそもダブルや電王、クウガみたいに活躍する保障ないし。

オーズコンボの二の舞だけは勘弁してくださいよ!



そして最大の論点は、何度も言いましたが2期とのry

その点今回のゲストはあまりからまず良い感じかなと。2期は全ての話でゲスト中心に話が回って主人公がその悩みを解決する流れだったから…。

Wはその要素自体を新規要素としていたし、オーズは欲望メインだから仕方ない、フォーゼは…。

この要素事態が終わりを告げかけていたからそろそろゲスト絡まなくて良い。


ただ、次回予告見る限りまたゲスト中心フラグなんだけどw


飽きた、ウィザード飽きたーw




そして4作連続人外パートナーネタかよ…。相棒路線廃止してヒロインにこの要素入れたのは飯間も知れないけど、どうも二番煎じにしか思えんな。

最終回の賢吾復活がどれだけファンに叩かれたか思い出したまえよ。









良くも悪くもウィザードの命運は次回で決まる


ゲスト中心になって晴人がホスト扱いになったらライダーはマジで今年で打ち切った方が良い。






それでは!
  1. 2012/09/23(日) 19:54:56|
  2. 仮面ライダーウィザード感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ROBOT魂[SIDE ovid] ウォクス・アウラ

8月分ラスト、ROBOT魂アウラです。







パッケージ。

結構大きいです(汗





付属品一覧


・ウォクス・アウラ本体

・亜空ソード プロムス×1

・亜空シールド イテム×1

・オプションハンド×3

・ハンドサイン手首×2

・特製魂STAGE×1

・支柱×1



満足だけど、ぶっちゃけこの内容でこの値段はな~。

これで3990円です。私の場合は2700円で買えましたが。









「鴨川を想う気持ちだって、同じくらいおっきいに決まってるよ!」


・ウォクス・アウラ

地球上で発見されたウォクス・コアを基にして作られた3体の地球産オービッドの1つ。[アウラ]とは古代語で[風]を意味し、旧称はカモガワ・モデル。モイド曰く「地球の科学では歯が立たない」。移動型地球防衛前線基地[フォロス]に配備され、地球防衛の要になっている。地球型オービッドは全てピアサー(開口琴)形態からウォーリア(闘士)形態へ変形する事が可能となっており、汎用性が高めに設定されている。武装はソードとライフルに変形する[プロムス]、シールド型の[イテム]。操縦には、[メモリア]と呼ばれる刻印が必要で、その刻印を持つ鴨川女子高等学校2年の京野まどかがパイロットに選ばれる。愛称は「みどり」。





…season2が最終回間近のアニメ「輪廻のラグランジェ」より、主人公の女子高生まどかの乗るアウラがラインナップ!


どんなアニメか簡単に説明いたしますと、萌えと癒し系とロボットが融合した新感覚アニメ!って言えば一番分かりやすい。


主人公は勿論ロボットに乗るんですが、それがなんと女子高生!

元気一杯の主人公京野まどかは、このアニメの舞台となる架空の街鴨川をこよなく愛し、学校でも人気の明るい女子高生で、たった一人の部員で「鴨女ジャージ部」を結成、学園の平和と襲い来る敵からウォクスを駆り鴨川を守る!

・・・・・はずが、何故か宇宙人の女の子2人も乱入し、3人となったジャージ部でドタバタな日常と星間交友まで発展する羽目に。


ぶっちゃけて言うとテーマは3人の女の子の可愛さ、星間交友、ほのぼのとした日常、そしてロボット。

特に1期の敵…とは言い切れないですが、一応敵キャラの馬鹿少年トリオとまどか達の掛け合いは見所。

ガチガチのロボアクションはあまり期待できないですが、観てて和むアニメだと思います。

その為キャッチコピーも「元気になれるロボットアニメ」ですし。

とにかく、ほのぼのとしたゆる~い作風の中にロボットバトルが楽しめるという、異色ですが楽しいアニメです。


アニメの放送方法もまた異色で、今年1月に1クール放送で[第1期]を放送、そして7月から更に1クール放送で[第2期]を放送、合わせて分割2クールというもの。

そして、来週の月曜に2期の最終回を迎えます。




そして!ウォクスシリーズの原型製作は何と自動車メーカーの日産!

ラグりんファンには、ウォクスのデザインの「美しさ」「素晴らしさ」は今更説明不要だとは思いますが、一応述べます。

この何とも美しい流線的なデザイン。腕から背中にかけて伸びる美しいラインは、流石自動車メーカーといったところ。


この何とも華麗過ぎるデザインから、ロボットファンの間でも、「フィギュア化は難しい」と噂されていたのですが、今回、同時期にバンダイのROBOT魂と海洋堂のリボルテックから発売されることになりました。



現在、魂WEB商店で、残りの2機、[ウォクス・リンファ]、[ウォクス・イグニス]が受注中です。私は両方予約しました。





設定上はピアサー形態とウォーリア形態の2種に変形可能なウォクスシリーズですが、ROBOT魂はウォーリア形態のみを楽しめる仕様です。

リボの方得じゃね?ってもなるかもですが、その文クオリティは保障済みです。

その「フィギュア化は難しい」とさえ言われたウォクス・アウラを、バンダイは見事に可動化させてます。

その美しさを見よ!!!!








ウォクスのデザインの美しさを理解していただくために、横図の写真も。

これでこのロボットの魅力が伝われば幸いです。





頭部。

デザイン上、上下可動が制限されるのが残念ですが、再現度は流石です。




特製魂STAGE


アウラの操縦の為に必要なまどかのメモリアをイメージした台座が付属。


・・・超残念!

何で支柱がACT.5タイプじゃねぇんだよ…。

ROBOT魂の為のACT.5だろ…。ACT.4タイプじゃ支えきれんよ…。

台座デザインが良いだけにここは「何故?」ってなります。


コスト的な話が云々…と言われれば、こんなに高価なのに?と反論できる自信はあります。







ただ、ディスプレイ用としてはこっちの支柱の方が良いかも。




以下アクション。

台座はメモリア刻印の今回のものですが、支柱はほぼ全てがACT.5にしてあります。





飛びだせFLY AWAY!


OPとかのアレ。または出動シーンです。






やっぱりどこから観ても美しい。






ピアサーからウォーリアへ。







蹴り。

今回素晴らしいまでの可動範囲を誇るのは脚。

何と180度曲がります。

これによりキックポーズも…って思ったけど、その分横に広がらないのが残念。







亜空ソード プロムス


ウォクス・アウラ専用武装。

とは言っても、アウラの場合素手による戦闘も結構多いです。











やっぱりACT.5の方が良いじゃねぇか…最初からこういう支柱にしとけよバンダイ。






亜空シールド イテム


プラ板仕様で、何とも美しい付属品。

グラデーションで尚且つクリアなのが良いです。

リボの方には付かなかったらしいので、ちょっと得した気分。









ヴィラジュリオとの決戦しか併用してた覚え無いんだよなぁ。







1、2、3・・・まるっ!


1期第1話でお馬鹿トリオのアレイ操縦の1機テネリタスをバックドロップで。

っていうかあの3人、一般人に危害加えるでもなく、あそこまで鴨川に馴染み、まどかと普通に仲良くしてる時点でどう考えても敵キャラでは無いと思うんだけど(汗

2期ではいつの間にかバイト始めてるし、本当に愛すべきお馬鹿トリオです。


バックドロップのポーズ全然決まらないので、これは何か専用手首使てほしかった(汗




白刃取り!・・・失敗!




お馬鹿トリオのリーダー、キリウス駆るリベルタスとの初戦にて。

こういうコミカルさがラグりんの魅力です。


これも専用手首欲しかったw






「まるっ!」


主人公まどかの口癖でもあり、決めポーズまで用意されてる「まるっ!」のハンドサイン手首が付属します。

青いリングはペイントであってああいうエフェクトはつかないので悪しからず…。





別ポーズでもまるっ!





以上、ROBOT魂ウォクス・アウラでした!

特徴の1つである「2形態への変形」が出来ないのは痛い所ではありますが、敢えて変形機構を廃すことでプロポーションを無理なく再現する、バンダイのフィギュアでは常識です。

それはリボの方に任せるとして、ROBOT魂単品のクオリティの方は素晴らしい!

あの美しいラインをこうも見事に再現してくれた事に拍手を贈りたいですね、これは。

360度どこから見ても一切見劣りしない華麗なデザインに加え、脚の超可動…アニメ知らなくてもこれはオススメ出来ます。



文句があるとすれば魂STAGE。何故ACT.4タイプにしたしw

ウォクスのデザイン上、ACT.5だと完全に固定出来ますし、高さも丁度いい。ウォクスのようなロボットにあるためのステージなんですよ、ACT.5。

ACT.4タイプのような1本支柱だと、完全に固定出来ないのは愚か、美しくないし見栄えも悪い。

ちょっとここはどうよと思います。

WEB限定で1月発送のリンファとイグニスもこの辺変化ないようなので、溜息…。あいつ等飾る為にACT.5もう1セット購入するか…。


リボかROBOT魂か?となりますが、変形してプレイバリューの高いリボか、変形しない代わりに完全再現型のROBOT魂か、その辺はユーザーの好みかなと。

私は、リンファとイグニスも一緒に飾りたいのでこちらを購入しました。






リボの方は、ブロガー仲間で私の師匠でもあるガルシア・アギラさんが絶賛レビュー済なので、そちらと照らし合わせてご覧ください。

彼のブログのレビューページへはこちらから→http://blogs.yahoo.co.jp/levanshousazoffy/31231654.html





それでは!
  1. 2012/09/20(木) 22:26:59|
  2. ロボット玩具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一・次・受・験

性格検査という苛めw
 
 
 
とりあえずあれ、地元の公務員試験の一次が昨日終了しました。
 
私の進路としては、いくつか公務員試験併願→受かれば来春から社会人、落ちたら専門学校生という計画なんですが、それなりに勉強はしてました。
 
 
 
 
今回は地元と仙台市、国家公務員の3つを併願。そして第1弾となるのが地元です。
 
 
 
今回の公務員試験は一次試験に合格→二次試験に合格→採用と言う流れで、一次試験の発表が10月3日で、そこから二次試験に行くと言う流れ。
 
200人くらいいる中で4名しかとらないので、倍率はなんと驚愕の50倍!!
 
はっきり言って受かる気はしないので、いくらか今回は3つ併願しました。
 
 
 
まぁ、一次は受かったとしても、二次が強敵なわけですよw
 
一次で30~40人取ると仮定して、二次試験でその1/10程に絞られるわけですからね…。
 
ちなみに、一次試験が筆記試験&性格検査、二次試験が面接&作文です。
 
 
 
 
 
 
9月16日の朝、ウィザード&ゴーバスを観ずに(勿論録画してます)、8時に地元の市役所に到着。
 
既に100人以上の長蛇の列が…恐ろしいぜw
 
3回の講堂に上がらせられましたが、何とここ
 
クーラーが効いていない!!
 
これは酷いだろorz。
 
既に受験前から汗をかいている私からしたらこれは地獄の苦しみです。
 
 
講堂内には予想とは裏腹に高校生は殆どおらず。ほとんどがスーツ着た20代前半っぽい人達ばかり。
 
恐らく一浪生でしょう、やっぱりそれほど過酷なんだな…。
 
 
 
 
そして100分間で40問の試験に。
 
しかしこれが割と簡単であったw
 
いや、私、夏休みのセミナーもですが、1ヶ月に1回公務員の模試受けてたんで…。
 
何時も受ける模試は45問で100分だったので、40問で100分は少しだけ(本当に少しだけです)楽になったw
 
何時も何時も頭が痛くなる問題に対して、やっぱり今回は勉強した甲斐があったな、と。
 
でもやっぱ参考書とかかわなきゃここまで答えられなかった。
 
でもねぇ…やっぱり時間が足りないというかw100分はキツイぜ…。
 
尺が足りないし、勿論解けない、難しい問題もかなりある。
 
 
 
 
そして、その後の「性格検査」なるものが更に「・・・」なわけでして。
 
20分で120問の質問に応えて、そこから職場に相応しい性格を選定して合否を決める、という仕組みらしいです。
 
正直この選定方法は私もこれ以上の事は良く分かりません。
 
 
 
貴方には浪費癖がありますか?とか、友達に信頼されてると思いますか?とか、色々とアレな質問が120問。
 
 
正直これはやった事無いので不安です。
 
 
ぶっちゃけ今回はどうなんだべ…。個人的には模試でやってるよりも自身あったけど、人数200人だし、殆どが社会人っぽい人だったし…。
 
私もかなり勉強しましたが、猛者達がどれほど強力なのか想像が出来ないから気がかりになってしまう。
 
 
 
とりあえずは一次だけでも受かりたい!やるべきことはやった。
 
そして次の週の23日は、仙台市の受験です。
 
こちらは採用人数が20人と多めで、一見有利に思えるのですが、やはり都会なので人が沢山来ると思うので…。
 
こちらも頑張ってみます!
 
 
 
 
とりあえず一時受かった時の為に2次用の面接対策マニュアル買おう。
 
 
 
 
 
 
そして今日の収穫。
 
 

 
ROBOT魂 ウォクス・アウラ
 
ラグりんより、宇井にウォクス購入です。変形できるリボルテックか、変形できずともクオリティ高いROBOT魂かでずっと悩んでましたが、AmazonのレビューでROBOT魂の方が高評価だったのでw
 
リボの方はどうやら顔が小さいとか何とか…。
 
 
 
何より、3990円が2700円で買えたので。リボの方は3500円だったし。
 
 

 
 
とりあえず結構様になります。不満点は色々ありますが、それはレビューで。
 
リンファとイグニスも予約してるので楽しみです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、来週の仙台市採用試験、再来週の国家試験も、頑張りましょうかね…。一体どれほどの猛者が来るのだろうか。
 
 
それでは!
 
 
  1. 2012/09/17(月) 20:48:06|
  2. JOKER日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「変身!生中継」

ぶっちゃけ今日は公務員試験の第一次でした。滅茶苦茶緊張した。死ぬかと思った(噓

これ書いたら記事にします。






炎を出せたことで大喜びする瞬平。

早速子供達に披露する始末。

コイツ本当に何とかしてくれ…。

プロデューサーが集まりテレビ出演決定。怪しいって誰か気付けよ。



喜ぶ瞬平の前に晴人が。

「師匠!」何か笑えますw

晴人の前で魔法を披露する瞬平ですが、炎は出ず。

ファントムの仕業と早々に気付く晴人ですが、瞬平は「貴方が魔法で邪魔してる!」と逆切れして立ち去っちゃいます。

皆さん突っ込んでる通りこれはガチでないわと思いました。いくら子供目で見てもこれは酷過ぎるwwww


どうやらヘルハウンドさんは影に隠れる能力があるようでw

前回のバイク戦の後に爆発に紛れて陰に姿を消して生き延びたらしい。

にしてもメドゥーサとフェニックスは本当にメズールとウヴァにしかw







輪島さんから晴人とコヨミが面影堂に初めて訪れてきた日の事が語られます。


「何で何も知らない一般人の作った指輪が神秘的な変身アイテムと連動するんだよw」


そう突っ込もうと思ったら、それ自体が謎の伏線になってるのねw

「知らなかったこととはいえ…」と言ってることから、「リングを作ってる輪島さん」と「白の魔法使い」は関連性があるのでしょうか。

指輪関連がこれで終わるとは思わない、輪島さん自体をクローズアップする日が来そう。




遂に瞬平がテレビデビュー!テレビ夕日wwww

全国生中継で魔法を使える大師匠という名目らしいです。

しかし何時ものようにうまくは行かず…。審査員は呆れかえってます。

生放送でこれは焦るよなぁ…。だが調子に乗るお前が悪い。

その時、冒頭のスカウトした田島プロデューサーが本性を表し、ヘルハウンドへと。お前がゲートだったのかよw

ごめん、ロンry・・・木崎刑事がヘルハウンドかと思ってたry


ってなるとロンさんはこれからも番組のレギュラーとして頑張るのでしょうかw頑張れロンさん。


炎が出たのはすべてヘルハウンドがその都度憑依していたから。そう、全ては瞬平を絶望させる為に。

手始めに絵本を燃やしちゃったりw


そこに晴人=ウィザード登場〆なんとテレビ中継されてる中でヘルハウンドとの戦いへ。

これは斬新で良い試み!良いな~こういう演出。

コーヒーを吹き出す安定のロンさんw


ウィザードVSヘルハウンド戦が進行する中、木崎刑事(気が向いた時はロンさんって呼びます)はテレビ局やら色々な施設に連絡、この事件をもみ消すように動き出します。

頑張れロンさん負けるなロンさん。第三勢力的な意味でかっこいいと思うべきでしょう。



陰に隠れる能力のせいで攻撃は通じず。コイツ本当に厄介だな…。

その時輪島さんから貰った「ライト」でヘルハウンドを見極め形勢逆転。これは上手い!

そして第4話にしてウォータースタイル登場。「スィ~スィ~スィ~♪」には笑ったw

フレイム→左

ハリケーン→上

ランド→下

ウォーター→右

魔方陣のかかり方も凝ってて素敵です。



水の壁でヘルハウンドの攻撃跳ね返し。

そしてスラッシュストライクで撃破!4話に初登場にしてフレイム以外で初の敵撃破です。

ハリケーンなんて2回登場して2回未撃破だしなぁ。


本が燃えた事により遂に瞬平が絶望。

すぐさまアンダーワールドへ向かう晴人。

図書館から現れて本棚を蹴散らしながら進撃する様は演出的に◎。こういう有り得ないSF的描写をもっと切望します。

にしても巨大ファントムの倒し方がガタックエクステンダーのあれry





生中継の件は警察組織によって揉み消されることに。結局田島が全部悪い事になったっぽいです。

そして面影堂には新たに瞬平も出入りするように。







呆れるコヨミのカットで、今回の第3話は終了です。


逃れられない平成2期からの束縛とドラマの完成度の低さ




やっぱり瞬平はウザかった。割とウザキャラはスルー出来る方ですがあの態度は無いと思います。


その瞬平ですが、今回の絶望経緯は流石に無理があるだろうと。

1話の凛子は父親の形見でもあるロケットが壊されたので絶望しちゃうのは分かるんだけど、瞬平の「本を燃やされた」はちょっと違う気がw

人生のバイブルって言えるほど大事にしてた本!親との思い出が詰まった本!ボロボロになってしまった宝物の本!

この3つのいずれかなら絶望するのは当たり前だと思うんですよ。

ただ、今回は魔法使いにあこがれてるのはいえ図書館で借りただけの本なので、それだけで絶望されても…。

勿論瞬平可哀想だし、可愛らしい魔法使いのイラストが燃えていくのは痛々しくはありますが。

それよりも「図書館から借りた本が燃えちゃって大丈夫?返却ry」っていうツッコミの方が強いのが本音です…。

ソフトな描写をソフトな描写を…!とは行っても図書館の本じゃぁ突っ込まずにはいられない。



そして炎が出せる理由とかも謎。

本を燃やしたいなら最初から燃やせば良いじゃん。何、これぞageて落とすってやつか?

それがやりたいようには見えなかったけどなぁ。この辺凄くご都合主義に感じました。

そもそも炎を出す展開にしようと思ったスタッフの意向は何処に!?







そして今回最大の突っ込みどころは生中継の揉み消し。

もう既に何人かが中継見てる中で「プロデューサーの失策です」で済むと思ってるんでしょうか?

木崎さんをトップに国安が総動員で動いたところで国民の目を誤魔化せるわけがない。

このあたり私がフォーゼという番組の気にくわなかった点の1つをウィザードでまたやらかしちゃってくれたようでがっかり。

フォーゼもゾディアーツ事件をイケメン校長の説得で揉み消したり、理事長がコネ使ったり洗脳したりとかで揉み消してましたが、んなことあるわけねえだろと突っ込んだのをここで思い出しましたw

今の時代野次馬達がニコ動やら2ちゃんやらで騒ぐでしょうに。

「生中継でヒーローと怪人が激突!」って試み自体は面白かったけど、こういう下手なフォロー付けるなら下らないから最初からやらないでほしい。







バトル面ではまさかのウォーターで敵撃破。繋ぎ役かと思ってた私を良い意味で裏切りましたw

でも正直4スタイルの戦い方あんま区別できてないようなw

ハリケーンは確かに独特だけどウォーターとランドは正直フレイムと一緒ry

使用エレメントと基本色変えただけじゃね?とつっこまれても文句は言えない。

クウガ、電王、ダブルくらいだよなぁ、フォームの使い分けきっちりできてたの。

1話の時も書いた「しっかり状況に応じて使い分けして、ちゃんと活躍してほしい」という私の切なる願いは早くも3話で消滅しました。





良かったことはやっぱい良い意味での平成2期からの独立。

完結方法はまだ良く分かりませんが、1話が1話完結、2話と3話が前後編…って考えるとディケイドタイプ?

個人的にはその都度のゲスト制はいい加減廃止して、敵との戦いに応じて完結方法を使い分けてほしいかなと。

ウルトラマンネクサスみたいなストーリーの進め方が理想かなと思います。

その辺が私の考える「大河制」か「完結制」かの違いね。

それ考えるとオーズもフォーゼもダブルで味占めた事をただ繰り返してきただけだから評価宜しくなかったのか…。




そして相棒制の廃止。これは本当に清々しい。その方がライダーとして背負ってるものだとかが視聴者に伝わりやすいし、戦いに余計な邪魔が入らないので気持ちが良い。

コヨミだって引き籠り(この場合は良い意味で)だし、これからはバトルシーンにストレスを感じることは少なさそう。

今回限定かもしれないけど、瞬平がバトルに絡んで来なくて本当に良かったぜ。






総じて、今回だけで言えば、かなり不安の募るエピソードでした。子供番組とはいえあまりにも突っ込みどころが多過ぎるw

瞬平というキャラの登場補正で子供目線になってるだけかもしれませんが、にしても今回の話は…。



あくまでウィザードという作品の志の高さはお見事だと思うんですよ。平成2期からの独立だとか、子供向けを子供騙しと勘違いしない点とか。



言いたいのは、やっぱり平成2期の負の要素から完全に抜け出せてないって事なんですよ。

作り込みが浅いとか、ドラマ部分で「はぁ!?」とつっこみたくなるような点とか。

あ、2期が悪いって言いたいわけじゃないので、誤解しないよう…。あくまで2期は2期で好きです。

でも今回はやっぱ瞬平というゲスト(レギュラーになりますけど)にスポットを当てたからそう感じてしまうのかも。


それを取ってもウィザードという作品は必死に独自の物を作り出そうとしてるので、今回の話で見捨てたりはしませんけど!


でもやっぱり今後が不安な事は確かです…。




それでは!
  1. 2012/09/16(日) 23:08:12|
  2. 仮面ライダーウィザード感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「魔法使いになりたい」




今回からOP映像が入る。

しつこいようだけど宇都宮P流のあれでですねry

今後は宇都宮Pの作品には1話のOP映像を期待しちゃいけない…。



魔力を沢山使った晴人は遅いお目覚め。

新たなリング「スリープ」を使うも、それは敵では無くj分が眠ってしまう効果のようで…。





凜子は突如訪問してきた国家安全局のゼロ課の木崎刑事から魔法使いの件で質問を。

ってか川野さんじゃん!ゲキレンジャーのロンですよロン!その他にもジーン・ドーパントとかもやってましたね。

色んな役をやってマルチな俳優だなぁ。

晴人にいて誤魔化す凜子でしたが、本題はファントム事件に関しては国安の管轄だから一刑事が関わるなとの事。


はっきり言って警察内部自体が滅茶苦茶怪しいのですがw

これ本当にカブトのワーム的な感じで警察組織そのものがサバトで覚醒したファントム集団の集まりなんじゃないの?


「人々を守りたいのはこっちだって同じだっつーの!」


この人本当に馬鹿なんですね、乙ですwwww

あっちの狙いはそうじゃないっすよw



メドゥーサとフェニックスはゲート探し。敵幹部が2人ってのはやはり物足りん。

公式だとメドゥーサの方がゲート発見能力も高く全体的な能力も上らしいですね。

これフェニックス要らない説来たなw







そのころ公園で転ぶ子供を助ける一人の青年・瞬平が。

「チチンプイプイ~~~~」古代人かよwwww

そこをゲートと思わしき子供と一緒に新ファントム・ヘルハウンドに襲われる。






そこへ颯爽と現れた晴人。

「貴様、魔法使いか?」

すぐさま変身してヘルハウンドとバトルへ。





戦闘面では、ハリケーンが前回に引き続き登場。

2回登場してどちらも敵を仕留めてない…これはやばい(滝汗

緑フォームって時点でやけに心配しちゃうんだよなぁ。






戦を終えた晴人に瞬平は「弟子になりたい!」と本気で志願。

ああ…ウィザードの神作品っぷりが早くも音を立てて崩れていく…。




瞬平は晴人をストーキング。晴人の行きつけのドーナツ屋で遂に捕まってしまいます。

しつこく魔法使いに関する事を質問される。




時を同じくして、凜子は面影堂へ。

「私も魔法使いになれたら」の発言でコヨミプチ切れ。

コヨミは自分と晴人の過去について話し出す。





晴人含む何人かの人間は、半年前の日食の日にさらわれ、強制的にファントムを生み出す儀式に参加させられたのだとか。

殆どは絶望してファントムを生み出しながら死亡する中、晴人だけは希望を捨てずに自身の体内にファントムを抑え込むことに成功する。






1人生き残った晴人は、ファントムに襲われそうになったが、突如謎の魔法使いに助けられ、ウィザードライバーを授与される。

何このゾフィー兄さんみたいなポジションの人w


「よくぞ希望を捨てずに生き残ったな。お前は魔法使いになる資格を得た。」

台詞がどう見てもゾフィーです、再登場はあるのかな?


顔はランドスタイルにしか見えませんが…。ウィザードライバーもしていますし、先代ウィザード的な?






過去の出来事について話した後にコヨミは凜子に「そんな簡単に言わないで!」と厳しく叱咤。


そして時を同じくして晴人と瞬平パート。コヨミが凜子に注意したのと同じ現象が起きてますがwwww


「そんなに良いもんじゃない」とだけ言い残し、その場を去る晴人。



瞬平は図書館で魔法使いの本をレンタル。良い歳した青年が何やってんだよwwww



図書館から出た瞬平をグールが襲撃。

子供では無く瞬平がゲートだったようです。

本持ったまま逃げるのが何ともシュールです。






念じた瞬間に炎がwwww

この辺は次回に持ち越されるんでしょうか。



驚いて身動き取れない瞬平は当然グールに襲われます。

そこをギリギリのところで凜子が救助!

「魔法使いじゃなくても、人を守リ態と思う気持ちは同じ!」

今日一番の目玉ですね、良くやりました!









そこへグールを操っていたファントム・ヘルハウンドが出現。

バイク乗りってのが秀逸だなぁ。





2話でこのバイクアクション。これは凄い。

機転を利かしてヘルハウンド撃退。

でもゲートが明らかになってないしこれは死んでないな…。てか次回予告の時点で既にry







炎を出せた事に驚く瞬平…。









以上第2話でした。


平成2期からの完全なる独立と平成初期への原点回帰をテーマに


感想記事見る限りみんな大ブーイングの新キャラかつレギュラーの瞬平登場。

正直これは気持ち悪い…。抱き着くのは勿論「弟子にしてください!」ってうわぁですよ…。

挙句の果てに「チチンプイプイ」は子供番組と言えど恥ずかしくて見てられんとです。

ストーリー的にもあんま需要あるようには…。

凜子も今回大活躍だったけど、刑事描写欲しいかなぁ…。上層部は皆アレで今後も似たようなパターン続くだろうから次週以降は警察組織出なくて良いです…。

上で書いたように警察組織自体が既に死んでるゲートの集まりとも解釈できますしw


キャラ的にはフォーゼのライダー部ほど酷くは無いものの、主人公の晴人に色々詰め込んでるから他のキャラ抑えても問題は無いかな。

ただ、瞬平はウィザードのどっか重い雰囲気に子供達が付いていけるようにするための緩和人物かなとも取れるし怒りを感じるレベルまでは全然行ってないです。

ちょっとうざいなと思った程度で。これから普通に好感持てるでしょうし。



晴人に関しては言われてるように確かに地味な主人公。

…ではありますが、弦太郎みたいな中途半端なキャラになりそうな感じでは無い感じかと。

少なくとも自身の辛い経験から「ファントムを2度と生み出さない!」ってちゃんと宣言してるしファントム出現の際にはしっかり赴いてるからかなり好感持てます。

弦太郎なんてなぁ…友達作ってたのただのノルマ達成に過ぎなかったし(蹴

やっぱり平成ライダーは戦う理由を最初に明示されてた方が主人公に好感持てるし燃える!

だからキバやカブトのようななんとなく怪人倒すようなライダーはあんなに残念だったのかry






そしてやっぱり平成初期の作風は健在。

儀式での生き残りがどうたらだの言ってて、それが1年通しての謎になりそうな時点で既にアギトのあかつき号事件がフラッシュバック〆

あかつき号関連の事件は相当力入ってて、私的に平成ライダーの謎パートの中でもかなりお気に入りの事件なので、あれぐらい力入れてほしいです。

ダブル以降ずっと明るめのライダーでしたからね、ウィザードはある意味ダブル以降のライダーからの決別とも取れます。

今の子供にはインパクト不足かもしれないけど、これからも平成ライダー続いていく事も考えると一種の安定剤と思えばウィザードは必要不可欠なライダーになりそうです。




バトルシーン面で今回はあまり語ることなかったなと思います。

どっちかって言うと本来やるべきことが1話と2話で逆になっちゃった印象。


1話=若干世界観説明しつつ1話からファントム出現を抑えたりで、巨大戦重視

2話=過去の因縁とキャラ補充に精を注ぐ


他のライダーとやる事逆でね…w

語るとすればハリケーンスタイル乙としかw

2戦して両方とも敵を仕留められてないし…。緑フォームって事で危ないぞw4スタイルの中でハリケーンが1番好きなのもあって頑張ってほしいですけど、これからどうなるか…。

バッシャー、サイクロン、ガタキリバと、緑フォームは活躍できてない印象…。



あの先代ウィザードは何なんでしょうか。

ドライバーはしてたからウィザード系統の仮面ライダー?…なのか。

儀式事態をあの先代が仕組んでたってのは無いんでしょうか。

あれは実はファントムを生み出す儀式と偽った、実はファントムになる寸前に生き残れる人物を探すための儀式で、その人物にウィザードライバーを渡す予定だった、とか。

で、それが晴人とw



コヨミに関しては前回で好感持てないって書いたけど、やっぱり良いキャラです。

記憶を無くしてるにも関わらず信念はちゃんとしてるし。

第一ヒロインだとダブルからのヒロイン像で一番マシなんじゃね?

ってか、今日初めてOP映像がかかったけど、OPであそこまで主人公と関わるヒロインも珍しいし。



で、最大の突っ込みどころはストーリーの進め方。2話完結か1話完結か大河ドラマか。

一般的にアギト~カブトまでとキバは大河ドラマ方式なんですよね。

電王とダブル~フォーゼまでは2話完結体制ですけど。


きだ氏―「1話完結が理想だけどそうはならない感じ」


これだ…大事な一言来たぞw

ぶっちゃけ平成初期に逆戻りした感じだから、怪人を倒すペースは2話で良いとしても、ストーリーとしては繋がっててほしいですね。

最近の2話で怪人が倒され話も2話で終わる、というスタンスはもう飽きた。

徹底した2話完結は電王とダブルだけで十分だったんや…。

オーズもフォーゼも2話完結で正直鬱陶しかったとこだし、今回はちゃんとストーリーは大河的であってくれれば。









やはり2話まで観た全体的な感想は、禁句と分かっていても言ってしまう「無難に良い」ですね…。

各地で言われてるような、ダブル~フォーゼのように「ウィザードにはチャレンジ精神がない」と言われてもしょうがないようには思います。

ただ、私的にはそれで満足。1話の時も書いたけど、こういう安定剤的ライダーも長い目で見れば欲しいんだよ…。

役割が安定剤っていう悲し過ぎるポジションではなく、ちゃんとストーリーも伴ってて緊迫したドラマ路線も味わえそうですし。


クウガ~555は本当に面白かったですからね。今見たら更に面白いこと間違いなしでしょうし!

その辺りと見比べてもドラマ内容、設定が被っていて、私好みだなと。


次回も楽しみです!





それでは!
  1. 2012/09/09(日) 13:57:45|
  2. 仮面ライダーウィザード感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ULTRA-ACT ウルトラマンマックス

今回はACTのマックスです。

ってかそろそろ公務員試験だー…緊張してきた、今更ですがw

珍しくか~な~り、勉強しております。今更焦ったって遅いとは言いますけど、まあそこは(汗







付属品一覧


・ウルトラマンマックス本体

・マックスギャラクシー×1

・マクシウムソード×1

・パワータイマー(赤)×1

・魂STAGE用ジョイントパーツ×1

・マクシウムカノン再現パーツ×1

・ギャラクシーソード再現パーツ×1

・オプションハンド×2

・マクシウムソード持ち手首×1



付属品は大体こんな感じ。

マックスギャラクシーは右手首と、マクシウムカノン再現パーツはマックススパークと、それぞれ一体化しております。

ACTのエフェクトや武器って最高で3種類までしか付けられないらしいですけど、このマックスや、10月に出るエースなんかは、正直もっと付けてくれても良い気が。






「伝えてほしい事があるんだ…私達は未来を掴めたよって…!」



・ウルトラマンマックス

M78星雲より地球文明を監視する為にやってきた光の巨人。空想の産物と思われていた怪獣が地球に現れた際、自分の身を顧みずに怪獣に立ち向かうトウマ・カイトの勇気に感動、一体化して地球に留まる事を決意する。突如として怪獣災害に見舞われた地球を守るためにカイトと共に戦っていく。分身、巨大化など様々な能力を操り、高い威力の光線技を繰り出す事から「最強最速」の異名をとる。更に、中盤以降、右腕にマックスギャラクシーと呼ばれるブレス型の武器も装備する事が可能となっている。必殺技は、逆字で繰り出す「マクシウムカノン」や、頭部の短剣を飛ばす「マクシウムソード」




~人類の文明を監視していた超人は、人類が自らの手で未来を掴みとった時、再び姿を現すだろう~



ULTRA-ACTの平成シリーズ展開より、待望のウルトラマンマックスが登場。

平成シリーズはティガ、ダイナ、ガイアの3部作展開が大好評だったあと、コスモスまでは一定の人気を保ってきましたが…。

続く2004年の「ウルトラマンネクサス」で一気に大赤字。37話打ち切りという何とも悲惨な結果に。

本来はネクサスは4クール番組の予定でしたが、打ち切りとなった為、この「マックス」はネクサスの打ち切りに伴って準備期間の為に急遽製作されたシリーズなのです。

実相時昭雄等の大物監督が脇を固め、主役のマックスも「M78星雲出身」であり、物語も基本的に怪獣を倒すカタルシスetc…といった過去作へのオマージュ要素が復活。

故に作品のテーマは「原点回帰」です。

デザインはウルトラセブンに酷似し、アイスラッガーのようなマクシウムソードの使用、更には昭和作品の怪獣の再登場など、数多くの昭和テイストの復活が話題を呼んだ作品でした。

1話1話の完成度が高く、昭和チックなのもポイント。正に「昭和ウルトラマンを現代に復活」したような作品です。まあ、ビジュアルだけ平成になったようなもんですかね。

それ故に1つ1つの話に傑作性を求めて楽しめる、楽しみ方も昭和と似てますね。

「マックス」は設定や描写などほぼ昭和作品と近い臭いがしていましたが、基本的に昭和作品との世界観の繋がりは示唆されてません。

続く「メビウス」で昭和作品と完全に世界観の繋がったメビウス世界の誕生、ウルトラ兄弟の復活など、マックスが無かったらメビウスは成立していないので、最高に美味いバトンをメビウスに渡せた作品でもあると思います。

不思議なのは…昭和テイスト満載のマックスが昭和作品との繋がりが無い単品作品なのに対して、昭和作品の続編であるメビウス自体の作風は、モロ平成テイストって事ですかねぇ。

メビウスは「平成テイストな作風に昭和ウルトラを巻き込む」がモットーだったらしいですが。

出演者的にも、初代ウルトラマンの黒部進さん、初代ヒロインの櫻井浩子さんなど、ゆかりのキャストが復活。

そんなマックス、メビウスという大お祭り作品の前に放映された単品作品の為か、どうも一般からは軽視されがちですが、作品自体は素晴らしい完成度です。

最終回の神っぷりは異常。「マックスに遭えるかしら?」「遭えたら伝えてほしい事が―」の流れはマジで鳥肌。

勿論、昭和チックなエピソードの「胡蝶の夢」「イジゲンセカイ」なんかが魅力的なのは勿論ですが、マックス独自のエピソードの傑作性も目立ちます。

「第三番惑星の奇跡」「遥かなる友人」は私が勧める大傑作であります。

平成の中では一番昭和テイスト満載の作品なので、ウルトラ初心者にオススメです。ウルトラ本来の味が楽しめると思います。






フィギュア自体は、ちょっとボリューミー!?最近のACTの特徴ですが、マックスはプロテクターのせいで余計そう感じますわ。

正直ウルトラマンって映像で見る限りは殆ど同じ身長なので、フィギュアでも高さを統一してほしいです…。

あ、フィギュアは良い出来ですよ♪











顔&胴体。

良い出来。

因みに、レオ以来のウルトラセブンタイプのウルトラマンです。






おいバンダイ仕事しろww


これは最悪…。首の後ろ何で銀なんだよ…。初代マンならギリギリ「タロウ客演版だ!」て住むけどこれは…。

アマゾンのレビューでもこの欠点1つで評価低くしてましたし。


とにかくこれのせいで大分評価下がりましたわw






マックススパーク


変身アイテムでもあるマックススパーク。

マックス以降のテレビ作品は、変身アイテムが変身後も体と同化してるってのg良いアイディアでですよね。

正直ウルトラの変身アイテムってライダーの変身ベルトより売りが弱い気がしてたので、これは良い策だったと思う。

差替えパーツ有りですが、メビウスブレスのようにポロリが無いので、かなり使いやすいです。




ではでは…!






かなりダサい登場シーン。せめて手を突き出せよ…。

でもまんまウルトラセブンのオマージュチックなのは気に入りました。







最強最速の超人、光臨!







ファイティングポーズ。非常にシンプル。

ガイアとコスモスとマックスくらいだよな、光臨エフェクトが凄まじく似合うの。






ダッシュ!

これもコスモス・コロナモードが出たらやらせたいw





マクシウムソードを操るポーズっぽく。





マックス・サテライトキック。

・・・・・何か違うなw






マクシウムソード!


ハゲないアイスラッガーで定評のあるこれ。連射も出来ます。

父さんはマックス見た時「平成の世ってすげぇな、アイスラッガーが超ビジュアル的になってるし!」とか言ってました。





持たせることも。

ごめんなさい、レギーラ戦しか印象無いです。






マクシウムカノン


ネーミングが滅茶苦茶かっこいいなw

左腕から光線出す奴をタロウとマックス以外に知ってたら教えてくださいw

左腕からなので、何時もとはフィギュアの向き逆にしないとちゃんと撮れません…。

マックススパークごと取り換えるのですが、ポロリはないに等しいです。





全景。




マックスギャラクシー


13話でゼットンに大苦戦するマックスに新ウルトラマン・ゼノンが託した万能武器です。

・・・小さくね!?


エフェクト有りのもので定評があるからだろうか、凄く小さい気がw

少なくとも刀身はもっと大きいと思う。






ギャラクシーソードエフェクト。

ああ、これが原因かな、ギャラクシーの答申が小さく見える理由は。これがデフォになっちゃってるせいでw

ソード自体は全く使ってた覚えが無いです…。





構えて…!





ギャラクシーカノン!


ごめんなさい、ギャラクシーソード全く覚えてないのでこちらで。

一応エフェクト的にはソードなんですが、一応ギャラクシーカノンでも通じるはず。






VSアントラー。

アントラー大好きなんです私。





VSゼットンで大苦戦。






新武器ギャラクシーカノンでゼットン撃破!

ゼノン欲しい…w

正直ゼットンでウルトラマン倒したくらいで過大評価され過ぎだよな、それ以降の作品では普通に倒されてるし、ゼットン以外にもウルトラマン殺してるのなんていくらでもいるのに。







以上、ULTRA-ACT ウルトラマンマックスでした!

首がry

それさえ無ければいい商品なのに。

ただ、エフェクト、武器は3つまでしか付けれないというのは重々承知ですが、マックス(10月に出るエースも)に関してはもっと付けてほしいなと。

ギャラクシーカノンや発射状態のマクシウムソード欲しいでぇ…。



ちょっと気になる点はありましたが、まあ良い出来です。

これはマックスファンにお薦めする際に恥ずかしくない出来ではあります。



それでは!
  1. 2012/09/04(火) 20:18:01|
  2. ULTRA-ACT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「指輪の魔法使い」

さて、今日から始まりましたウィザード。

画像あるか無いかはその日の気分次第ですが、これから感想書かせていただきます。

冒頭いきなりドーナツを食べる青年。

ファントムの臭いを察知したのか、いきなりマシンウィンガーを「コネクト」で引っ張り出す。

どっかアンクとかワタルの臭いがw

コネクト万能説いきなりだよwwwwこれは終盤までずっと基本中の基本として使われそうなw

どっからでも物出せるって戦闘においてのウィザードの基本になりそうですし。


そのころ、女刑事の大門凜子は作業員が取り残された現場に到着。いきなり刑事登場かよ…。

この子、電王トリロジーの青のヒロインだった高山侑子ちゃんです。やっぱり美人。

そこにはグールと呼ばれる怪人が。

マスカレイドや屑ヤミー、ダスタード的な立ち位置なのかな?

そしてそのグールを従えていたファントム、ミノタウロスが搭乗。凜子を襲う!


その時!



「さあ、ショータイムだ!」


初変身で視聴者に変身見せないのは意外過ぎるwwww

まあ、流石にこれは序盤過ぎるってのもあると思いますけど…。

主題歌はゴールデンボンバー・鬼龍院翔。

平成初期は相川七瀬だのYUKIだの一昔前のボーカル起用してて「はぁ?」ってなる事多かったけど、金爆起用は嬉しい!





1話OPはOP映像無し=これぞ宇都宮P流!


シンケン1話もそういえばそうだったよね…。こんなところで特色観れるのは嬉しい。

とりあえず開始早々戦闘とは全くの予想外だったので嬉しいです。

さて、そんなウィザードですが、脚本は響鬼前半を書いていたきだつよしさん、プロデューサーはシンケンジャーでお馴染みの宇都宮P。

監督は現在放映中のゴーバスや、私の大好きなタイムレンジャーでもお馴染みの中澤祥次郎監督。

このトリオが混ざるとどうなるのかな?凄く気になりますw


そしてキャストの方は、主役は白石隼也さん。B級映画の常連ry

あとはアイドルグループからヒロインと、高山さんが。あと、ベテランで小倉さんいたのにはビビりました。




グールを倒す事には成功するもミノタウロスは逃がしてしまう。

そのことをヒロイン・コヨミに連絡。

ラクリマっぽいのでウィザードの事監視できるのか…。これはたまったもんじゃないぞ、色んな意味でw

ってか何で市販の携帯で連絡してんだよwwwwwwww

プラモンスターで捜索を命じる春人。このプラモンスター、玩具面白そうですねw本当にプラモデルだしw

それを凜子に発見される。バレても良いと思ってるのか注意力ないのかw

案の定手錠で連行、留置所送りw取り調べもしないで留置所か…。よっぽど怪しかったんだろうなw

そこで過去の回想シーン。

これ自体はバレで知ってたけど、春人以外は皆ファントムになっちゃったって事?


凜子は上層部から「ファントム事件には関わらない」の姪を受け反発。正義感強いって言っちゃあそれまでだけど、段々イライラしてくるから辞めろw

人々を守りたいと強く願う背景には、慕われる刑事だった父の影響がw

それを上司の綱野に話した途端、綱野は豹変、父親との思い出のペンダントを壊してしまう。

実は、綱野は既に死んでおり、絶望して死んだ途端にミノタウロスを誕生させてしまったんだとか。

またまたピンチの凜子の前にまたまた春人登場!これワンパターン化しないよな…。







シャバドゥビタッチヘンシ~ン♪シャバドゥビタッチヘンシ~ン♪



騒がしいわボケェ…。串田さんや杉田さん笑えませんわw

火ィ!って「5回」行ってる辺りこれまでの流れ意識してるのかもw





黒ローブのおかげで高岩さんのアクションにまた一段とキレが入った気がする。とにかくウィザードのアクションは好きなのでガンガン行ってほしい。

ウィザーソードガンや蹴りが主体っぽいです、気に入りました。

カブトやディケイドほど豪快かつ余裕ぶってないけど、それに準ずるものはあるw





チョーイイネ!サイコー!


本当にうるせぇ…。「チョーイイネ!」なんて「トイレ」にしか聞こえないしw

でもキックはかなりカッコいい。

少なくともダブル、オーズのキックが残念だった私にはフォーゼ、ウィザードと2年連続でアタリのキック必殺。

そして倒されるミノタウロス。

え?コイツレギュラー怪人じゃなかったの?レギュラー怪人は今回2人しかいないんだ…。








ファントムを倒してもまだ終わりじゃないっぽい。

凜子(人間)が絶望するとファントムが誕生する。

それを食い止めるためには精神世界で暴れるファントムを倒さねばならないらしい。

今存在してるファントムの人間体も、元々は普通の人間だったものを誕生したファントムが乗っ取ってるって事になるんですね。


凜子の精神世界(アンダーワールド)で暴れる巨大ファントム・ジャバウォックを見事撃破するウィザード。

ウィザードに協力するドラゴン、ポジション的にはキャッスルドランでしょうなwだが私にはドラグレッダーがry

これでファントムが出現する事は無くなったっぽい。

毎回こんな流れ!?それとも電王のギガンデス戦みたいな感じかな?勿論後者だとは思いますがw




以上第1話でした。


平成初期ホイホイな皆さん朗報ですよ!w


当初は「つまんなそうな企画だな」とか「地味だな」とか思ってたけど無難に良かったです。

確かにダブル、オーズ、フォーゼに比べてインパクトの面では劣ってますw

更に、作風が前3作に比べて明らかに違う感じがしますね。どちらかと言うとアギト、ファイズ、キバのようなシリアス路線重視でやりそうなイメージ。

まるで作風が平成初期に逆戻りしたかのようw

それはそれで失敗と言っちゃいそうですが、安定を図る上では成功〆

敵の倒し方、戦力説明、巨大戦展開、設定など、何から何までが平成初期チックな正に俺得の臭い。

ただ、個人的には、カブトやキバのようにシリアスと大人向けを勘違いした作品とは一緒にしたくないかなとも。

こっちは平成2期の要素も盛り込みつつ「平成ライダーとしての」原点回帰を果たしているようなイメージ。

・販促狙いのアイテムの存在(リング)

・主役のチーム化

・敵に美少女怪人が(趣味丸出し)

このあたりが2期の要素かなとも。さ~て今回財団はしゃしゃり出るのかな!?


オーズ、フォーゼの下らなすぎるギャグにうんざりしてた私としてはギャグなしで良いや、どうせ今のスタッフに前みたいなシリアスとコミカルの両面を狙った作品なんて作れそうもないですし。

2期はやはり幼年層狙ってて、フォーゼ辺りでは完璧幼年層舐めてるようなギャグがあっただけに、ウィザードでちょっと安定図ったのは良い判断だと思いました。

記号化されたキャラが少ないのも好印象w頼むからもうライダー部みたいなのは懲り懲りですw

ただ、コヨミだけはどうも狙ってる感じして好きになれません。

どうしても「んなキャラいるわけねえだろ」と突っ込んじゃいます。


最初からライダーである例は平成だとアギト、ブレイド、響鬼、キバ、ダブルですが、今回はやっぱりキバやアギトがフラッシュバックw

最初から変身出来る事自体が1年通しての謎になる事とかがw

やはりあの儀式とやらがキーになりそうですw



演出に関しては、とりあえずコネクト万能じゃん!と。ライダーや戦隊の暗黙の了解である「その武器どっから出したんだよ!?」を見事解決というwwww

そしてアクションは惚れますw

高岩さんの切れのあるアクションが見事復活!ローブのおかげ?

そして戦闘では水以外の3つに初回からチェンジ。良い事なのか悪い事なのか分からないですが、1話のインパクトとしては効果大だと思います。

ただ、多数フォームせいでしっかり見せ場作れたのってクウガと電王以外に知らないので、この辺はしっかりしてほしいです。




個人的1話の出来としては結構上ランクの方に決定!

敵の説明も1話でやってるし、戦力も出来るだけ惜しみなく見せ、パートナー的存在のプラモンスターやドラゴンに関してもちゃんとやってのけてるしw


1話の出来としては


ディケイド>クウガ、ファイズ、ウィザード>ダブル、オーズ、電王、キバ>龍騎、フォーゼ、アギト>
カブト、響鬼>ブレイド

ディケイドは1話のwkwk感は半端じゃないんだけどな…、どうしてああなったorz。



次回から新メンバー加入みたいだけど、相棒ではないでしょうw

賢吾で最後がああなった時点で相棒路線もう終わりで良いです…。

宇都宮Pも相棒路線辞める宣言してて安心ですw






とにかく、平成初期好きには堪らない作風っぽい。実際私も脱退してたのはブレイド、響鬼だけなので、初期世代と言えば世代なんですが…。

良く「インパクト薄い」とか「地味」とか聞こえてきます。実際私も所見はそうでしたw

魔法使いなんて既に塚田Pがマジレンジャーでやってるしw

ただ、「平成初期に戻った」といえば大分聞こえは良い。

フォーゼまでインパクトを捨て安定に持続しようとするスタッフは偉い。

恐らく爆発的なヒットはしないでしょう、ただ、売れないことは無いな。

とにかく、良い意味で安定したライダーが観たいです…。


平成初期好きな私としては、ちょっと懐かしみながら見たいと思います。

ってか、最近のライダーが色々と冒険し過ぎたんだよ…。










次回、先代ウィザードか何かか?




なんにせよ次回が楽しみです。


それでは!
  1. 2012/09/03(月) 00:47:09|
  2. 仮面ライダーウィザード感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。